>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

さすがドイツ!EV充電スペースに駐車したランボルギーニが即刻レッカー移動。日本もこれくらいやってほしい

投稿日:

| 充電したいときに充電できないのは本当に困る |

さて、フランクフルトにて、ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーが電気自動車用充電スペースに駐車し、違反行為として強制移動させられるという案件が発生。

これは自転車に乗ってパトロール中の警官が「違法駐車」を発見し、即座に積車を呼んでウラカンEVOスパイダーを移動させたというものですが、そのオーナーにとっては手痛い教訓となりそうです(ホイールも傷つくことになる)。

ドイツでこういった例があるのは意外

なお、ドイツ人と言えば決まりを守るというイメージがあり、かつ環境に対しても意識が高いという認識があるため、こういった「充電器ブロック」をする人がいるというのはかなり意外。

ちなみに欧米のネット上では、「グリーンのボディカラーだけに、グリーンカー(エコカー)専用スペースに停めてもいいと思ったんじゃないか」等揶揄されているようですね。

ただ、環境意識に反する行為をそのまま放置しないのはさすがドイツであり、これはスーパーカーといえど強制移動もやむを得ないといったところ。

画像を見ると、この路肩は「駐車OK」区域のようですが、ウラカンEVOスパイダーが駐車していたところだけには充電器があり、それを知っていて「空いてるからちょっとくらいいいだろう」と思って停めたのか、それとも電気自動車専用スペースと知らずに「おっ、ここ空いてる」と思って停めたのかはわかりません。

しかしながら、どういった事情にせよ、ぼくもスーパーカー乗りのはしくれとして、「スーパーカーに乗っているからこそ」人に見られているのだという意識を忘れず、法令遵守に務めたいと改めて感じさせられる一件です。

アメリカでは意外と「充電器ブロック」が多いようだ

そしてこういった充電器ブロック行為は「アイシング=ICING」と呼ばれ、というのもガソリンエンジン車のことをICE(インターナル・コンバスチョン・エンジン)と呼ぶため。

とくにアメリカでは大きな問題と化しており、電気自動車というか主にテスラがアイシングのターゲットとなっているようで、テスラ専用充電器「スーパーチャージャー」の前にズラリと(わざと燃費の悪い)トラックを並べてテスラが充電できないように嫌がらせをする人々も。

Tesla-Supercharger-pickup-truck-protest

そのほか、充電中のケーブルを抜いたりといった人々も多数報告されており、なぜかアメリカにおいて、テスラは一部の人から「目の敵」にされているようです。

【動画】なぜ人々はテスラを憎悪するのか?現実世界ではテスラを傷つける人多数、ネット上ではヘイト投稿の対象に。テスラ女子が問題を提起する

| たとえテスラが嫌いでも、罪のないクルマを攻撃するべきではない | 「なぜテスラのクルマや、テスラ乗り、そしてテスラ社は嫌われるのか」という動画が公開に。これはテスラの(ほぼ)専門ユーチューバー、ラ ...

続きを見る

そして一部欧州地域でもアイシングが問題化し、抗議が行われたこともある模様。

【動画】EVオーナーが嫌がらせに抗議してガソリンスタンドを占拠するという案件が発生!EVとガソリン車との仁義なき戦いが勃発する

この記事のもくじ1 | 人々はなぜEVを嫌ったり甘く見たりするのか |1.1 アイシングはこんな行為1.2 今回は「逆アイシング」1.3 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます | 人々 ...

続きを見る

中国でも充電ブロックが問題に

お隣の中国においてもアイシングが問題となっているようで、しかしこちらは「嫌がらせ」というよりは、空いているEV充電スペースに「(充電妨害の意図なしに)勝手に停める」ことが多いんじゃないかと考えています。

日本でもそうですが、中国や香港では、EV優遇のため、公共施設や商業施設において、専用区画を設けたり、その専用区画の位置が(建物の入り口に近かったり)便利なところにあったりします。

よって、こういった便利な、そして混雑時にも空いていたりする「EV専用スペース」に(身障者スペースに駐車するのと同じ感覚で)ガソリン車を駐車する人が多いのかもしれません。

中国にて、「テスラ専用充電スペース」に他のクルマが駐車できないよう」(テスラ車のみ解除できる)電子ブロックが設置される。そろそろ日本でも同様の問題が出てきそう

みんな、EV専用スペースにEVでないクルマを駐車しすぎ 中国で、「テスラ専用の充電スペース(パーキングロット)に、テスラ以外のクルマを置くことができないようにする」物理的バーが中国にて設置されることに ...

続きを見る

ぼくは3年ほどEV(BMW i3)に乗りましたが、所有期間中に困ったのが、空港や(イオンなど)ショッピングセンターにおける「ガソリン車によるEV充電スペース占拠」。

こちらは出先で充電しないと帰れない(バッテリーがなくなる)という状況において、充電スペースを塞がれると非常にこまることになるのですが、現時点ではこれについて、日本だとなんら罰則はなく、かつ違法でもないため、警察はもちろん施設側にクレームを入れても対応ができない、という実情があるわけですね。

こういった「EVオーナーの権利が守られない」状況が多発するようでは、まだまだEV普及のための環境が整っているとはいいがたく、インフラはもちろん、人々の意識についても向上の余地がありそうです。

参照:Polizei Frankfurt

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5