>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ついに北米からランドクルーザー撤退!新型ランクルの話も見えず、どうなるトヨタ/レクサスのラージSUV戦略

投稿日:2020/12/24 更新日:

トヨタ・ランドクルーザー

| オフローダーとエレクトリック化は相性があまり良くない。どうなるランクルの電動化 |

米カーメディアによると、北米市場において、トヨタがランドクルーザーの販売を2021年モデル限りで終了させる、とのこと。

この報道はトヨタの言を引用しており、それによると「ランロクルーザーは60年以上、ずっと偉大な存在だった。2021年モデルをもって販売を終了するが、我々はひきつづきラージSUV市場を重視するとともに、ランドクルーザーの豊かなオフローダーとしての歴史を活かすべく将来の商品を模索してゆく」。※以前から2021年で終了とは言われていたが、今回公式にトヨタが言及したことになる

現行200系ランドクルーザーは13歳。それでも「変わらない」理由は?

現行の200系ランドクルーザーは2007年にデビュー。

その後なんどかの改良を受けているものの、基本的な変更がないまま現在に至っています。

ただ、それでも世界的に見ると「人気がある」のは間違いないようで(盗難車ランキングの上位にあるのがその証左とも言える)、トヨタいわくランドクルーザーに大きな変更を実施しないのは「もとも、デビュー時から高いレベルの完成度を与えているために変更の必要がないから」。

トヨタがランドクルーザーの最新イヤーモデル発表。”前年モデルのランクルと変化がない”その理由とは?

| ランドクルーザーは変わらないのは”変わる必要がない”から? | トヨタが北米にて2019年モデルのランドクルーザーを発表。 率直にいうと2018年モデルとほとんど「一緒」だそうですが、唯一の変更点 ...

続きを見る

ランドクルーザーはトヨタにとっても特別なクルマで、未開の地にて「目的を果たし、生きて帰ってくることができる」クルマを目指しているため、トヨタ社内でも「ランクル品質」なる特別な基準を設け、そのためほかのトヨタ車とは別次元の走破性と信頼性を与えているといい、究極の域にまで完成度が達している、というわけですね。

どうなる次期(300系?)ランドクルーザー

なお、次期ランドクルーザーのウワサは2019年あたりから出ていて、2020年にフルモデルチェンジが行われると言われたものの「空振り」。

そして現在は2021年フルモデルチェンジ説が最有力ですが、今のところプロトタイプが目撃されておらず、この説もちょっと怪しいかもしれません。

次期ランドクルーザーの方向性は?

新型ランドクルーザーについては発売時期含め様々なウワサが出ていて、ひとつが「BMWと共同開発」。

おそらくは、GRスープラとBMW Z4とが共同にて開発されたことからこのウワサが出たものと思われ、しかしこれはトヨタにとって「ノウハウを相手に与えるだけ」だと思われるために「まずない」だろうと考えています。

加えて、スポーツカーと箱となって十分な販売台数を確保できるものと思われ、開発コストをシェアするために他社と共同開発を行う必要はないと考えるのが妥当です。

ただ、BMW側としては「メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)対抗のオフローダー」を欲しいと考えているはずで、BMWからの打診があった可能性は否定できないかもしれませんね。

トヨタとBMWとがSUVでも手を結ぶ?次期ランドクルーザーはBMWと共同開発に、というウワサ

| 「いやいやそれはない」と思ったが、よく考えるとありそうだ | トヨタとBMWは共同にて「スープラ」「Z4」を開発しましたが、今回はBMWがトヨタからランドクルーザーの供給を受け、BMWブランドで発 ...

続きを見る

そしてもう一つ言われているのが「高級路線を歩む」。

主に中東の富豪をターゲットにした高級路線へとシフトするとも言われ、現在ベントレー・ベンテイガ、アウディQ8、ポルシェ・カイエン、ロールスロイス・カリナン、ランボルギーニ・ウルスといった高級SUVの人気が高いことを考えると、この方向性はいかにも「ありそう」。

レクサス究極のSUV、LF-1公開。「鍛え抜かれた日本刀をイメージ」「パワートレーンはリミットレス」

| 現段階では市販化未定。反応次第では実現性も | レクサスが先日よりティーザーキャンペーンを公開していた「LF-1リミットレス・コンセプト」を公開。 これはトヨタが日本ではなくカリフォルニアに持つデ ...

