■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

これが新型BMW 4シリーズだ!巨大キドニーグリル、ボディカラー含めてその姿が完全リーク

投稿日:

| 実際に肉眼で見たらスゴい迫力を持っていそうだ |

さて、BMWは6月2日に新型4シリーズを発表するとしていますが、その直前にカタログがリークされることに。

今回紹介する画像はインスタグラムアカウント、@cochepiasにてアップされたもので、いくつかの画像から構成されています。

これを見るに、どうしようもないほど大きなキドニーグリルが装着されていることがわかりますが、おそらくは世界的に相当な批判を浴びることは間違いなく(コンセプト4 / 7シリーズにて経験済み)、しかしそれでもこのグリルを採用してきたBMWに対しては畏敬の念を感じざるを得ないところ。

BMWのデザイナー「成功しているときこそ変わるのだ。我々は前に進む必要があり、巨大キドニーグリルは変革の象徴である」。BMWは一歩も引く気はないらしい

| BMWは「変わらなければ競争から置いてゆかれる」と考えている | 自動車史上、デザインにおいてこれほどまでの議論と批判を巻き起こしたことはないであろうと思われる「近年のBMWにおける、キドニーグリ ...

続きを見る

なぜBMWのキドニーグリルは大きくなるのか

そしてなぜBMWのキドニーグリルがここまで大きくなるのかということですが、ひとつはプレミアムカーセグメントにおいてそのプレゼンスを高めるため。

重要市場である中国において、BMWはもちろんメルセデス・ベンツ、アウディともに「新参者」の部類であり、というか人々が自動車を購入し始めてからの歴史が浅いため、「この自動車メーカー=このデザイン的特徴」という認識が市場的に出来上がっていないわけですね。

加えて、中国では「コピー」が横行し、現地の自動車メーカーがコピーを作って本物よりも安価に販売するので一気に普及してしまい、コピーのほうが先に市場に認知されてしまうことも。

よって、各自動車メーカーは「コピーすると一発でバレてしまうほどのインパクトを持つ(ネタ元が明確になる)」デザインを採用する必要があり、一度に多くの自動車メーカーがどっと流れ込んできた中国市場において、「他ライバルよりも目立つように」こういった特徴あるデザインを採用する必要が出ている、ということになります。

bmw-4series (4)

【動画】BMW「なぜ7シリーズのキドニーグリルが大きのかって?それにはこういったワケがある」デザイナーが語ったその理由に納得

意外や機能的なメリットが大きかった 最近何かと話題の、「BMWの巨大なキドニーグリル」。7シリーズやX7など、上位モデルになればなるほど「巨大」なグリルが与えられ、これについてはほぼ「なんで?」という ...

続きを見る

たしかに、現行7シリーズや5シリーズなど、巨大なキドニーグリルを持つクルマが路上を走っていると「目立つことこの上なく」、こういった戦略も必要なのかもしれない、と思ったり。

そしてBMWいわく、ほかの理由としては「空力的に有利」「そのクルマのサイズ感を強調できる」。

空力面については、エアの取り入れをキドニーグリルに集約させることでほかに開口部を作らずに済み、エアロダイナミクスを向上させることができるとしているものの、巨大キドニーグリルを持っていようとも、バンパー両サイドにエアインテークを持つクルマが多く、よってこれは「キドニーグリル巨大化の口実」だとも考えています。

「サイズ感」について、高級な車であればあるほどグリルのサイズを大きくし、そのクルマのサイズを強調する必要があるとしていて、実際に新型7シリーズではボンネットの高さを5センチ上げてまで巨大キドニーグリルの面積を40%も増加。

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する ...

続きを見る

もちろん、巨大グリル採用が7シリーズやX7、X5、X6のみにとどまるのであればこの説明も納得できますが、4シリーズのようなスポーツクーペにまで採用が拡大されたとなると、やはりこれも「口実」と捉えざるを得ません。

新型4シリーズは「コンセプト4」に忠実だった

新型4シリーズは「コンセプト4」の市販モデルということになりますが、その再現度はかなり高い模様。

実際に両者を並べてみても共通性は高く、キドニーグリルはもちろん、バンパーサイドのインテーク、ヘッドライトまわりに高い共通性が見られます。

通常、コンセプトカーというのは、その”コンセプトを強調”したものであり、各部のデザインが過度にアピールされているものですが、実際に市販される4シリーズは「コンセプト4の主張そのまま」に出てきたということになりますね。

bmw-4series (3)

断っておくがこれは公式だ。BMWが超巨大キドニーグリルを持つ「コンセプト4」発表。次期4シリーズはこんな顔になるらしい

| BMWは我々の想像を遥かに超えたデザインを出してくる | 「悪夢が現実になった」 まさにそういったコンセプトカー、BMW コンセプト4がフランクフルト・モーターショーにて公開(念を押しておきますが ...

続きを見る

画像を見るに、キドニーグリルとヘッドライトの「中央側」との間には窪みが設けられ、これにてヘッドライトが「切れ長に」見えるようですね。

bmw-4series (1)

ボディカラー一覧はこちら。

「アルピンホワイト」「ブラックサファイア」「ミネラル・ホワイト」「ブルーストーン」「アークティックレースブルー」「ポルティマオブルー」「サンセットオレンジ」「サンレモグリーン」「ブラック」「ブリリアントホワイトメタリック」「ドラバイトグレー」「フローズンディープグレー」「フローズンポルティマオブルー」「タンザナイトブルー」の全14色。

bmw-4series (2)

全体的に(BMWらしく)ブルーが多く、流行の「メタリックホワイト」も。

マット(フローズン)も用意されていますが、これらは日本では選べない可能性が高そうですね。

現時点ではスペックについてはわかっておらず、正式発表を待つしかなさそうです。

【動画】新型BMW 4シリーズの公式スペック公開、レビューも解禁に。発表は「秒読み段階」へ

この記事のもくじ1 | 新型BMW 4シリーズの開発は最終段階に突入した |2 新型BMW 4シリーズは「走り重視」3 新型BMW 4シリーズはBMW史上最高に「物議をかもす」デザイン4 新型BMW ...

続きを見る

VIA:cochepias

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5