>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

レクサスが「IS500」の商標を申請。新開発のV8ツインターボではなくRC Fの5リッターV8を搭載し「ちょっとだけアグレッシブに」なって登場とのウワサ

更新日:

| IS Fが登場するのかどうかは今のところ不明 |

トヨタがアメリカとカナダにて「IS500」を商標出願したとの報道(6/25に公開となっており、まだ審査中で登録はなされていない)。

これはもちろん、新型ISのトップグレードとして設定されるハイパフォーマンスモデルに用いられるのだと思われますが、気になるのは「新開発のV8ツインターボ」ではなく、自然吸気の5リッターV8(RC Fと同じエンジン)を積むと言われていること。

これから登場するクルマなので、この際に新型エンジンを積んで欲しいと思うものの、ISに新型V8ツインターボエンジンを搭載するのは構造や冷却等の面で難しいのかもしれません(可能であってもコストがかかりすぎる)。

レクサスがニュルを走る”レクサスLC”のレーシングカーに新開発のV8ツインターボを搭載!「市販モデルへの投入が前提」

この記事のもくじ1 | ついにトヨタも大排気量NAを捨ててツインターボエンジンへ |1.1 なぜトヨタはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参加するのか1.1.1 量産レーシングカーではなく市販車を ...

続きを見る

IS Fは登場しない?

そしてもうひとつ気になるのは、RC FのエンジンをIS 500に与えるということは、それ以上のハイパフォーマンスモデル、つまり「IS F」は登場しないのか?ということ。

可能性としては「登場しない」のがひとつ、そして他に考えられるのは「新開発のV8ツインターボエンジンを積んで登場」。

つまりIS500には既存エンジンを与え、IS Fは大改装を行って新型V8ツインターボエンジンを押し込むんじゃないかということですね(Fと名がつくのであれば、コストをかけて車両価格が高くなっても許容される可能性が高い)。

新型レクサスIS発表!スピンドルグリルが巨大化するも「なんかカッコイイ」ぞ!新旧ISを比較してみた

この記事のもくじ1 | レクサスはISのマイナーチェンジに際し、ずいぶんいい仕事をしたようだ |1.1 新型レクサスISの主な特徴は3つ1.2 操縦性や乗り心地は新型ISの「もっとも」優れたポイント? ...

続きを見る

なお、直近で登場しそうなIS500については「コーナリング性能向上のために前後トレッドが広げられる」とも言われますが、フェンダーまでが拡大されるのどうかは不明。

実際のところ、このIS500についてはBMW M3のように「見るからにハイパフォーマンスカー」といったデザインが与えられるわけではないと見られており、となると法規的に可能な範囲でタイヤが外に出され、かつ若干車高が落とされ、トランクリッドスポイラーが大きくなる程度なのかもしれませんね。

ただ、少し前に聞こえてきた情報だと、「レクサスが、全米のディーラーミーティングを開催し、そこで”レクサスISのフルモデルチェンジは2021年”と告げた」というものがあり、これを信じるならば、今年にフェイスリフトを受けたレクサスISがもう来年にフルモデルチェンジ発表ということになり、さすがにこれは「ちょっと早すぎ」なようにも思います。

レクサスが2020年以降の計画をディーラーに語る。2021-2022でほぼ全車種をMC/FMC、LCはV8ターボ、新型NXは革新的なコクピットが与えられることに

この記事のもくじ1 | ここまでの短期間でラインアップを入れ替えることは極めて異例 |1.1 2020年以降のレクサスはこうなる1.2 レクサスのSUVはこういった変更を受ける | ここまでの短期間で ...

続きを見る

参照:GR86, United States Patent and Trademark Office , Canadian Trademarks Database

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5