>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ACシュニッツァーが新型BMW 3シリーズ向けのカスタムパーツ発売。BMW純正パーツとどう違うのか比較してみよう

投稿日:2019/06/08 更新日:

| BMWはコントラスト、ACシュニッツァーは一体感を重視しているようだ |

BMWはG20世代となる新型3シリーズを発表し、その後間もなくMパフォーマンスによるカスタムパーツを発表。

そして今回ACシュニッツァーが新型3シリーズ向けのパーツを発売していますが、これはBMWは純正パーツ以外だと「カスタムパーツ一番乗り」。

ACシュニッツァーはBMWは公認チューナーとも言える立場であり、これまでにもいち早くニューモデルのカスタムを発表していますね。

メーカー純正オプションが充実し、チューナーには厳しい時代に

今回ACシュニッツァーが発表したのは一連のエアロパーツが中心となっていて、フロントスプリッター、サイドスカート、リアスカート、そのほかには20ミリ車高が落ちるローダウンサスペンション、そしてホイール(19インチから20インチまで)。※画像を見ると、もっと落ちているように見える

bmw-3-series-ac-schnitzer (4)

なお、テールパイプも同時にリリースしており、カーボン、ブラック、クロームが選べる、とのこと。

bmw-3-series-ac-schnitzer (1)

ちなみにこちら(下)はBMW純正(Mパーフォーマンス)オプションパーツ。
こうやって見ると、BMW純正カスタムは「メリハリ」を重視し、ACシュニッツァーでは「一体感」を重視しているようにも見えます。

48fa1fde-2019-bmw-3-series-m-performance-parts-01 (1)

こちらはACシュニッツァーによるフロント周り。

bmw-3-series-ac-schnitzer (6)

こちらはMパフォーマンス製。

60838f67-2019-bmw-3-series-m-performance-parts-03

ACシュニッツァーのホイール”AC1”は「ダイヤモンドカット」「グレー」がラインナップ。
なお、このデザインはACシュニッツァーの定番とも言えるもので、エアロパーツのデザインテイストはこれまでに何度か変更されているものの、ホイールの基本デザインは不変です。

bmw-3-series-ac-schnitzer (2)

なお、ぼくがいつも思うのは、「BMWが純正パーツとして、ダーク仕上げのヘッドライトやテールランプを発売してくれたらいいのにな」ということ。
それでかなり雰囲気が変わるんじゃないかと考えています。

bmw-3-series-ac-schnitzer (3)

インテリアについては画像が公開されていないものの、アルミ製パドル、ペダル、フットレスト、キーホルダーが発売予定として控えているようですね。

そのほか開発中アイテムとしてはスポーツエキゾーストシステム、30ミリダウンを実現するサスペンションキット、フロントスポイラー、リアルーフスポイラー等。

パフォーマンスを向上させるためのチューニングパーツ、たとえばECUなどについては言及ナシ。
ただ、これまでのACシュニッツァーのラインナップを見るに、そして数が出て、かつカスタム需要も高いと思われる3シリーズだけに、きっと投入してくるだろう、と考えています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5