>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

え?これがニスモ?オンロードだけではなく「オフロード車向け」パーツを販売開始!ニスモだけあって超エクストリーム

更新日:

| 現時点ではエクストレイル用パーツは未発表・今後の展開に期待 |

ニスモがオンロード向けのパーツだけではなく、オフロード向けパーツ拡充に向けて動く模様。

今回、「今年の秋から発売を開始する」としていくつかのパーツを公開しており、これらは2005年〜2020年モデルのフロンティア、2005年〜2015年モデルのエクステラ、2016年〜2021年モデルのタイタンのほか、次世代フロンティアにも対応する、としています。

NISMO-off-road-parts-16

ニスモらしく「妥協なき品質」

今回リリースされたパーツの一部を見てみると、まずはリフトアップ(50ミリ)対応のサスペンションキットが目立つところですが、これは最低地上高が高くなるだけではなく、もちろんサスペンションのトラベル量が増え、さらに様々な重量物の積載、重量のあるオフロードタイヤ装着にも対応しています。

NISMO-off-road-parts-10

そしてこちらはヘビーデューティーなバンパーにウインチ。

LEDランプの取り付けも可能となっているようですね。

NISMO-off-road-parts-18

当然ランプもニスモ製。

アルミ製の強固なハウジングを持っており、8,600ルーメンの光量を確保している、とのこと。

NISMO-off-road-parts-7

サスペンションは減衰力等の「リモート調整」が可能、とのこと。

NISMO-off-road-parts-11

ホイールもやはりニスモ製。

サイズは17インチ、そして885kgまでの荷重に耐えることができ、もちろんこれは「純正ホイールを遥かに超える数値」となっていて、単なるドレスアップパーツではないようです。

NISMO-off-road-parts-5

ニスモは「ピュア」さを追求

なお、ニスモは2017年に組織変更を受けるとともに再ブランディングが図られ、「ピュアスポーツブランド」として再出発を図ることに。

一方でニスモのコンプリートカー開発と統合されたオーテックは「プレミアムスポーツ」つまりスポーティー路線を採用することでニスモと差別化が図られています。

NISMO-off-road-parts-9

そして今回の「オフロード車向けパーツ発売」を見るに、その「ピュア」という概念はオンロードのみに止まらず、オフロードにおいても「エクストリーム」という形をとって表れているようですね。

現時点ではエクストレイル向けのパーツはリリースされていないようですが、今後の拡充に期待したいところです。

NISMO-off-road-parts-3

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5