>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

さよならBMW i8。予定より2ヶ月遅れて最後の一台がラインオフし、一つの歴史に終わりを告げる

更新日:

| 残念ながら後継モデルの声は聞こえてこない |

さて、BMWが「最後のi8をラインオフさせた」とアナウンス。

BMWはi8を4月に生産終了させると発表していたものの、おそらくはコロナウイルスの影響なのか、ちょっとだけ寿命が延長されたということになりますね(一時的に工場操業を停止していたため、予定生産台数を消化するのに今までかかったのだと思われる)。

なお、発売開始されてから今までの6年、BMWは20,500台のi8を生産したことになるそうで、最後のi8はドイツの顧客のために作られた「ポルティマオブルーのロードスター」。

さよならBMW i8。2万台目のi8がラインオフし、「2020年4月に生産終了」ともアナウンス。なお後継モデルは今のところ「存在しいない」

この記事のもくじ1 | BMW i8はエポックメイキングなクルマであったことは間違いない |1.1 BMW i8はついに2020年4月で生産終了1.2 BMW i8の後継は? | BMW i8はエポッ ...

続きを見る

BMW i8の生涯はこんな感じ

BMW i8のルーツとしては2009年の「BMWヴィジョン・エフィシエント・ダイナミクス」にまで遡ることができ、その後2011年に「BMW i8コンセプト」へと進化しています。

なお、このi8コンセプトは2011年の映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」にもトム・クルーズのドライブにて登場し、広く世界に知られることに。

その後2013年に市販モデルが登場することになり、革新的なデザインもあって大きな人気を獲得したのは記憶に新しく、1年程度の「納車待ち」が生じたほど。

見た目は完全にスーパーカーであり、ボディサイズは全長4,690ミリ、全幅1,940ミリ、全高1,300ミリと「低く広い」プロポーションを持ち、一方では「ミニの1,500ccエンジン」とエレクトリックモーター(合計出力は362馬力)、そしてフロントには195幅、リアに215幅という”非常に細い”タイヤを持つエコカーという側面も。※i8はPHEV

ボディはカーボン製モノコック、バタフライドアを採用しているということでなおさらスーパーカー的なイメージがあるものの、BMWはi8について「エコカーであってハイパフォーマンスカーではない」というスタンスを貫き、最後まで「M」モデルを作らず、アルピナに対してもハイパフォーマンス版の製造を許可しなかったという話も残っていますね。

final-bmw-i8-produced-1

アルピナは「i8のアルピナ版」を実際に試作し発売を考えていた!しかしBMWはそれを許さず”お蔵入り”に

| BMWはあくまでもiブランドを”環境に優しい”ままにしたかった | 今回、Jalopnikが報じたところによると、なんとアルピナが自社からBMW i8を発売する可能性もあった、とのこと。これはアル ...

続きを見る

実際にi8を何度か運転したことがありますが、ドライバビリティに優れるクルマで、何の不安もなく快適に走ることができ、つまりは「日常的に乗れるスーパーカールックのクルマ」という印象。

そしてこういったクルマを求めていた人々も非常に多かったということになり、潜在的な需要を引っ張り出したという意味でも「大きな意義があった」クルマですね。

BMWはこのi8によって「エレクトリック」イメージを浸透させることに成功するものの、量販モデルであったi3の販売が思うように進まず、やむなくiブランドをトーンダウンさせる必要が出てきます(逆に考えれば、i3がもっと売れればiブランドやi8の将来も変わっていただろう)。

そういった状況下において、BMWとしてはi8を継続させるのにも正当な理由を見いだせず、よってi8は「一定の役割を果たした」ということでそのライフを終了させることになってしまった、というのがここまでの流れです。

参考までに、今までぼくが運転したクルマの中では、「もっとも乗降が難しいクルマ」でもあります(画像を見るとそこまでサイドシルは高くないように見える)。

DSC00481

BMW i8の後継モデルはある?

そこで気になるのが、i8の後継モデル。

ただ、BMWは(上記のような事情なので)”i8後継モデルはナシ”と表明しており、しかし一部ではBMWのハイパフォーマンスカー部門、「M」がこの後継モデルを発売するんじゃないかというウワサも。

実際に「ヴィジョンMネクスト・コンセプト」なるクルマも発表されており、実現の可能性はゼロではないと思われますが、市販されたとしてもi8を名乗ることは考えにくく、i8の「エコ」とは別の路線を持つ「ハイパフォーマンス・エレクトリックカー」となりそうですね。

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプトが3年以内に市販との報道。なおi3とi8は現行限りで終了とのウワサ

| iブランドは短い命だった | BMWは先日「ヴィジョンMネクスト・コンセプト」を公開しましたが、これは3年以内に発売される、という報道。これはカーメディア「Car Sales」が報じたもので、BM ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5