>マクラーレン(McLaren)

世界に5台、サーキット専用の「マクラーレンP1 GTR」を公道走行用にコンバートした車両が販売中。なお定員は「1名」

投稿日:2019/08/05 更新日:

| これを公道で乗るには相当な勇気が要求されそうだ |

マクラーレンP1 GTRは「マクラーレンP1購入者のみに販売された、サーキット走行用モデル」で、その生産台数はわずか58台のみ。

その後、かつてマクラーレンF1を駆ってル・マン24時間レースを制したこともあるイギリスのレーシングファクトリー「ランザンテ(Lanzante)」がこれを「公道走行可能な」仕様へとコンバートしていますが、今回販売されるのもその「行動を走行できる」マクラーレンP1のうちの一台(この姿で公道を走行できるというのはにわかに信じられませんが)。※マクラーレンP1は375台限定で約1億円、P1 GTRの価格は3億5000万円

マクラーレンP1 GTRは究極のドライバーズ・カー

マクラーレンP1 GTRは「サーキットにおける世界最高のドライバーズカー」として開発されており、カーボン製のエンジンベイやルーフ、ポリカーボネート製ウインドウ採用にて、通常の(公道走行可能な)P1よりもさらに50kg軽く仕上がっています。
なお、エキゾースト・パイプはチタン製で、これだけで6.5kgのダイエットが可能に。

5d0a41ec-mclaren-p1-gtr-4

エンジンは3.8リッター・ツインターボ(800馬力)、エレクトリックモーターは200馬力、つまり合計で1000馬力を発生。

e19bc338-mclaren-p1-gtr-15

ボディ形状も若干異なり、P1よりも80ミリ広く、さらに車高も50ミリ低く、センターロックホイールを装備。
巨大なリアウイングは600キロのダウンフォースを(時速241キロの時点で)発生する、とされています。

e35d3db3-mclaren-p1-gtr-6

そのマクラーレンP1 GTRを公道仕様へとコンバートするのがランザンテですが、このコンバートについてはマクラーレンの「公認」。
ランザンテはこれまでマクラーレンのレーシングカーを製作してきたり、さらにはレースで勝利するという経歴を持っていて、そこまマクラーレンからの「信頼」に繋がったのだと考えられます(ただしマクラーレンが許したのは「5台のみ」のコンバート)。

a971dd3f-mclaren-p1-gtr-3

なお、マクラーレンP1 GTRは3億5000万円という、「P1の3.5倍」の価格を持っています。
レース用ということで「様々なパーツを取り払われている」はずなのに、なぜそこまで高くなるのかは疑問であったものの、画像を見るに、そもそもP1とP1 GTRとは根本的に異なるクルマである、ということもわかりますね。

dab64600-mclaren-p1-gtr-10

インテリアはフルカーボン。
公道走行可能ではあるものの、シートは「ひとつ」つまり一人乗りということになります。
仮に「2人」乗れたとしても、防音や制振はなれていないと思われ、車内は会話ができるレベルではないのかもしれません。

491f3f33-mclaren-p1-gtr-17

ステアリングホイールはレース仕様のまま。
おそらく「持ち替えることなく」カーブを曲がれるということになりそうで、しかし市街地ではどんなステアリングフィールなのか気になりますね。

なお、ウインカーレバー等を持つ「ステアリングコラム」が公道走行合法化に際して取り付けられています。

a145aaee-mclaren-p1-gtr-12

走行距離や販売価格は不明つまり「ASK」ですが、これまでマクラーレンP1 GTRは4億5000万円ほどで取引されているので、今回もやはり「それと同じくらい」だと考えて良さそうですね。

e7dd0c8c-mclaren-p1-gtr-8

VIA: Luxury And Expensive

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5