>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

まさかのVWオフィシャル!クレイジーカラーのポロ「ハーレクイン」が公開に。このカラーリングは1964年のビートルまで遡れるらしい

投稿日:2021/01/22 更新日:

クレイジーカラーのVWポロ、「ハーレクイン」

| そこには以外なフォルクスワーゲンの歴史が絡んでいた |

フォルクスワーゲンのオランダ法人が「ポロ・ハーレクイン」なるワンオフ車両を発表。

なにやらクレイジーカラーを身にまとったクルマに見えますが、なんでもこの「ポロ・ハーレクイン」は25年前、当時のポロをベースに「技術や快適さ、安全性がいかに進歩したか」を示すために作られたクルマだそうで、つまり今回の新しいポロ・ハーレクインはそのリバイバルということになりそうです。

当時は実際に販売されていた

なお、驚かされるのは、当時このポロ・ハーレクインは実際に3,806台が販売されたということ(それだけに、新しいポロ・ハーレクインが販売されないのは残念でもある)。

そして今回のポロ・ハーレクインについて、ボディカラーはオリジナルのポロ・ハーレクインと全く同じく「シャガールブルー」「ジンスターイエロー」「ピスタチオグリーン」「トルネードレッド」の4色にペイントされています。

VW-Polo-Harlequin (3)

ちなみにこの「クレイジーカラー」を使用したプロモーションは、初代のポロ・ハーレクインよりも前にも行われたことがあるそうで、1964年にビートルのパーツが「簡単に交換でき、修理が容易」ということを示すために「各パーツバラバラのカラー」で構成されたビートルにまでそのルーツを遡ることができるようです。

ポロ・ハーレクインの誕生には意外な背景があった

時計の針がちょっと進み、フォルクスワーゲンは1994年に「4つのブロック」に分けた戦略を採用することになって、その4つとは「ドライブ、装備、オプション、カラー」。

その際にフォルクスワーゲンは「ドライブ=ブルー、装備=イエロー、オプション=レッド、カラー=グリーン」といった具合にイメージカラーを定めたそうですが、これを対外的に、かつ視覚的に示すために20台のみ「クレイジーカラーの」ポロを製造してプロモーションを行うことになるものの、もちろんこの際に参考とされたのは1964年にビートルのプロモーションにて採用された”つぎはぎ”カラー。

実際にクレイジーカラーのポロを使用したプロモーションが開始されるや、このポロを見た人々から「実際にこのクルマを販売してほしい」という声があがることとなり、それを実際に市販化したのが「(当時の)ポロ・ハーレクイン」なのだそう。

そう考えるとこのポロ・ハーレクインはフォルクスワーゲンの歴史そのものを表しているとも言えそうですね。

VW-Polo-Harlequin (2)

なお、今回のポロ・ハーレクインを作るにあたり、フォルクスワーゲンは「ブルー、イエロー、レッド、グリーン」のポロを一台づつ製造し、その後にパネルを外して当時のポロ・ハーレクインと同じ構成を持つ個体を作ったそうですが、もしかすると「配色の異なる」クレージーカラーのポロがあと3台ほど存在するのかもしれません。

VW-Polo-Harlequin (4)

参考までに、当時も同様の製造方法を採用していたようで、ポロ・ハーレクインのカラーリング、つまり「どの部分にどの色を使用するか」を指定することはできず、どういったカラーリングを持つのかは「納車されてのお楽しみ」であったとのこと。※当時、HELLAがブルーやグリーンなどのカラーレンズを使用したテールランプ等灯火類を発売していたが、今思うと、このポロ・ハーレクインに影響を受けたのかもしれない

今回のポロ・ハーレクインについて、上述の通り「生産予定のない」ワンオフではありますが、初代ポロ・ハーレクインのように、市販化要望の声が高まれば、フォルクスワーゲンはその声に応じてくれるかもしれませんね。

VW-Polo-Harlequin (5)

合わせて読みたい、関連投稿

1966年に新車で購入して以来、毎日乗られてきたビートルがVWによって無料でレストアされることに

走行したのは57万キロ、51年 1966年に新車で購入されて以来、51年57万キロを走り抜け、いまだに現役を続けるフォルクスワーゲン・ビートルが存在。この持ち主はキャスリーン・ブルックスさんという女性 ...

続きを見る

今度はゴーカート!旧ビートルのフェンダーを仕様したレトロな「バグカート」が登場

| 自転車から拝借したと思われるハンドルとサドルがナイス | さて、以前にフォルクスワーゲン・ビートルのフロントフェンダーを使用したミニバイク「フォルクスポッド」が話題となりましたが、今回は別のビルダ ...

続きを見る

【動画】ダメだ、涙が止まらない・・・。VWがビートルと共に歩んだ家族、そしてビートルが天に召される動画を公開

この記事のもくじ1 | フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |1.1 物語はビートルが家にやってきたところから始まる1.2 クルマはときにクルマ以上の存在にも ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f