>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity)

GT500に参戦するスープラ、NSX、GT-Rのレーシングカーが公開に。規則に従いNSXはなんと2リッター4気筒をフロントに搭載

更新日:

| 11月にはDTMマシンと共演の予定も |

トヨタ、ホンダ、日産が合同記者会見にてSUPER GTシリーズ GT500クラスに参戦するレース仕様のスープラ、GT-R、NSXを発表。

2020シーズンからレギュレーションが新しくなり(CLASS 1)、これによって出場するマシンはいずれも「620馬力以下の2リッター4気筒ターボエンジンを使用し、これをフロントに」搭載することが義務付けられることに。

トヨタ・スープラが国内の選手権に参戦するのは2006年以来

まずはスープラですが、スープラの名が国内のシリーズ戦に登場するのは2006年以来。
画像を見るにボディパネルはすべてカーボンに置き換えられ、アグレッシブなフロントバンパーに巨大なオーバーフェンダー、スワンネックスタイルのリアウイング装備。

0a84da5a-super-gt-racer-3

もちろんトヨタのモータースポーツ活動を統括する、Gazoo Racing(GR)からの発表です。

2fb35313-super-gt-racer-2

フロントバンパー内には大きなラジエターが内蔵され、ボンネットには冷却のための大きなスリット。
フロントフェンダーにはエア抜きのためのルーバーが見えますね。

27103966-super-gt-racer-1

NSX-GTはなんとフロントにエンジンを搭載

そして次はNSX-GT。
レギュレーションに従ったため、なんと「フロントエンジン」に。
もちろんハイブリッドシステムも取り払われているので、もはやNSXのアイデンティティをすべて失ってしまうことに。

こちらもやはりカーボンファイバー製のボディにアグレッシブなエアロパーツを持ちますが、フロントにエンジンが入っているとは思えないほどボンネットが低く見えますね(よほどエンジンが低くマウントされていると見える)。

29856d7f-super-gt-racer-7

日産GT-R NISMO GT500もやはり2リッターターボ

最後は日産GT-R Nismo GT500。
もちろんこの車両もレギュレーションに従ってエンジンが2リッターターボにダウンサイジングされています。

preview-928x522

ボディはマットブラックですが、おそらくボディパネルはカーボン製だと思われます。

preview-928x522 (1)

なお、11月にはSUPER GTとDTMとの共演「Super GT x DTM Dream Race」がホッケンハイムにて開催されることになり、今回発表された3台のレーシングカーとともに、アウディ、BMW、アストンマーティンが走る、ともアナウンスされています。
加えて、DTMに参戦する12台が日本へ運ばれ、日本でもレースが行われるようですね。

ちなみにBMWのDTMマシン、「M4 DTM」はこんなクルマ。
DTMでも2リッター4気筒ターボを使用することが義務付けられています。

P90295563_highRes_vallelunga-ita-03rd-

2019年BMW M4 DTMはV8から4気筒ターボへ。BMWは50年前にも「4気筒ターボ」でレースに参戦していた

VIA:TOYOTAHONDANISSAN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5