>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリが10台目のワンオフモデル「オモロガータ」発表!過去と未来をつなげるタイムレスなデザイン、ラインとナンバーはゴースト仕様

投稿日:

| ヘッドライトとウインドウ以外はすべて変更されることに |

さて、フェラーリが「10台目」となるワンオフモデル、「オモロガータ」を公開。

これは812スーパーファストをベースとし、「ヘッドライトとウインドウ以外」すべてを顧客の求めに応じて変更したもので、ボディカラーは「ロッソ・マグマ」そしてゴースト仕様のラインとナンバリングが入り、企画から完成までに要したのは2年だとアナウンスされています。

イメージはフェラーリのクラシックモデル

フロントグリルやヘッドライト内側のエアインテークはフェラーリのクラシックモデルを意識したものだと思われ、ボディサイドを含めてもけっこう「ツルっと」した印象。

オーダーしたのはヨーロッパの顧客(名前は明かされていない)であり、目指したのは「タイムレス、しかし未来的で現代的なデザイン」なのだそう。

Ferrari-Omologata-one-off-2

ホイールはダークグレー、そしてタイヤにはレッドでレターとラインが入り、ブレーキキャリパーはシルバー。

リアはウインドウの代わりにボディ一体型のルーバーが与えられ、テールランプは左右2灯へと変更されることに。

ほぼ「直線やエッジ」を配した流麗なデザインを持っているようですね。

Ferrari-Omologata-one-off-1

今回パワートレーンについては詳細が語られていませんが、おそらくは812スーパーファストと共通で、つまり6.5リッターV12エンジン(800PS)を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度340km/hというスペックを誇るものと思われます。

フェラーリ「オモロガータ」のインテリアはこうなっている

インテリアもまた特別仕様となっていますが、ブラックをベースにブルーのアクセントそしてブルーのシートが与えられています。

Ferrari-Omologata-one-off-12

シルバーの部分は1950年〜1960年代のレーシングカーをイメージしたヴィンテージっぽい仕上げが採用。

Ferrari-Omologata-one-off-11

フェラーリのワンオフモデルは1台3億円から

なお、フェラーリのワンオフモデルをオーダーできるのは一握りのVIP顧客のみだとされ、それでも納車までには5年かかる、とも。

過去には過去にはエリック・クラプトンに納車された「フェラーリ SP 12 EC」、平松潤一郎氏に納車された「SP 1」、アメリカ人オーナーへと納車された「SPアメリカ」、そして時々売りに出される「SP30」も。

最近だと、はじめてマットとグロスを1台のボディに同居させたSP3JC、

458スペーチアーレベースの458MMスペチアーレ、

F12tdfベースのSP275RWコンペティション、

F40をイメージしたというSP38デボラ、

開発にはフェラーリのワンオフ史上もっとも長い時間がかかったというP80/Cがリリースされています(ここまでで9台)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5