>その他アメリカ車

リバティーウォークがダッジ・チャレンジャーをオーバーフェンダー+ダックテールにてカスタム。エアロキットの価格は48万円から

投稿日:2019/04/30 更新日:

ホイールは54万円、エアサスは74万円

オーバーフェンダーを用いたカスタムでおなじみのリバティーウォーク。
今回は珍しくアメ車(ダッジ・チャレンジャー)のカスタムを公開しています。
なお、これまでもアメリカのショップがリバティーウォーク製のオーバーフェンダーをチャレンジャーに取り付けて公開したことがありましたが、リバティーウォーク自らがこうやってその完成形を披露するのは珍しい、と思います。

オーバーフェンダーの購入は「セットのみ」、車高ダウンにも対応

今回公開されたボディキット”LB-WORKS Dodge Challenger Complete Body Kit”の内容は2タイプあり、「ワイドフェンダー+ダックテールリアスポイラー」のセットだと480,000円(いつもと異なってカーボン製のラインアップはなく、FRPのみ)、これにフロントスポイラーを付属させたセットだと577,200円。

画像を見るとエキゾーストシステムの変更も行っているように見え、しかしこれについての言及はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてリバティーウォークはいつものようにパーツバラ売りについても対応しており、たとえば「LBフロントリップスポイラー」だと97,200円、LDダックテールルポイラーは100,000円。

写真の説明はありません。

ただしオーバーフェンダーのバラ売りはないため、これはセットのみでしか購入不可。

画像に含まれている可能性があるもの:車

専用ホイールセットは540,000円、もちろん車高を限界まで下げるための「エアサス」も用意され、これは790,000円。

写真の説明はありません。

ダッジ・チャレンジャーは「並行輸入」でしか購入できない

ダッジ・チャレンジャーは米国では非常に人気が高く、もはやアメリカンマッスルの代名詞といえるほどに成長していて、販売台数的にもダッジの「救世主」。
数多くのバリエーションや限定モデルがありますが、やはり有名なのは「合法ドラッグレーサー」、SRTデーモン。

ただしこれは完売済みの「限定モデル」なので現在は購入できず、2019年モデルとしてラインアップされるのは「SXT」「GT」「R/T」「SCAT PACK」「SRTヘルキャット」の5グレード。
しかしながらダッジ自体が日本市場から2011年に撤退してしまっているので、このチャレンジャーを購入できるのは「並行輸入」のみとなっています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ダッジ・チャレンジャーを扱う並行輸入業者についてはいくつか存在するようですが、販売価格としてはSXTで500万円前後、GTで550万円前後、RTで600万円前後、スキャットパックで650万円前後、SRTヘルキャットで1000万円前後という設定が多いようです。

VIA:Libertywalk

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5