■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

フォルクスワーゲンが「e-Beetle」はじめ「eゴルフクラシック」「eカルマン」「eキューベル」の商標出願!過去の歴史的遺産をEVで一気に復活させる?

投稿日:

| まさかその手で来るとは |

フォルクスワーゲンが欧州連合知的財産庁(EUIPO)に対し、「e-Beetle」の商標を届け出たことが明らかに。

画像は今回の商標とは無関係に、2012年にフォルクスワーゲンが北米国際自動車ショーに出展した「e-Bugster」ですが、フォルクスワーゲンはけっこう前からビートルのEV化を考えていたということがわかります。

なお、フォルクスワーゲンは2019年末をもって(販売不振のため)ビートルの生産を終了させているものの、”ビートル”の名はフォルクスワーゲンにとって非常に重要な資産であるのもまた事実。

VWビートルがEV、しかも4ドアで復活?「RR→FF→EV」と内容を変えながらも存続する珍しいクルマに

| フォルクスワーゲン・ビートルの復活がVW幹部の口から言及される | フォルクスワーゲンはビートルの生産終了を明言しており、日本でも「See you Beetle」なるさよならキャンペーンを展開中。 ...

続きを見る

よって、フォルクスワーゲン重役の口からも、これまでに何度か「ビートルをEVにて復活させる」という話が出ており、加えて今回の商標出願となれば、「ビートルのEV版」登場はほぼ確実なのかもしれません。

【動画】ダメだ、涙が止まらない・・・。VWがビートルと共に歩んだ家族、そしてビートルが天に召される動画を公開

この記事のもくじ1 | フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |1.1 物語はビートルが家にやってきたところから始まる1.2 クルマはときにクルマ以上の存在にも ...

続きを見る

フォルクスワーゲンは過去の名作をEVにてリバイバル?

ただ、今回EUIPOにて公開となったフォルクスワーゲン出願による商標を見ると、このe-Beetleのほか、なんと「e-Golf Classic」「e-Karmann」「e-Kubel」といった商標も同時に出願されており、これらについてはまさに寝耳に水状態です。

そして、これらの商標を見るに、フォルクスワーゲンは「過去の歴史的遺産」を、電気自動車として現代に蘇らせる計画を持っているとも考えられ、となるとe-Beetlenについても、未来的なスタイルを持つEVではなくレトロな外観を持った「初代ビートル」風になるのかも。

初代ゴルフもEVで復活?

そしてe-Golf Classicとは、もちろん初代ゴルフつまりゴルフIを指すものと思われます。

初代ゴルフは1974年に発表され、ジョルジエット・ジウジアーロによるデザインを持つことで知られますが、直4エンジン(当時から1.5-1.6リッター)横置きレイアウト、そのデザインについても現在のゴルフ8まで受け継がれており、まさに「不朽の名作」。

今でも多くのファンを持ち、このゴルフIがリバイバルとなると「待ってました」な人が多いのかもしれません。

aa

VWゴルフ7世代、42年の歴史を1分半の動画にて。いかに初代が優れていたがが分かる内容に

フォルクスワーゲン・ゴルフ42年の歴史を1分半で ドーナツメディアが、フォルクスワーゲン・ゴルフ登場から現在に至るまでの42年、7世代にわたる変遷動画が公開に。レギュラーモデルのみではなく競技用、限定 ...

続きを見る

まさかまた「カルマン」の名を聞けるとは

e-Karmannとはもちろんカルマンギアを指すものと思われ、これはフォルクスワーゲン、そしてコーチビルダーのカルマン、カロッツェリア・ギアとのジョイントによって誕生したクルマ。

1955年~1973年の長きに渡って生産され(ブラジルのノックダウンを含めると1975年)、タイプ1~タイプ3までが存在します。

北米を中心にファンが多く、やはりフォルクスワーゲンの歴史を語る上で外せないモデルでもありますね。

FUTi93tXq405grZVGgDqG6CX7bFaQ6O-4GUHsIE4EGzp_bJmwzEfMRkTVoqViqObtJpDtmWxXDpC4xhKUGe1Scsa8UJJewS4ROpDBrXL42xq1Am6DmdMt0ohy3Rm8O4Y7M8wm2RDU82vmIFN1Pv4RSIgs11V4JDf6xUdnzq-GHw0WA_xs4G62Opre0hXORX4Xt-kaLWvXrGIeg2-Y9ihd

まさかの軍用車もEV化

最後のe-kubelは「あの」キューベルワーゲンの電動版だと思われ、オリジナルのキューベルワーゲンはフェルディナント・ポルシェの設計がベースとなった軍用車。※画像は何度も作ったタミヤのキューベルワーゲンのパッケージ

ちなみに「キューベル」とは「バケット(シート)」を表すドイツ語だそうで、軍用のためにドアがなく、乗員が脱落しないようにバケットシートを装着したことに由来するのだそう。

なお、このキューベルワーゲンは広い意味で軍用車の呼称として用いられていたとされ、特定のクルマを指すわけではないようですね(それでも、一般的にはキューベルワーゲン=フォルクスワーゲン製のこのクルマだと認識されている)。

44

これも立派なポルシェ。第二次世界大戦で使用されたキューベルワーゲン・ポルシェが販売に

ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ氏によって設計された1940年製キューベルワーゲン・ポルシェタイプ82/3が販売中。 価格は210万円程度ですが、見ての通り見た目が「ほぼ戦車」となっています ...

続きを見る

現時点では「商標を出願しただけ」であってこれらのクルマが発売されるとは限りませんが、フォルクスワーゲンのEVはスケートボード型シャシーを持つという特性上、簡単に「上モノ」を載せ替えることができ、より多くの車種を低いコストで製造できるものと思われます。

そして今ひとつ盛り上がらない「EV市場」を盛り上げるためにも、こういった話題性のあるクルマのセレクトは”面白い試み”だと言えそうですね。

参照:VWIDTalk

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5