>その他イタリア車

ボクが「もっともスーパーカーらしい」と考えるクルマ、チゼータV16T!ブルネイ王族所有の個体が売りに出される。こんなヘッドライトは他にない!

投稿日:2020/11/27 更新日:

ブルネイ国王のチゼータ(チゼタ)V16

| さすがブルネイ王族、このクルマも所有していたとは |

ブルネイの王族が所有していたチゼータV16が中古市場に登場してちょっとした話題に。

正直言うと、ぼくが「スーパーカー」と聞いて連想するのはランボルギーニ・カウンタックでもフェラーリ512BBでもなくこのチゼータV16。

これはランボルギーニ・ウラッコのV8エンジンを2基連結したV16エンジンを搭載し、カウンタックのデザインで知られるマルチェロ・ガンディーニがデザインしたボディを架装した車です。

チゼータV16Tはこんなクルマ

なお、このV16エンジンは縦ではなく「横置き」、そしてトランスミッションは「縦置き」なので、上からドライブトレーンを見ると「T」字に見え、そこで「V16T」と命名されたようですね。

1993-CIZETA-V16T-8

車体はオリジナル設計を持ち、シャシーはチューブラーフレームを採用。

ボディサイズは全長4443ミリ、全幅2060ミリ、全高1242ミリ(エンジン横置きなので幅広)。

エンジン出力は540馬力、0-100キロ加速は4.4秒、最高時速は328キロという「(発表された)1989年当時としては」相当に高いスペックを持っています。

1993-CIZETA-V16T-2

JUN
リアフードが開いているのは初めて見た!

そしてなんといっても特徴的なのはこのリトラクタブル・ヘッドライト。

1993-CIZETA-V16T-5

しかもダブル!

リトラクタブルヘッドライトを持つクルマは世界に多々あれど、おそらく「ダブル」で開くのはチゼータV16Tくらいなんじゃないかと思います。

1993-CIZETA-V16T-7

ポップアップヘッドライトが好きだ。リトラクタブルライトを愛する男がライトのコンピレーション動画を公開

| 意外とポップアップヘッドライトを採用するクルマは多かった | もうすっかり目にすることはなくなりましたが、スーパーカーといえばポップアップ(リトラクタブル)ヘッドライト。そのポップアップヘッドライ ...

続きを見る

なお、驚くべきことにこのチゼータV16Tを企画したクラウディオ・ザンポーリ氏によると、「工作機械は残してあるので、注文さえあれば今でも制作が可能」とのこと。

ちなみに発売当時は7000万円という驚異の値付けを行っており、販売されたのはわずか9台だと言われています(そのうち少なくとも1台がブルネイへ、そして2台が日本に販売されている)。

1993-CIZETA-V16T-9

V16エンジンを積むクルマは意外と多かった

なお、現代では想像すらできないV16エンジンですが、かつてはけっこう注目されていたようで、いくつかのメーカーがこれに取り組んでいます。

1993-CIZETA-V16T-13

かのBMWも実はV16エンジンをテストしたことも。

何このBMW 7シリーズ?なんとBMWは80年代に「V16エンジン」をテストするために”シークレットセブン”なるV16エンジン搭載”767iL”を製作していた!

| ただしというか当然ながら市販化にいたらず永遠に闇に葬られることに | BMWが自身のFacebookにて、なんと「過去にV16エンジンを開発していた」という事実を公表。自動車史上「16気筒」エンジ ...

続きを見る

近代だとやはりデヴェル・シックスティーンが有名ですね(ブガッティはW型だが16気筒)。

これが16気筒エンジンを搭載する車トップ9。その勇姿とサウンドを動画にて

| 意外とあった、16気筒エンジン搭載のクルマたち | 16気筒というとブガッティ・ヴェイロン/シロン、チゼタV16T程度しか思いつかず、9台もあったかなと考えたものの、動画を作成するからにはやはり9 ...

続きを見る

チゼータV16Tは「ディアブロがこうあるべき姿」だった?

なお、チゼータV16Tのデザインがマルチェロ・ガンディーニであるのは上で述べたとおりですが、時を同じくしてランボルギーニはディアブロを開発しており、ボディデザインを同氏に依頼。

しかし出来上がってきたデザイン案が「あまりに角ばっていたため」、当時のランボルギーニの親会社であったクライスラーがこれに難色を示し、そこでクライスラーのデザイナーによって手直しされたのが実際に発売されたディアブロだと言われます。

ただ、マルチェロ・ガンディーニはこれに納得がゆかず、もともとディアブロに採用したかったデザインをチゼータV16Tに転用した、とも報じられています(けっこう自身のデザインに対して誇りを持つ人だったようで、ブガッティEB110のデザインについても、ブガッティからフロントグリルのホースシュー再現につきデザイン修正を求められ、それが嫌で途中で降り、EB110のデザイナーとしての名前も出してくれるなという三行半を叩きつけたと言われている)。

チゼータV16Tのインテリアはこうなっている

そしてこちらはチゼータV16Tのインテリア。

ボディと同系色のレザーで覆われますが、おそらくこれはブルネイ国王の「好み」。

1993-CIZETA-V16T-12

これまでにも何度かブルネイ王族のコレクションが公開されたり売却されていますが、そのうちの多くは「内外装とも同系色」を持っていて、もちろんブルネイ王族の指定によってカスタムされたものだと思われます。

1993-CIZETA-V16T-11

センターコンソールは「昔のスーパーカー風」。

1993-CIZETA-V16T-19

こういったスイッチ類も現代ではもう見られないものですね。

1993-CIZETA-V16T-20

メーターはなんと400km/hスケール。

1993-CIZETA-V16T-18

ドア内張りの「斜めのステッチ」もいにしえのスーパーカー、といった感じですね。

1993-CIZETA-V16T-10

ブルネイには驚くべきカーコレクションが存在する

そしてブルネイには驚きのカーコレクションがあるといい、フェラーリF40を11台も「イッキ買い」したことも。

ただしフェラーリはロッソ(レッド)のF40しか製造しなかったので、ピニンファリーナに依頼してカスタムしたと報じられています。

【動画】ブルネイ国王はフェラーリF40を11台、すべて異なる仕様でピニンファリーナにカスタムさせていた!

| そのカーコレクションが破格なのは知っていたが | 所有するエキゾチックカーについて、様々なウワサのあるブルネイ。ブルネイは天然資源を多く持つ裕福な国として知られますが、同時に国王(スルターン)のカ ...

続きを見る

そしてこちらもピニンファリーナにオーダーした「フェラーリF90」。

フェラーリ「SF90」ではなく「F90」。過去にブルネイ王族のために作られた、歴史上もっとも謎に満ちたフェラーリを見てみよう

| 誰も実車を見たことがなく、存在を示すのは数枚の写真のみ | フェラーリは「SF90ストラダーレ」を発表したところですが、そこでふと思い出したのが「F90」。ただしこれはフェラーリによって作られたも ...

続きを見る

ちなみにそのコレクションは3,000台以上ある、とも言われていますね。

ブルネイ国王のガレージが公開。あわせて3000台、特注フェラーリやコンセプトカーまで

ブルネイ王国国王のカーコレクションが動画で公開に(といっても静止画を組み合わせたコンピレーション)。 ブルネイの国王(スルタン)といえばフェラーリにワゴンを特注して作らせたことで有名ですが、改めてその ...

続きを見る

参照:Curated

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5