>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新旧BMW 4シリーズの内外装を画像で比較!グリル以外にも変化は大きいようだ!なおBMWいわく「このグリルは4シリーズ専用」

投稿日:

| これまでの経緯を見るに、BMWの言うことはあまり信用できない |

さて、BMWが発表した新型4シリーズ。

予定通り巨大なキドニーグリルを採用しての登場ですが、このグリル形状はBMWいわく「バーティカル・キドニー」。

BMWのデザイン部門を管理するドマゴフ・デュケック氏によれば「このバーティカル・キドニーは4シリーズのみに与えられるもので、ほかのモデルに採用する予定はない」。

意外と格好良く見えるだけに、残念なような、しかしほっとするような複雑な気持ちでもありますね。

あれ?なんだか格好いいぞ?BMWが新型4シリーズを発表。デカいのはグリルだけではなく、ライトやダクトも「大作り」

この記事のもくじ1 | 中国人はできるかぎり大きなフロントグリルを好む |1.1 新型BMW 4シリーズのエクステリアはこうなっている1.2 新型BMW 4シリーズのインテリアはこうなっている1.3 ...

続きを見る

BMWは以前より縦型キドニーグリルを実現する機会を狙っていた?

ただ、ちょっと気になるのは「M3」。

M4はこの巨大キドニーグリルが与えられるのは間違いないとして、現在のところ大勢では「M3にもこのグリルが与えられる」と見られています。

BMWの言葉を信じるならば「4」と名がつくモデル以外にはこのバーティカルグリルが採用されないということになりますが、過去に「巨大グリルは7シリーズだけ」と語りながらも他モデルのグリルをどんどん大きくしているという実情もあるので、BMWの言葉をそのまま信じるのは難しい、とも考えています。

キドニーグリル大きすぎ!悪夢が現実になった、新型BMW M3の「常識はずれ」な縦型キドニーグリルが目撃される

| 今から正式発表時の衝撃に備えておく必要がありそうだ | つい先日、新型BMW M3(G80)のアグレッシブなリアビューがリークされたばかりですが、今回はなんと「待望の」フロントを捉えた画像がリーク ...

続きを見る

ない、このバーティカル・キドニーのグリルはかつての「328」にまで遡ることが可能。

507d6df0-bmw-328-original

そしてBMWは2011年に「328オマージュ・コンセプト」を発表していて、これもやはり縦型キドニーグリルを持っています。

こういった流れを見るに、BMWはやはりどこかのタイミングで「縦型グリルを実現したかった」のでしょうね。

b

新型BMW 4シリーズはこう変わった

そこで新型BMW 4シリーズの新旧比較(従来型440iと新型M440i)を行ってみたいと思いますが、まずは新型4シリーズのフロント。

2017-bmw-4-series-facelift (1)

こちらは従来型4シリーズ。

これと比較すると、キドニーグリルは大きくなったものの、その上辺が「低く」なっていることがわかり、おそらくはこれによって「グリルが大きくなったのにスタイリッシュ」に見えるのかも。

加えてグリルがバンパーやフードと一体化しており、バンパーサイドのダクトまでもが大型化しているので、相対的に「グリルの大きさだけが目立つわけではない」のでしょうね。

bmw-4er-coupe-2020 (1)

斜め前から見た従来型4シリーズ(画像を反転)。

bmw-serie-4 (4)

こちらは新型。

やはりバーチカルキドニーとバンパーとの「一体感」が目立ちます。

bmw-serie-4 (5)

こちらは従来型のサイド。

bmw-serie-4 (1)

新型のサイド。

意外やサイドから見た変化はけっこう大きく、フロントフェンダー上のサイドギルは角度が変わってフレームレスに、そしてドアハンドル前後に走っていたプレスラインが消失し、ドアハンドルとその周辺形状も変更されています。

ルーフはより「スロープ」し、その反面リアクォーターウインドウが持ち上がっているので(エンド部の形状も変更されている)、一層のウェッジシェイプ感が出ていますね。

後部ドアの下の方には「Jカーブ」を描くプレスラインが設けられ、これはリアフェンダーとリアバンパーとの境界へと連続し、やはりウェッジシェイプを強調しているようです(ぼくの認識では、X2以降、BMWはこのデザインを好んで採用している)。

bmw-serie-4 (2)

こちらは従来型の斜め後ろ。

bmw-serie-4

新型4シリーズのテールランプは薄く長く、そしてLシェイプを持つ発光グラフィックも新しく。

面白いことにトランクリッド形状は新旧「同じ」ように見えますね。

ただ、リアバンパー形状は大きく変わり、後ろへ突き出すとともにサイドにダクトが設けられ、リアディフューザー、テールパイプがインテグレート。

フロントバンパーもそうですが、新型4シリーズでは各エレメントを「融合」もしくはシームレスに結合したデザインを持っていると考えて良さそうです。

bmw-serie-4 (3)

こちらは従来型。

2018_bmw_4-series_22_2560x1440

新型4シリーズには極めて細いトランクリッドスポイラーが装着されているようですね。

そしてテールランプが細く長く、リアバンパーの塗装部分が天地に薄く、かつバンパーサイドがダクトとともに張り出すことによってワイド感が強調されている模様。

49965312392_d031e5f10b_o

新型4シリーズのインテリアはこう変わった

そしてこちらは従来型4シリーズのインテリア。

こちらは新型4シリーズ。

変わったといえば変わっているものの、デザイン言語が大きく変わったわけではなく、印象としてはよく似ているように思います。

ただし細部には金属調の加飾が用いられるなど、質感や高級感は大きく向上している、と考えて良さそう。

bmw-4er-coupe-2020

ちなみにこちらは新型4シリーズのキドニーグリルを「これまでと同様に」してみたレンダリング。

こうやって見ると、改めて4シリーズと8シリーズとのデザイン的共通性を感じさせられ、「差別化」のためにも4シリーズにはバーチカルキドニーが与えられたのかもしれない、と考えたりします。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5