>ランボルギーニ(Lamborghini) ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD発表会”番外編”!その会場やショールームの様子はこんな感じ。126万円の「豪華本」も

投稿日:2020/01/26 更新日:

| ランボルギーニは「モーターショー」から「プライベートイベント」へとシフト |

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD発表イベント「番外編」。
ここでは前回紹介できなかった、ランボルギーニ大阪さんのショールーム内やウラカンEV RWD発表会での様子を紹介したいと思います。

会場となったランボルギーニ大阪さんは2019年10月に大阪・豊中に移転オープンしており、ファクトリーとショールームとが併設された大型ディーラー。
名神高速豊中出口すぐという便利な立地にあります。

ランボルギーニ大阪 ショールーム移転記念パーティーへ!歴代V12モデルのほか「あの」ミウラ・イオタも登場だ

ランボルギーニ大阪さんのショールームはこんな感じ

こちらはランボルギーニ大阪さんのショールーム内、オプションなどのサンプルが置いてあるコーナー。
ランボルギーニはパーソナリゼーションプログラム(ウラカンEVO RWDだとボディカラーは300種類以上)として”アドペルソナム”を持っていますが、ここで様々な内外装の仕様を決めるわけですね。

L1200180

こちらは装飾用の「ダイヤモンド入り」ホイールセンターキャップ。

L1200177

そしてドドンと鎮座するのがランボルギーニの歴史本、「DNA Lamboroghini」。
その価格なんと1,267,500円という超高額な書籍で、その表紙は鍛造カーボンファイバー製。

L1200172

あまりに高価な書籍なので閲覧は手袋を装着して行いますが、その一部は下の動画に収めています。

そのほか、Tシャツやジャケット、スマートフォンケースなどのグッズも販売中。

L1200168

こちらは展示されていたランボルギーニ・ウルス。

L1200151

ウラカンEVO RWD発表会の雰囲気はこんな感じ

こちらはウラカンEVO RWD発表会場。
これまでランボルギーニはジュネーブ・モーターショーやフランクフルト・モーターショーにてニューモデルを発表し、その後に世界中のディーラーにてプロトタイプを「行脚」させるといったプロモーションが主だったものの、今回のウラカンEVO RWDについてはそういったメジャーなモーターショーではなくオンラインにて車両を発表し、その後日本含む各地にて顧客のみを招いた展示会を開催するという形式を採用しています。

おそらくこれはランボルギーニにおける「戦略の変化」であり、先日「もうモーターショーには参加しない」と発表したことに関連していそうですね。

L1200318

ランボルギーニが”これまで重視してきた”ジュネーブMSに不参加を表明。「これからは顧客を招いたイベントで新型車を発表する」。なおフェラーリも同様の傾向へ

なお「RWD」とは「リアホイールドライブ」の略ですが、ランボルギーニは「巻き戻し=リワインド」とこれをかけていて、ウラカンEVO RWDのプロモーション動画においても巻き戻しを押し出すために昔懐かしの「カセットデッキ」が登場。
このロゴの「W」部分にて連続するする三角は、こういったカセットデッキの巻き戻し「◀◀」を表すものですね。
そして動画の内容も「RWD To Instinct」「RWD To Your Heart」など、その人の”原点””本能”への回帰を強くイメージさせる内容となっています。

そしてウラカンEVO RWDを展示する「ステージ」やこういった「RWD」ロゴが用意されるのは非常に珍しく、それだけランボルギーニがウラカンEVO RWDに強い期待を寄せていること、そしてこういったイベントを重視し始めている、ということがわかりますね。

L1200336

さらには会場にはウラカンEVO RWDのイメージカラー「イエロー」を採用したDJブースも(DJの衣装もイエロー)。
モデルさんもやはりブラックとイエローの衣装を着用していて、会場内は「ウラカンEVO RWD一色」。

L1200343

とにかくウラカンEVO RWDの人気は凄まじく、これまでにもランボルギーニ各モデルの新車発表会に呼んでいただきましたが、おそらくウラカンRWD EVOへの反響はトップクラス。
撮影する人やセールスさんに話を伺う人が跡を絶たず、「これは相当に売れるだろうな・・・」という印象(ぼくも購入を検討してみようと思う。後日見積もり取得予定)。
加えて、ほとんどの人がすぐに帰らず、ずっとクルマを見ていたのが印象的でした。

なお、ウラカンEVO RWDの内外装を撮影してきた動画はこちら。

そして会場ではこういったフィンガーフードも。
バルサミコ、生ハムなどイタリアにちなんだ素材や調味料、そして和牛、ウニといった高級食材が用いられています。

L1200316

もちろんアルコール含めたドリンクも。

L1200265

新車発表会にはどういった服を着てゆくのか

こういった新車発表会、イベントについてはドレスコードがあったりなかったりですが、今回はドレスコードなし。
ちなみにドレスコードには下から「スマートカジュアル」「ビジネスアタイア」「カジュアルエレガンス」「スマートエレガンス」「インフォーマル」「セミフォーマル」「フォーマル」といったものまであり、新車発表会やイベントではだいたい「ビジネスアタイア」くらい。
ぼくは「スマートカジュアル」だとおしゃれジャージにスニーカーを選ぶことが多く、これは「撮影するのにしゃがんだり、寝そべってクルマの下を覗き込むことがあるから」。

よって伸縮性(ストレッチ)のある素材、床についても汚れがめだたない衣類を選んでいるわけですね(靴についていえば、いわゆる革靴がこういった姿勢を取りにくい)。

なお、イタリア車の場合はイベント来場者のファッションレベルが非常に高く、「いったいだれがこんな高額な製品を買うんだろうな」と思って見ていた服や靴を着用している人も多数。
自分のクルマとカラーをあわせた服やバッグを持つ人も多いようです。

L1200275

こういったお土産もいただいた

そして毎回様々なお土産をいただいて恐縮なのですが、今回はウラカンEVO RWDのノベルティ、そしてモンシェールの焼菓子セット。
クッキーにはウラカンEVO RWDのロゴ、ランボルギーニの文字やエンブレム入り。

L1200418

こちらは今回のノベルティとなるウラカンEVO RWDの「巻き戻し」、そしてそれを連想させる「レコード」。
レコードプレーヤーは片付けてしまったので引っ張り出し、何が収録されているのか聞いてみようと思います。

L1200422

こちらはランボルギーニ大阪さんの駐車場にて、ぼくのウラカン。

L1200410

最後になりましたが、いつもイベントに招いていただくランボルギーニ大阪/神戸さんには大変感謝。
あらためてお礼申し上げます。

L1200270

そのほか、ウラカンEVO RWDはこちらの記事でも紹介。

これがウラカンの本来あるべき姿か!?ランボルギーニ最新モデル、ウラカンEVO RWD発表会に行ってきた

画像についてはFacebookのアルバム「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(212枚)」に保存しています。

ランボルギーニ大阪
2-21-10, Shounaisakaemachi, Toyonaka-shi
561-0834 Osaka Japan
TEL: 06-6151-3057

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5