>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

新型メルセデス・マイバッハSクラス発表!2トーンカラーは職人が一週間かけてペイント、まさに「ラグジュアリーキング」

投稿日:

メルセデス・マイバッハSクラス

| ドライブモードには超快適な「マイバッハ」も備わる |

メルセデス・ベンツが予告通り、フルモデルチェンジ版となる「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表。

ベースは新型Sクラスとなるものの全長は18センチ延長され、ホイールベースは3,396ミリへ。

これによって後席スペースは先代マイバッハSクラスよりも拡大しており、さらに「アクティブ・ノイズ・コンペンセーション」なるノイズキャンセリングシステムの導入等によって更なる快適性を実現し、まさに「ラグジュアリーキング」と呼ぶにふさわしいクルマに仕上がっています。

なお、このアクティブノイズキャンセルについては非常に興味のあるデバイスで、試乗車が配備されれば一度試してみたいところですね。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-48

新型メルセデス・マイバッハSクラスのグレードは2種類

マーケットにもよるものの、新型メルセデス・マイバッハSクラスのグレードはS580 4Matic(4リッターV8ツインターボ/496HP+48Vマイルドハイブリッド/21HP)、S650(6リッターV12ツインターボ/621HP)の2種類。

のちに3リッター直6搭載モデルも追加されると見られているようです。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-2

なお、このマイバッハならではの2トーンカラーは「オプション」。

職人の手によって一週間かかて塗り分けられる、とのこと。

その価格は公表されていないものの「相当に高価」であることは間違いなく、しかしせっかくマイバッハを購入するならばぜひ選びたいところですね。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-5

後部ドアにははじめて「電動開閉機構」を装備し、ドライブモードには専用の「マイバッハモード」を装備するなどSクラスとの差別化も大きいようです。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-1

なお、マイバッハモードを選ぶとエアサスペンションはさらに快適仕様に、そしてトランスミッションの変速タイミングや変速スピードもよりマイルドに、さらには加速も緩やかになって操舵時には後輪の切れ角が大きくなって「コーナリングすらも優雅に」。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-14

フロントにはスリーポインテッドスター、そして「MAYBACH」の文字が刻まれたグリル。

「最強」の組み合わせだと思います。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-16

「ディッシュ」ホイールもラインアップ

こちらは同じツートンカラーでも「色違い」。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-65

マイバッハ特有のマルチスポークホイールではなく、ディッシュホイールが装着されています(おそらくオプションと思われる)。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-66

新型メルセデス・マイバッハSクラスのインテリアはこうなっている

そしてこちらが新型メルセデス・マイバッハSクラスのインテリア。

基本的に後席に乗るためのクルマであり、全車リアは「セパレート2シート」構成。

「ショーファーパッケージ」が標準化され、シートバックや座面、フットレスト等が調整可能となっています。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-55

シートバックにもアンビエント照明。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-63

シート後方にもアンビエント照明が設けられ、言い表せないレベルの「ラグジュアリー」が再現されることに。

なお、メルセデス・ベンツはマイバッハはじめいくつかのコンセプトカーには「縦線」を用いていますが(新型Sクラスでは”横線”)、これはおそらくヨットのデッキをイメージしたものだと思われます。

ちなみに後部座席には「シートベルトエクステンダー(シートベルトを保持するアームが電動で伸びてきて、振り返らなくてもシートベルトを閉めることができる機能)」が備わる、とのこと。

通常、この装備はクーペに対して与えられるものですが、メルセデス・ベンツはマイバッハにおいて「何事にも乗員に負担をかけない」ことを目指したのでしょうね。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-36

新型メルセデス・ベンツSクラス発表!「世界で最も空力が優れ」「世界で最も安全なクルマ」へ

この記事のもくじ1 | 大きなところよりも細部をすべてバージョンアップしてきた |1.1 新型メルセデス・ベンツSクラスのデザインはこう変わった1.1.1 新型メルセデス・ベンツのディティールはこうな ...

続きを見る

運転席はこう。

マイバッハのオーナーは自身でステアリングホイールを逃ぐることはないと思われるものの、いかなる部分にも手を抜くことができないのがマイバッハなのでしょうね。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-56

ステアリングホイール、メーター表示はマイバッハ専用

ステアリングホイール左右のグリップ部にはスイッチが見られ、これは「新しい」部分。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-52

メーターはマイバッハらしく「クラシカル」表示も可能(見るからに高精細)。

2021-Mercedes-Maybach-S-Class-64

新型マイバッハSクラスにはレベル3の自動運転も装備

新型マイバッハSクラスの特徴の一つとして「レベル3の自動運転装備」というものがあり、これは”加速・操舵・制動を全て車両が行うが、緊急時や自動運転システムの限界時にはドライバーが操作を行う。なお事故時の責任はドライバー”という定義。

つい先日、ホンダがこのレベル3の認可を取得したという報道がなされましたが、これは「世界初」。

そしておそらくメルセデス・マイバッハSクラスは「世界で2番目」ということになりそうですね(実装は2021年後半から)。

ちなみにアウディはレベル3について「現時点では無理」というコメントも出しています。

アウディが「レベル3の自動運転は無理だとわかった」として改良版A8への搭載を見送る。空飛ぶクルマに続き、次々新技術を諦めることに

この記事のもくじ1 | 自動車メーカーの技術者であれば、最初から「無理だ」とわかりそうなものだが |1.1 自動運転は「自動車業界の未来」と見られていたが1.2 そのほかにも「これぞ未来と見られていた ...

続きを見る

新型メルセデス・マイバッハSクラスの納車は2020年末から

メルセデス・ベンツによると、新型メルセデス・バイバッハSクラスの納車は2020年末から(価格は現在未公開)。

メインマーケットはもちろん中国、そして韓国(相当に売れるらしい)、ロシア、アメリカ、そしてドイツ。

特に中国での販売を期待しているようですね(メルセデス・ベンツは実際に中国寄りのコンセプトカーを発表している)。

こちらもCHECK

メルセデス・ベンツが全力で中国に媚びた「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」発表

| 中国ではどう受け止められる? | メルセデス・ベンツがついに「メルセデス・マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト(Mercedes-Maybach Ultimate Luxury ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

そんなに売れていたのかメルセデス・ベンツSクラス!現行モデル(W222)が累計生産50万台に達したと発表。そして1/3は中国へ

| やはり今でも高級サルーンは「魅力ある市場」 | メルセデス・ベンツが、2013年に当有上した現行世代のSクラスについて、累計生産50万台を達成した、と公表。ちょっと前にマツダ・ロードスター、ポルシ ...

続きを見る

韓国で(ジェネシスではなく)ベンツが売れまくる。日本を抜いて世界5位に、E/Sクラスでは世界3位に

Sankei Bizによると、今年上半期の韓国におけるメルセデス・ベンツの販売台数が日本を抜き、世界5位に躍り出た、とのこと。 なお1-4位は中国、アメリカ、ドイツ、イギリス。イタリアは6位、日本は7 ...

続きを見る

さよならメルセデス・マイバッハ in 中国。最終記念モデル「コレクターズ・エディション」が2200万円で限定販売

この記事のもくじ1 | マイバッハにしてはけっこう安い |1.1 メルセデス・マイバッハS450のエクステリアは「専用」1.2 メルセデス・マイバッハS450のインテリアも「専用」 | マイバッハにし ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5