>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

英チューナー、リッチフィールドが「OBDポートにポンと挿すだけ」で426馬力にまで新型スープラの出力を向上させることに成功!スープラのチューニング市場はどんどん充実

投稿日:2019/08/04 更新日:

| BMWやフェラーリなどで実績のあるチューナーだけに安心のパフォーマンス |

新型トヨタ・スープラのパワーは「カタログ値よりも出ている」ということが明らかになっていますが、今回イギリスのリッチフィールド・モータース(Litchfield Motors)がさらなる手を加え、426馬力にまで出力を向上させるチューニングメニューを公開。

もともとスープラの公称値は「340馬力」なので、恐るべきコストパフォーマンスを誇る製品となりそうです。

ノーマルのスープラはすでに386馬力も出ていた

なお、チューニングに先駆け、ノーマル状態での実力を把握すべく、実際にリッチフィールド・モータースがスープラをシャシーダイナモにてテストしたところ、その出力は386PS。
これはカタログ値の340PSをも超え、北米仕様のBMW Z40 M40iの公称値である「380PS」をも超えるものですね。

18469e8b-toyota-supra-tuned-by-litchfield-9

なお、BMW Z4 M40iは北米仕様と欧州仕様ととでは出力が異なり、それは「環境規制」のため。
つまり欧州のほうが規制が厳しく、よって欧州仕様は340馬力に制限されるものの、より規制の緩い北米では「380馬力」仕様となっているわけですね。

そして、スープラは欧州仕様のZ4 M40iと同じ出力に合わせられているはずが、実際は北米仕様のZ4 M40iと同じどころか、それ以上の馬力が出ている、ということに。

そこでリッチフィールドモータースは、これをもとにECUチューンを行って420馬力にまで出力を向上させることに成功したと発表していますが、これはOBDポートにプラグを挿すだけの「簡単チューン」。

これは日本車だとさほどメジャーではないものの、欧州車では比較的ポピュラーなチューニングで、安価なものだと数万円程度で販売されているものもあるようです。

688ffc5f-toyota-supra-tuned-by-litchfield-6

なお、今回のリッチフィールド、そして最初にスープラ用のエキゾーストシステムを発表したミルテックはともに「イギリス」。
スープラのチューニングは今のところ「イギリスが最も熱い」ということになりますが、今後も様々なチューニングパーツが出てきそうですね。

さらにリッチフィールドはローダウンスプリング、サスペンションブッシュ、内装用のカーボンパーツの発売を計画しているとのことですが、今後には期待した、と思います。

7bedc4d0-toyota-supra-tuned-by-litchfield-7

VIA:Litchfield

あわせて読みたい、新型トヨタ・スープラ関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5