>マツダ(MAZDA) ■ニュース

マツダ”ロードスター”が”スピードスター”に!フロント/サイドウインドウ無し、原点回帰でシンプルに

投稿日:2020/04/25 更新日:

| バーチャルにとどまらず、どこかのショップがリアルで作りそうだ |

mazda-roadster (1)

さて、現在自動車業界ではちょっとした流行でもある「スピードスター」。

今回はデザイナーであるKasimTibekov氏がマツダ・ミアータ・スピードスターを公開しています。

これは初代NAロードスターをベースに作成されたレンダリングですが、ロードスターは海外では市場によって「MX-5」「MX-5ミアータ」と呼ばれており、今回のレンダリングは海外だと「MX-5もしくはMX-5ミアータのスピードスター版」ということで名称的にしっくり来るものの、日本市場だとMX-5/MX-5ミアータは「ロードスター」を名乗っているので、これに則れば「ロードスターのスピードスター版」というよくわからない名称に。

「スピードスター」はこんなクルマ

なお、オープンモデルであっても「カブリオレ」「コンバーチブル」「ロードスター」「スパイダー」「バルケッタ」「スピードスター」といった様々な呼称があり、一般的に「カブリオレとコンバーチブル」は基本的に同じで、これらは”オープンにすることができる”クルマを指す、と言われます。

「ロードスター」「スパイダー」もほぼ同列に語られる事が多く、これらは”オープンにすることができる”というよりは、オープン状態が基本であり、簡素なルーフを持っていて”屋根を閉じることができる”という趣旨のクルマだと言われていますね。

そして「バルケッタ」「スピードスター」あたりだと、これはもう屋根すら持たない簡素なオープンカーを指すことが多く、運動性能向上のため、重量物であるルーフやウインドウを取り払ってしまったというたぐいのクルマ。

mazda-roadster (8)

そして今回の「マツダ・ミアータ・スピードスター」もまたパフォーマンスのために様々なものを取り払った潔いクルマであり、サイドウインドウはもちろん、フロントウインドウすら持たない仕様となっています。

mazda-roadster (7)

マツダ・ミアータ・スピードスターには”ロードカー”も

そしてこちらはレーシングバージョンではなくロードカーバージョンのミアータ・スピードスター。

カラーリング以外はレーシングバージョンと大きな差はないように見え、ボディはノーマルのロードスターに比べて「ワイド」。

mazda-roadster (6)

前後フェンダーの峰が盛り上がり、よりグラマラスかつ優美なボディラインを持っています。

mazda-roadster (4)

やはりフロントウインドウはなく、申し訳程度にスクリーンが装着され、車体後部にはスピードスターカバー。

mazda-roadster (3)

正面から見ると、NAロードスターの雰囲気を色濃く残しているようですね。

mazda-roadster (5)

それはリヤも同様で、テールランプが今風にアレンジされるものの、やっぱりNAロードスター。

大きな直径を持つテールパイプ(左右二本出し)、リアディフューザーも新しく追加されています。

mazda-roadster (2)

なお、マツダ・ロードスターは初代のNAからNB、NC、NDへと代を重ねていますが、リアルにせよ、バーチャルにせよ、カスタムベースに使用されたり、なにかのモチーフにされるのは「NA」が圧倒的に多いように思います。

それだけNAロードスターが世に与えたインパクトが強く、また愛されているということなのでしょうね。

VIA:Behance

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5