>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

どうやら日産は「GT-RのアテーサE-TS」エレクトリックバージョンを積むアリア・コンセプトを市販するようだ!パテント画像がリークされる

投稿日:2020/04/29 更新日:

| アリア・コンセプトは発表時から現実的仕様を持っていたが |

nissan-ariya

日産は2019年の東京モーターショーにて「アリア・コンセプト」を発表していますが、今回cars_secertsがそのパテント画像と見られる図面をSNSにて公開。

ちょっとだけ調べてみたところだと日本の特許庁ではまだ公開となっていないようで、となると出願時の資料をリークしたものかもしれません(これは非常にレアケース)。

ただ、こうやって図面があるとなると、すでに特許庁へと出願されているものと考えられ、公開となるのは時間の問題であると思われますが、いずれにせよ日産はこれを発売するつもりだということになりそうですね。

ニッサンが「GT-R譲りのアテーサE-TS」を搭載するコンセプトカー”アリア”を公開。デザイン、技術ともにこれからの日産を示唆

| エレクトリック時代のGT-Rもアリア同様のシステムを搭載か | 日産が第46回東京モーターショーに展示するコンセプトカーとして「ニッサン アリア コンセプト」を発表。ツインモーターを搭載するピュア ...

続きを見る

ちなみにこのアリア・コンセプトは2019年の発表時においても「現実的なドアミラーやドアハンドル」を持つことから発売可能性が取りざたされていましたが、なんといってもGT-Rに搭載されるATTESA(アテーサ)E-TSの延長線上にある4WDシステムを持つことが大きな特徴。

さらには前後モーターのトルク、ステアリング、ブレーキを統合して制御を行うとのことで、異次元の走りを実現することになりそうですね。

市販バージョンのアリア・コンセプトはこうなっている

そしてこちらが今回出願されたと思われるパテント画像。

ae

こちらはアリア・コンセプト。

これと比較するとパテント画像はアリア・コンセプトと「ほぼ一致」といってよく、異なる部分というとフロントバンパー下部、ドアハンンドル周辺の窪み、フロントフェンダー上にある充電ポートのカバーくらい。

5d7f6870-nissan-ariya-1

サイドはこう。

Nissan-Ariya-Production-Patent-4

こちらもやはり完全一致に近く、フロントバンパーの他だとサイドステップの前側がマッドフラップ状に盛り上がり、リアバンパー下部もフロント同様にややボリューミーに。

その他の相違だとルーフスポイラー、ルーフ上のシャークフィンアンテナといったところ。

577dbc24-nissan-ariya-2

アリア・コンセプトのデザインは「スリーク」「シック」がキーワードだといい、Vモーショングリルではなく新型フロントシールドデザインを持つ「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」なる新デザイン言語が特徴。

aa

ボディサイズは全長4,600ミリ、全幅1,920ミリ、全高は1,630ミリで、レンジローバー・イヴォークとよく似たボディサイズを持っています。

アリア・コンセプトに採用されるボディカラーは「彗星ブルー」、そしてエレクトリックモーターのコイルを連想させる「カッパー」。

bb82c2a7-nissan-ariya-3

ほか、アリア・コンセプトの特徴としてはプロパイロット2.0の搭載、そして車両に蓄えた電力をオフィスや自宅に供給するなど「単なる移動手段を超えて生活の様々なシーンで役立つ」EVだということ。

aw

インテリアについては”日本の職人技と日常生活の中で自然に融合する「シームレス」を表現”しているといい、メーター類やドアパネルのデザインも連続するラインにて「シームレス」。

加えてインテリアにも「カッパー」が採用されているようですね。

006e8f3a-nissan-ariya-5

リアからのパテント画像を見ても、改めてアリア・コンンセプトとの一致度に驚かされますが、マッドフラップなど実用的な装備が追加されたのみで、そのほかはコンセプトモデルとほぼ一緒。

aq

現時点ではコンセプトモデルどおり「フルエレクトリック」で登場するのか、それとも現実的なPHEVもしくはe-Powerパワートレーンとなるのか、そして発表や発売時期についても不明です。

しかしながらこのところ日産はジュークを発表したうえ、エクストレイルのフルモデルチェンジが控えており、さらには新型フェアレディZの噂も聞こえてくるなど、以前に比較してかなり活発。

新型日産エクストレイルの公式画像がリーク!アクティブとスタイリッシュ、カジュアルと高級を兼ね備えたSUVに進化

この記事のもくじ1 | これまでのエクストレイルに比較すると大きな変化が与えられたようだ |1.1 新型日産エクストレイルの外装は「パテント出願通り」1.2 新型日産エクストレイルのインテリアは大きく ...

続きを見る

8ba7753a-nissan-ariya-6

まだまだ苦しい状況が続くとは思われるものの、少しづつ快方に向かっているのかもしれませんね。

日産が新しいフェアレディ「Z」ロゴを登録!”初代”S30ロゴを彷彿とさせ、やはり次期Zはレトロ路線か

この記事のもくじ1 | 実際にS30風のフロントを持つ新型フェアレディZのプロトタイプが公開されたというが |1.1 これまでの「Z」ロゴはこんな感じ1.2 どうなる次期フェアレディZ? | 実際にS ...

続きを見る

VIA:NISSAN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5