>その他イタリア車 ■ニュース

ランチア・ストラトスが2025年に蘇ったら!「ストラトス(ストラタス)2025」が公開

投稿日:2020/04/12 更新日:

| ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき |

stratus-stratos

ロンドン在住のアーティスト、colorsponge氏がデザインした「ストラトス2025」。

正確に言うならば、そのスペルはSTRATUSとなっており、「ストラタス」と発音すべきなのかもしれませんが、どう見てもランチア・ストラトスを意識したものであり、おそらくは商標権の問題で「ストラタス」としたのかもしれません。

元祖ランチア・ストラトスはこんなクルマ

市販モデルとしてのランチア・ストラトス・ストラダーレは1974年に登場しており、その背景としては「グループ4で勝てるクルマを作ること」。

(プロトタイプ以外の)多くのレーシングカーは市販車をベースとしており、各カテゴリに合わせて決められた範囲にて改造を行うわけですが、ランチア・ストラトスの場合は「先にレーシングカーを考えて、それを市販車にした」という背景を持っています。

1974-lancia-stratos-hf-stradale-for-sale (2)

開発にあたって、まずはグループ4のレギュレーションを研究し、そこから「勝てるレーシングカー」を考え、グループ4のホモロゲーションを取得するためにランチア・ストラトス・ストラダーレを市販した、ということになります。

そのため全長は3710ミリと極端に短く、しかし幅は1750ミリ(当時としてはかなり広い)、そして全高は1114ミリとかなり低く、室内にしてもまったく実用性を無視したクルマ。

現存するのは400台以下。超レアな変態車「ランチア・ストラトス」が競売に

その結果として「予定通り」に競技では猛威を振るうことになりますが、市販モデルの生産台数は最終的に492台のみとなっていて、カーコレクターにとって「絶対に外せない」一台だとも言われます。

デザイナーは当時ベルトーネに在籍していたマルチェロ・ガンディーニ(カウンタックのデザイナーとして知られる)。

エンジンはフェラーリ・ディーノの2.4リッターV6で、これを車体中央に搭載して後輪を駆動します。

1974-lancia-stratos-hf-stradale-for-sale

ストラトス2025はこんなクルマ

そして今回公開されていいる「スラトス(ストラタス)2025」ですが、見た目の印象は「まんまランチア・ストラトス」。

30d80594114267.5e768caa53ebf

スペックについては公開されていないものの、プロポーションからすると「ミドシップ」であるのは間違いなさそう。

c9d83f94114267.5e76a2d24a2c8

サイドウインドウのグラフィック、リアのルーバー、ダックテール、丸二灯テールランプといったところも「オリジナルと一緒」。

e515ed94114267.5e76a0402aeb3

ラップアラウンドウインドウもやはりランチア・ストラトスと同じですね。

2197ef93923151.5e722f8442929

ただしひとつひとつのパーツは「より強調」されダイナミックなデザインを持つように見えます。

e8fb5c94482029.5e7ff7f73cc2b

ほかにはこんな「ストラトス」も

なお、ストラトスと名のつくクルマ、それをモチーフとしたクルマは過去にも多数。

まずは1970年のランチア・ストラトス・ゼロ。

すべてはここから始まったという”原点”でもあります。

デザインはやはりベルトーネ(のガンディーニ)、そして車高はなんと「たったの83センチ」。

ランチア・ストラトスの「元祖」。今も多くの人に影響を与える「ストラトスHFゼロ・コンセプト」はこんな車だ

2001年には、ランチア・ストラトス・ストラダーレを現代に蘇らせるというコンセプトにて発表された「ストーラS81」。

デザイナーはランチア・ストラトス・ゼロ、ランチア・ストラトス・ストラダーレをデザインしたマルチェロ・ガンディーニで、カロッツェリアである「ストーラ」とのコラボレーションによるものです(ランチアもベルトーネも噛んでいない)。

こんなストラトスもあった。オリジナルと同じデザイナーが30年後に再解釈した「ストーラS81」

そして2012年にはストラトス・ゼロへのオマージュ、”ベルトーネ・ヌッチオ”が登場。

これはストラトス・ゼロへのオマージュでもあり、ベルトーネの100周年記念という位置付けとなるコンセプトカー。

こんなコンセプトカーもあった。ストラトス・ゼロの現代版、ベルトーネ「ヌッチオ」

そして最新の「ストラトス」がこの”ニューストラトス”。

フェラーリ430ストラダーレをベースに、マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(Manifattura Automobili Torino)が製造するコンプリートカーであり、これもランチアやベルトーネ(このときは既に消滅)とは無関係のクルマです。

デザインはマルチェロ・ガンディーニではなくピニンファリーナによるもの。

ランチア・ストラトス復刻版「ニューストラトス」発進準備完了!まず2台が製造され、ベースとなるフェラーリ430スクーデアリアにはない「マニュアル」も用意されると発表

VIA:colorsponge

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5