>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■バイク(自転車/自動二輪)

どうやらVWが「ランボルギーニとドゥカティとイタルデザイン」をグループから分割することを決めたようだ!ただしその方法はまだ不明

投稿日:2020/11/18 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドール

さて、「フォルクスワーゲンは11月に重要会議を開き、そこでグループ傘下にあるランボルギーニの去就を決定する」と報じられていましたが、今回ロイター、そしてオートモーティブニュース・ヨーロッパが報じたところでは「フォルクスワーゲンはランボルギーニ分割に向けて動き出している」とのこと。

この「分割」については具体的にどういった形を示しているのか定かではないものの、売却もしくはフェラーリ同様にIPO(株式上場)後の株式売却によるランボルギーニの独立を意味することになりそう。

加えて、この「分割」についてはフォルクスワーゲングループCEO、ハーバート・ディエス氏が投資家やメディア含む説明会にて語った内容だと報じられているので、「いつになるか」は別として、分割されることはまず間違いないと考えられます。

ランボルギーニ・ウラカン
VWが11月に重要会議を開催し、そこで「ブガッティ、ランボルギーニ、ドゥカティ」の未来を検討との報道。将来性がなければ売却の可能性も

この記事のもくじ1 | ただ、それらを売るとフォルクスワーゲングループ全体の価値は一気に下がってしまう |1.1 フォルクスワーゲンはこれら3ブランドを売却する?1.2 フォルクワーゲングループはけし ...

続きを見る

一体なぜランボルギーニは分割されることに?

なお、ランボルギーニは一台あたりの利益が大きく、フォルクスワーゲンにとっては「ありがたい」存在。

ただし現在はCO2排出規制(CAFE規制)が厳しくなっており、CO2排出量の多いランボルギーニがちょっと負担になっているのかもしれません(フォルクスワーゲン全体では、今年のCO2排出規制値をちょっとだけ超えるらしい)。

加えて、フォルクスワーゲングループはポルシェ、アウディを筆頭に「エレクトリック化」を進めており、グループ全体の業務をシンプルそして効率的にしたいと考えており、そこで「現在、エレクトリック化とは程遠い位置にある」ランボルギーニはグループ全体の投資効率を下げると捉えられているようですね。

分離するのであればドゥカティとイタルデザインも一緒に

そしてランボルギーニを分割させるのであれば「ドゥカティとイタルデザインも一緒に」なると報じられていますが、これらの会社はフォルクスワーゲングループ傘下に属しながら株式はランボルギーニによって所有されていると言われ、、つまりはランボルギーニの子会社という位置付けです(本社所在地も近い)。

L1220434

フォルクスワーゲングループは資金が必要

そしてフォルクスワーゲングループはエレクトリック化に際して(デジタル化とあわせて)約9兆円の投資を行うとしており、このための資金を捻出する必要も。

よって「資金獲得」のためにランボルギーニとドゥカティ、イタルデザイン売却を検討する可能性も十分にありますが、ランボルギーニとドゥカティ、イタルデザインをまとめて購入しようという余裕のある会社は(その金額的に)まずないと思われ、現実的なのは「ランボルギーニのIPO(ドゥカティとイタルデザインはそのままランボルギーニの子会社扱いで)」。

なぜこれが現実的なのかというと、ランボルギーニを上場させるとその株価は何十倍(もしくは何百倍)にも上昇することが予想され、となるとフォルクスワーゲンの持つ株式の資産価値もドカンと上昇。

そして保有している株式の過半数を売りに出せば巨額の富が入ってくることになり、このほうが「会社を売る」よりもは多くのお金を得ることができると考えられます(かつ、保有している株式の配当も得られ、会社の買い手も探さなくていいい)。

それでもフォルクスワーゲンとランボルギーニの関係が切れるわけではなく、両者の利害関係が相反しないことから技術やコンポーネント、人材のやりとりは続けられると思われ、お互いにとってメリットのある関係が永続することになり、1ヶ月ほど前に報じられた通り、株式上場がもっとも有効なシナリオかもしれません。(まさにフェラーリとフィアットとの関係に近い)。

合わせて読みたい、関連投稿

ブガッティ・シロン・ピュールスポール
リマックがブガッティを買収との報道!11年の歴史、10台しかクルマを売っていないリマックが「110年の」歴史を持つブガッティを買う!?

| よくよく考えると「あり得る」話でもある | まさかのまさか、ブガッティがリマックに売却される、との報道(現時点では確報ではない)。現在ブガッティはフォルクスワーゲングループに属していて、そしてリマ ...

続きを見る

VWが「ランボルギーニ売却」を即刻、かつ公式否定。ランボルギーニの販売台数はVWグループ内でわずか1/933、しかし時価総額だと1/8を占める”優良ブランド”

| とりあえずは安心した | 数日前、米ブルームバーグが「フォルクスワーゲングループが、ランボルギーニブランドの売却を検討している」という報道を行ったばかりですが、これに対してフォルクスワーゲンが正式 ...

続きを見る

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベント ...

続きを見る

参照:Reuters, Bloomberg, Automotive News Europe

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5