>その他アメリカ車 >その他イタリア車

その名は「アズナム・パラディウム」!イタリアから"アメリカントラックベースの超高級ハイパーリムジン"登場

投稿日:2020/11/08 更新日:

| 一見するとまず売れなさそうに見えるものの、珍しいものを求める富豪にとっては興味を抱かせるクルマなのかも |

さて、世の中には様々なカスタムカーが存在しますが、今回紹介する「アズナム・パラディウム(Aznom Palladium)」はイタリアのコーチビルダーがアメリカのトラック「ラム1500」をベースにした超高級セダン(というべきか・・・)という変わり種。

コーチビルダーとはもともとコーチ(馬車)を仕立てる業者を表し、クルマがかつて「車体とエンジン」だけで販売され、その上モノは自分で好きなように架装していた時代から存在しています。

ベントレーのパーソナリゼーション部門「マリナー」もまた、コーチビルダーであった「マリナー社」をベントレーが併合したものですね。

一時、コーチビルダーの仕事はなくなったかのようだったが

そんなコーチビルダーですが、自動車生産がオートメーション化されるようになるとその役割を失ってしまい、多くが消滅または自動車メーカーに併合されることに。

ただし現在では「既製品よりもオーダーメイド」を求める顧客が増加し、こういったコーチビルダーに再び脚光が当たっているのもまた事実(マクラーレンいわく、現在の顧客の嗜好は自動車黎明期に戻ったかのようだ、とのこと)。

そして件のマリナーについては、少量生産限定モデル「バカラル」を手掛けるなど、その存在感を大きくアピールしています。

ベントレー・バカラル
ベントレーが「ほぼ100年ぶりの」2シーターとなる”バカラル”を発表!出力659馬力、1台2.2億円の超高級GT

| そして限定台数の12台はすべて買い手がついている | 先日よりティーザーキャンペンが行われていた、12台のみが生産される「超限定」ベントレー、バカラル(BACALAR)。これはベントレーのパーソナ ...

続きを見る

まさかのピックアップトラックベース

そしてこのアズナムもまたコーチビルダーなので、「量産車ではなしえない」クルマを作ることを生業としているわけですが、今回発表されたパラディウムは「まさかのピックアップトラックがベース」。

アズナムによれはこのパラディウムは「ハイパーリムジン」。

搭載されるエンジンは5.7リッターV8ツインターボ、出力はなんと700馬力(0-100km/h加速は4.5秒、最高速は210km/h)。

もともとの荷台部分を覆うことでサルーン的ルックスを実現しており、ボディ全長はなんと5.96メートルもある、とのこと。

aznom-palladium (1)

とにかく押し出しの強いルックスを持ち、ロールスロイスも真っ青という感じ。

フロントグリルは高級車の常として大きく、そしてLEDにてルーバーが発光する模様。

aznom-palladium (2)

Cピラーには「オペラウインドウ」。

aznom-palladium (3)

テールはなんと「引き出し」仕様。

aznom-palladium (4)

アズナム・パラディウムのインテリアはこうなっている

そしてこちらがアズナム・パラディウムのインテリア。

エクステリアとは異なり、インテリアはラム1500のイメージを大きく継承しており、ダッシュボードやメーター、センターコンソール等はラム1500の共通性を感じるところです。

aznom-palladium (5)

ただしそれらも「ラム1500そのまま」ではなく、メーター表示はパラディウム専用となり、ダッシュボード含む内装は「フルレザー」張りへ。

シートには独特のステッチが入り、ダッシュボードにはエンボス格好されたテクスチャが貼られています。

aznom-palladium (6)

ベースがトラックと言えどもその静粛性や乗り心地については最大限の配慮がなされており、後席には独立したエアコン、そして冷蔵庫も。

エンターテイメントシステムも充実していて、ハーマンカードン製サウンドシステム、そしてマイクロソフト・サーフェスXタブレットも装備する、とアナウンスされています。

残念ながら価格については公表されておらず、しかし10台のみが限定生産される、とのこと。

相当に独特なデザイン、そして構造や背景を持つクルマですが、既製品に飽きた富豪にとっては食指を動かされるクルマなのかもしれませんね。

aznom-palladium (7)

あわせて読みたい、関連投稿

アメリカにて、戦闘機F-22ラプターとフォードF-150ラプターがコラボ。ワンオフにてカスタムされ競売へ

アメリカにて、毎年開催されるExperimental Aircraft Association (EAA=航空ショーのようなもの?)のチャリティーオークション用とし、フォードF-150ラプターと戦闘機 ...

続きを見る

フォードがF-150を「ポリススペック」にカスタムしてタフなパトカーに。内外装を徹底強化

フォードF150ラプターがパトカー「F-150 Police Responder」として着任することに。なおフォードは昨年において警察車両の60%(43,000台)を納入し、この分野においては「リーデ ...

続きを見る

まさか本当に作っていたとは!ランドローバー・ディフェンダーの「6輪(6WD)」カスタム、”フライング・ハンツマン”

| たしかに以前、制作するというアナウンスはなされていたが | アストンマーティンなどスーパースポーツのチューンで知られる「プロジェクト・カーン」ですが、別ブランドにて、オフローダーをカスタムする「チ ...

続きを見る

参照:DPCcars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車, >その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5