続きを見る

ただしトヨタはこの高級SUV路線をレクサスにて、「LF-1リミットレス・コンセプト」をもって実現するとも言われ、これはランクルのレクサス版ではなく、別の(エレクトリック版?)プラットフォームを持つことになり、一方のランクルは原点回帰にてシンプルなオフローダーになるという見方もあるようですね。

ただ、仮にこのLF-1リミットレスの市販モデルがピュアエレクトリックモデルになったとすると、その車体重量は3トン近くにも及ぶ可能性があり、そうなるとドバイの富豪が「砂漠で遊ぶ」には問題が生じそう(これはLF-1だけではなく、他社のオフローダーにも言えること)。

ドバイにて、砂漠をランクルでぶっ飛ばしてきた。愛すべき車バカ多数だった件

この記事のもくじ1 | ドバイのクルマ好きは毎日が楽しそうだ |1.1 ドバイの市内から砂漠へ1.2 こんな記事も読まれています | ドバイのクルマ好きは毎日が楽しそうだ | さて、先般よりアップして ...

続きを見る

そういった意味ではオフローダーとエレクトリック化(ハイブリッドだろうがピュアエレクトリックだろうが)は相性が良いとはいえず、ここは本格オフローダーを製造する各メーカーにとって「頭の痛い」問題なのかもしれません。※(重量面、電気的な危険性において)EVだと、水の中を走行したり、泥の上での走行にも不安が残る

よって、オフローダーとしてのランクルはガソリンエンジンを残したシンプルなモデルとなり、「ランクルのスピリットを引き継いだ」別のエレクトリックSUVを追加するというのが「ありうる」選択肢だとも考えています。

なお、新型ランドクルーザーについて、エンジンは「V6」の可能性が高いとされており、こちらも「十分納得できる」範囲ですね。

トヨタはV8を捨てV6ツインターボへ移行との報道、やはり次期ランドクルーザーもV6か?なおスポーツカーには新開発のV8ツインターボを搭載

この記事のもくじ1 | ダウンサイジングの波はどうやっても避けることができない |1.1 今後のトヨタ/レクサスはかなりややこしいことになりそうだ1.2 こんな記事も読まれています | ダウンサイジン ...

続きを見る

次期トヨタ ランドクルーザー(300系)に新情報!「GR版が出る」「スーパーオフローダー版も検討中」

この記事のもくじ1 | トヨタはランドクルーザーブランドをフル活用する計画を持っていそうだ |1.1 トヨタは「GR」を拡充?1.2 GRはもともとこういったブランド1.3 GRランドクルーザーはター ...

続きを見る

合わせて読みたい、トヨタ・ランドクルーザー関連投稿

驚愕!ドバイではまだ70系ランドクルーザー、FJクルーザーも新車で普通に販売されていた!

この記事のもくじ1 | もはやランクルは中東抜きでは語れない |1.1 なぜランクルが愛されるのか1.2 中東ではこんなランクルが販売されている1.3 中東では他にこんなSUVが販売されている1.4 ...

続きを見る

トヨタ・ランドクルーザーはこうして世界で愛されるようになった!その誕生から進化、未来まで

この記事のもくじ1 | FJの「J」はジープの「J」だった |1.1 ランドクルーザー誕生は1951年、GHQの要請にて1.2 BJからFJへ1.3 こんな記事も読まれています | FJの「J」はジー ...

続きを見る

レクサスは高いトヨタ?ランドクルーザーとLXはどう違う?C-HRとUXは?ハリアーとLXはどこが違うの?

レクサスは単なるトヨタの高級版ではない? 東洋経済にて、「ランクルとレクサスLXはどう違うのか」という記事が掲載。レクサスのSUVには「UX」「NX」「RX」「LX」がありますが、UXはトヨタC-HR ...

続きを見る

参照: Road & Track

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5