>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

ノヴィテックがマクラーレンGTのチューニングプログラム公開!一気に85HPも出力向上、ホイールやエアロパーツもラインアップ

更新日:

| ノーマルのマクラーレンGTは大人しすぎるというオーナーに |

ノヴィテックがマクラーレンGTのチューニングプログラムを公開。

マクラーレンというと「同じようなデザインのクルマが多い」と言われる中、GTだけは独特のデザインを持っており、それだけに独特自のファンがついているクルマ。

ただし「ちょっと大人しめ」だとする向きもあり、今回のチューニングプログラムはそういったGTユーザーの不満を解消するためのものとなりそうです。

純正のデザインを生かしたエアロパーツがラインアップ

まず外観だと「フロントスポイラーリップ」「フロントスポイラーアタッチメント」「サイドパネル」「エアインテーク・サイドウォール」「リアスポイラーリップ」「ドアミラーカバー」が用意され、これらは全てカーボンファイバー製。

mclaren-gt-tuned-by-novitec

ホイールはフロント20インチ、リア21インチのみの展開となり、カラーは標準にてグロスシルバー、サテンブラック、グロスガンメタルの三色が揃い、そのほかソリッドやキャンディカラー等への指定色ペイントも可能となっています。

足回りだと、ほかにローダウンスプリングやスペーサーも用意されているようですね。

mclaren-gt-by-novitec-front-quarter-angle

パフォーマンス面においてはおよそ85HPも出力が向上して697HPを発生するサブコンピューター”ステージ1”、そして707HPを発生する”ステージ2”も用意され、そのほか競技用の「直管」、公道走行対応のスポーツ触媒、つねにエキゾーストシステムのバルブを開きっぱなしにするバイパスコネクターもラインアップ。

mclaren-gt-by-novitec-side-view

マクラーレンはもともと「セナ」「エルヴァ」「スピードテール」等のハイパーカーで構成されるアルティメットシリーズ、720Sや765LTを擁するスーパーシリーズ、570系、600LTや540Cが属するスーパーシリーズというラインアップを持っており、「GT」の発売は予定外だったといいます。

mclaren-gt-by-novitec-aero-body-kit

それでもGTラインナップを発売した経緯としては「570GT」の思わぬ人気化だといい、それまでサーキット志向モデルばかりだったマクラーレンにおいて、サスペンションをややソフトに、ステアリングレシオをスローに、そしてラゲッジスペースを最大化した570GTは(マクラーレンにとって)異端ながらも多くの顧客の心を捉え、そこでマクラーレンは予想外の需要をカバーするために「GT」を独立させることに決めた、と言われますね。

mclaren-gt-by-novitec-rear-view

そしてGTは「ゴルフバッグが2つ載る」ラゲッジスペースを持ち高い実用性を備えますが、実際に運転してみると非常に乗りやすい車であり、高い実用性を持つこともわかります。

mclaren-gt-by-novitec-with-custom-body

mclaren-gt-by-novitec-interior

ノヴィテックは他にもこんなカスタムを公開

そしてノヴィテックは積極的に新型車のカスタム/チューンに取り組んでおり、納車がはじまってまもないフェラーリF8トリブートのチューニングプログラムも公開済み(こちらはなんと700馬力オーバー)。

ランボルギーニ・ウラカンEVOのチューニングにもいち早く名乗りをあげていますね。

参照:NOVITEC

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5