ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ミニ(MINI)

ミニが「ミドシップスポーツ」を発売したらこうなる!現実には絶対に起こり得ないからこそ思い切ったデザインを採用したレンダリング

投稿日:2019/08/11 更新日:

| 現在、ミニはエレクトリック路線を継続採用 |

デザイナーそしてユーチューバー、TheSketchMonkey氏が「ミッドエンジンのミニ」をレンダリングにて公開。
同氏は最近ユーチューバーとして活動を開始したばかりですが、様々なクルマのレンダリング作成過程、実車をベースにしたバーチャルカスタムを公開することで急激に知名度を挙げています。

そして今回公開したのが「ミッドシップのミニ」ということになりますね。

「ミニ」としての共通項をキープ

そしてTheSketchMonkey氏は、このレンダリングを作成するにあたってミニの現行モデルをひととおりチェックし、その共通項をいくつかピックアップ。

m3

そして紙にスケッチを描いてゆくことでイメージを固めてゆきます。

m2

その後は実際にフォトショップを使用してレンダリングを作成。

m1

そして完成したのがこちらですが、なかなかに格好良いクルマに仕上がっていますね。

現在ミニは「ブランド再構築中」であり、今後どういった方向へ進むかはまだまだ不安定。
既定路線だと「エレクトリック」「シティコミューター」という方向に特化するようで、そこには「スポーツ」の文字がないのが残念です。

以前、ミニにはこれに近い「ロードスター」「クーペ」なるモデルも存在していたものの(フロントエンジンですが)、現在ではそれらも販売終了となり、復活の兆しがないのもまた残念。

ミニはモータースポーツともゆかりの深いブランドでもあり、誰も求めていないであろう「エレクトリック」路線に見切りをつけ、スポーツ路線に転向してもいいのでは、と思うこともあります(エレクトリック路線は過当競争のため生き残りが難しく、むしろスポーツ路線のほうが差別化しやすい)。

TheSketchMonkey氏はほかにも魅力的なレンダリングを公開

TheSketchMonkey氏はこのほかにも精力的にレンダリングを公開していますが、こちらは「世界一醜いクルマ」といわれたポンティアック・アズテックを「格好良くしてみた」動画。

こちらはロータス・エスプリを現代風に。

そしてデロリアンを今風にリメイクしたレンダリングも。

VIA: The Sketch Monkey

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミニ(MINI)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5