>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ・ウラカンEVO用に純正オプションとして「アクラポヴィッチ製エキゾースト」登場!そのサウンドを聴いてみよう

投稿日:2020/11/05 更新日:

| ウルスに続き、ついにウラカンEVO用としてアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが登場 |

さて、ウラカンEVOにアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが純正アクセサリとしてラインアップされ、ランボルギーニ大阪さんがさっそくデモカーへと取り付けを行い、そのサウンドをFacebook上にアップ(サウンド公開は世界で初めてなのだそう)。

外観だとチタン製のテールパイプがその存在感を主張し、サウンドについては純正音量をさらに上げ、かつシャープにしたという印象で、自然吸気ならではの乾いた音質が強調されているように思います。

重量はノーマル比でマイナス5kg

なお、ランボルギーニ大阪さんによれば、このアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムの重量はノーマル比で-5kg。

取り回しについては純正とほぼ同じように見え、ただしテールパイプには「AKRAPOVIC」と「Automobili Lamborghini」のロゴ入り。※画像はランボルギーニ大阪さんのFacebookより

123270750_2432612230365631_2109072279898942048_o

こちらはノーマルとアクラポヴィッチとの比較。

123436270_2432612240365630_4027122033005051394_o

テールパイプは「かなり太い」という印象です。

123134816_2432612237032297_7384372858772337949_o

ウラカンEVOは(もともと)リアグリルを通してエキゾーストシステムを見ることができるので、交換後の満足感は見た目、音質/音量ともかなり大きそうですね。

L1200535

アクラポヴィッチはこんなメーカー

アクラポヴィッチは1992年創業と比較的新しいメーカーで、しかし現在ではすでに「欧州最大級のエキゾーストシステムメーカー」にまで成長。

当初はバイク(自動二輪)のアフターマーケットにて人気を博し、その後にBMWなど純正採用するメーカーも登場しています(アフター品のエキゾーストを純正採用するのは極めて珍しい)。

現在では4輪用ラインアップも拡充しており、ルノー、アルファロメオ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、ランボルギーニなど純正オプションとして用意しているメーカーも多数存在(一部車種やグレードでは標準装着されている)。

さらにアフター品としてのアクラポヴィッチだと、対応メーカーだとフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンといったスーパーカーから、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、アバルト、ポルシェ、ミニ、メルセデス・ベンツといったところです。

ケーニグセグではアクラポヴィッチとともに純正エキゾーストシステムを開発するなど、現代においてもはやハイパフォーマンスカーとは切っても切れない関係性を持つのがアクラポヴィッチであり、それだけ開発能力そして品質がずば抜けている、ということなのでしょうね。

近日中にランボルギーニ大阪さんを訪問する予定であり、その際に価格等詳細を聞いてきたいと考えています。

3K4A1314

JUN
ホンダCBR250RRにもアクラポヴィッチのマフラーを取り付けた!

ランボルギーニ・ウルス向けになんと「アクラポヴィッチ製」チタンエキゾーストが純正オプションとして登場!その価格143万円

今後はアヴェンタドール、ウラカン用としてもアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが登場するかも ランボルギーニ・ウルス向けの純正オプションとして、なんと「アクラポヴィッチ製」のエキゾーストシステムが追 ...

続きを見る

参照:Lamborghini Osaka

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5