>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ・ウラカンが「空港先導車」に!自社デザインスタジオによる特別カラーを身にまとう

投稿日:2019/06/23 更新日:

| ボローニャ空港での”フォローミーカー”はランボルギーニの定番 |

ランボルギーニがボローニャ空港に「ウラカンRWD」を貸与。
これはいわゆる「フォローミー・カー」と呼ばれるクルマとしての使用に供されることになり、着陸した飛行機などを空港内で誘導する役目を果たします。

なお、ランボルギーニは2017年にもウラカンをフォローミーカーにて導入したことがあり、これは一種の伝統だとも言えそうですね。

ボローニャに到着。空港内にはイキナリウラカン、アヴェンタドールの展示も

ボローニャはランボルギーニの”ホーム”でもある

そしてなぜボローニャ空港に?ということですが、それはランボルギーニの本社所在地がボローニャだから。
よって、ボローニャ空港に到着すると、こんな感じでウラカンやアヴェタドールが出迎えます(この場所はランボルギーニ専用スペースで、展示車が定期的に入れ替わる)。

DSC04973

そして今回のウラカンにについて、そのグラフィックはランボルギーニ自社のデザインハウス、「チェントロ・スティーレ」が行ったものだそう。

ボディカラーはマットグレー、ホイールもグレー、そしてサイドにはウラカン・ペルフォルマンテ同様のブラック仕上げのサイドステップにイタリアントリコローレ。

6c4797cc-lamborghini-huracan

なお、こちらはぼくがボローニャ空港でゲットしたアヴェンタドールのミニカー(ルックスマート製)。
こちらも「FOLLOW ME」という文字があるので、2017年のウラカンの「前」にフォローミー・カーを努めたのでしょうね。※その座をウラカンに譲ったためか、セール価格となっていた

IMG_0435

ランボルギーニは新しいアパレルコレクションも発表

そしてランボルギーニは「ピッティウォモ(PITTI UOMO)」にて2020年春夏コレクションの新作を発表。

ピッティウォモは雑誌やメディアでもよく特集が組まれるのでご存知の諸兄も多いと思いますが、「世界最大のメンズプレタポルテの見本市」。

540092

今回はやはり新型車をモチーフにした「ウラカンEVO」「アヴェンタドールSVJ」といったシリーズが中心となったようですが、そのほかにも様々なコレクションが展開されているようですね。

これらTシャツやポロシャツ、ショートパンツ等「ライフスタイルコレクション」については、追って「ランボルギーニストア」にて購入が可能になるものと思われます。

540029_v2

VIA:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5