>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ホンダが軽自動車初「FFターボ+6MT」、N-ONE RSを発売予定!ボディ色はNSX、シフトレバー位置はシビック・タイプRを連想させる

投稿日:

| もともとN-ONEには興味がなかったが、これはちょっと乗ってみたい |

さて、ホンダがN-ONEのモデルチェンジを前に公式サイトにて先行情報を公開。

デザイン的には先代同様の円そしてボックス(四角)を基調としたデザインを持っており(デザインコンセプトは”丸、四角、台形”)、ホンダセンシング、パーキングセンサーが標準化されるなど、安全性と快適性が大きく向上させられていることが特徴。

加えて、軽自動車初とされるLEDデイタイムランニングランプも装備しており、相当に商品力を高めてきたということになりそうです(それにしても、外観がほぼ変わらないのには驚かされる)

新型N-ONEは「軽自動車初」が複数

新型N-ONE最大のトピックは軽自動車初の「FFターボ+6速マニュアル・トランスミッション」

新型O-ONEのグレード展開については「オリジナル」「「プレミアム」「RS」の3種ですが、このうち「RS」にはなんと6速マニュアル・トランスミッションが搭載されることに。

ホンダによれば、軽自動車において「FFターボと6速マニュアル・トランスミッション」との組み合わせは初になるとのことで、新型N-ONEはけっこう「初」づくしということになりますね。

1

専用装備としては「RS専用本革巻ステアリングホイール」「RS専用エクステリア」「15インチアルミホイール(マットブラック)」等が挙げられ、他グレードのボディカラーがパステル系の淡い色、ダーク系を揃えるのに対し、RSでは「クリスタル・ブラックパール」「プラチナホワイト・パール&ブラック(ツートンカラー)」以外の3色は専用の組み合わせとなり、とくに「プレミアムイエロー・パールII」「サンセットオレンジII」はRSグレード専用カラー(それぞれブラックルーフとの組み合わせとなる)であるようですね。

加えて、これらイエロー、そしてオレンジはNSXっぽくもあり、なかなかおもしろい設定をしてきたな、という印象です。

そのほかホンダ純正アクセサリーも用意され(上の画像はそれらを装着した状態)、カスタマイズの可能性も大きく広がることになりそうですね。

img_0a7fb945430b4704608d74bab838099b302574

シフトレバーの位置はシビック・タイプRを連想させる

正式発表まではその価格を知ることができませんが、現行モデルのRS(CVT/177万円)よりもチョイ高くらいには収まるものと思われ、どういった反響をもって受け入れられるのかは気になるところ。

なお、シフトレバーはその構造上ダッシュボード付近から生えることになり(二代目シビック・タイプRを連想させる)、ステアリングホイールと位置が近いところもなかなかにナイスです。

pic_sub_03_pc

話題のクルマだけあって、Honda e同様、ホンダのカーシェアリングサービス「エブリゴー」に登場するものと思われ、登録されたらさっそく借りに行ってみようと思います。

参照:HONDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5