>フェラーリ(Ferrari) >ポルシェ(Porsche) >ランボルギーニ(Lamborghini)

フェラーリやランボルギーニほかスーパーカーを仮想世界で思いっきりカスタム!新進気鋭のCG作家がリリースする作品が話題に

投稿日:

| コロナ禍にて現実世界でのカスタムが思うようにできないという状況がバーチャルカスタムに拍車をかけたようだ |

ランボルギーニ・ディアブロ

さて、最近ではリアル/バーチャルともに様々なカスタムが登場していますが、特に活発なのがバーチャルカスタム。

多種多様なバーチャルカスタムが登場するものの、とくに人気なのは「オーバーフェンダー+シャコタン」。

なぜか日本伝統のカスタムが世界中のレンダリングアーティストの興味をそそっているようです。

スーパーカーでもオーバーフェンダー+シャコタン

そしてもともとワイド&ローなスーパーカーをさらに低く広くカスタムする例も畳みられ、そこで今回はバーチャルカスタム界の新星、Bradbuilds氏の作品を中心にいくつか紹介したいと思います。

現実世界だとフェラーリを激しくカスタムする例は少ないが

まずこちらはフェラーリ458イタリアをワイドフェンダーとウイングにてドレスアップ、そしてローダウン。

リアルワールドだとさほどフェラーリのカスタムはメジャーではなく(オリジナル状態を維持したいと考える人の方が圧倒的多数)、しかしマンソリー、リバティウォークなど一部では過激なカスタムが存在するという「両極端な」状況です。

参考マンソリーがフェラーリ812のコンプリートカー「スタローン」公開。F1をイメージした鍛造カーボンパーツで武装

| マンソリーは昔から過激だった | マンソリーが「812スーパーファスト」にもそのコンプリートカー「スタローン(Stallone)」を正式に追加。なお、この「スタローン」は599GTB、F12ベルリ ...

続きを見る

こちらはF40。

クラシックフェラーリも現代風に。

スーパーワイドなフェラーリF40。

エンツォ・フェラーリがレーシングカー風に。

ランボルギーニは過激なカスタムがよく似合う

過激なエアロパーツを身に纏うランボルギーニ・ディアブロ。

テールパイプは4本出し。

ちょっと現代風なランボルギーニ・ミウラ。

ランボルギーニ・ガヤルド。

ハードなオフローダーにカスタムされたランボルギーニ・ウルス。

タイヤにフェンダーがかぶるほど車高の落ちたランボルギーニ・ウルス。

こちらはクルマではなくバイク。

ドゥカティ・ディアベルをランボルギーニ仕様としたものです。

ちなみに、あまり知られていたいものの、現在ドゥカティはランボルギーニが株式の大半を所有しており、事実上ランボルギーニの子会社だとだれています(大きな目で見ると、両者ともフォルクスワーゲングループ傘下)。

どちらも本社がイタリア・ボローニャに存在するという共通点がありますが、なぜか今までコラボレーションを行ったことはなく(イベントは除く)、今後の協業に期待したいところ。

ランボルギーニとドゥカティとのダブルネーム仕様が登場すれば、けっこうな数のランボルギーニオーナーさんがドゥカティを購入しそうですね(たぶんぼくも買う)。

D0YJDR1UUAAh8iy

ランボルギーニ製ドゥカティ?ランボルギーニのカーボン技術が注入された「1299スーパーレッジェーラ」発表

HyperFocal: 0 ドゥカティ(DUCATI)がミラノにて開催されているEICMAにて、「1299スーパーレッジェーラ」を発表。 「スーパーレッジェーラ」はガヤルドにも用いられていた軽量スパル ...

続きを見る

そのほかにはこんなカスタムも

なお、Bradbuilds氏は様々なメーカー/ブランドのカスタムも公開しており、こちたらはマクラーレン。

現実世界だと、マクラーレンにこういったカスタムを施す例は(リバティウォークを除くと)かなり少ないようです。

【動画】チェルノブイリ×マクラーレン×リバティーウォーク!街とともに廃棄されたという設定の650Sカスタムが秀逸な件

| 様々な褪色カスタムを見てきたが、この一台はまさに秀逸 | ロシアの”チェルノブイリ・デザイン”によるカスタムが施されたマクラーレン650Sスパイダーがあまりに秀逸な動画が公開に。このマクラーレン6 ...

続きを見る

かなり珍しい、フェニア・スーパースポーツのバーチャルカスタム。

ツインターボなシボレー・コルベット。

超ロングテールなポルシェ935。

あのマクラーレンF1も現代風に。

ヴィジョン・グランツーリスモ風のシロン。

なかなかにカッコいい、ポルシェ911「スピードスター」。

高級車だってバーチャルカスタム

そしてこちらはベントレー・コンチネンタルGT。

スーパーカーのように「オーバーフェンダー貼り付け」ではなく、ブリスターフェンダーを装着しており、高級車にふさわしいカスタムがなされているようですね。

こちらはロールスロイス。

ロールスロイスはメーカー自信がバッドボーイ仕様「ブラックバッジ」を発表するなど、やはりB系カスタムがよく似合う、と思います。

合わせて読みたい、関連投稿

自分の描いた”理想のクルマ”のイラストが現実に!新しいカスタムの潮流となりそうな「もしも系レンダリングと実車のコラボ」。そのアーティストの作品を見てみよう

| もはやカスタムカー、チューニングカーも”アート”の領域に入ったと言っていい | さて、今年のSEMAでは数々のカスタムカーが登場していますが、話題を呼んだクルマの一台がB is for Build ...

続きを見る

また出た世紀末風ランボルギーニのレンダリング!離陸しそうなカウンタックほか「ビートル・マックス」など13連発

| そのインスピレーションには限りがないようだ | さて、これまでにも過去と未来とを融合させたレンダリングを作成し公開してきたYasidDESIGN。同氏は一貫してカウンタックを好んで取り上げています ...

続きを見る

参照:YasidDESIGN, Bladbuilds

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >ポルシェ(Porsche), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5