>その他アメリカ車

30年前、ジープを買ってカスタムしようと思ったら、パーツを売っているところがなかった→自分でパーツ会社を作った男。今では名と財をなし、30年前に乗っていたラングラーを現行モデルにて再現

投稿日:2021/02/15 更新日:

| ジープ・ラングラーに乗る人は高い確率でカスタム好き? |

さて、アメリカでは絶大な人気を誇るジープ・ラングラー。

初代ラングラー(YJ)は1986年に発表され、その後1996年に2代目(TJ)へとスイッチし、2007年には3代目(JK)、2018年には4代目(JL)へ。

ラングラーそのもの、そしていずれの世代にも共通するのは「カスタムする人が非常に多い」ということで、それは日本でも事情は変わらない模様。

正規ディーラーにて聞いた話だと、「ラングラーを購入する人は、最初からカスタムした状態の完成予想図を描いているケースが多く、カスタムパーツを予め購入し、納車前からこれらの取り付け依頼を行うのが一般的」なのだそう。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-28

現行ラングラーを初代ラングラー風へ

そこで今回紹介するのは現行ラングラー(JL)を初代ラングラー(YJ)風にカスタムした「ラングラーYJL」。

これを作成したのはジープのパーツを中心に卸売を行う会社「クアドラテック」の創業者にして代表、テッド・ウェンツ氏。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-2

このテッド・ウェンツ氏は1986年に初代ジープ・ラングラーを購入し、早速カスタムしようと考えるものの、当時はジープのパーツを販売する会社がなく、自身が困ったことから「ヨッシャ、いっちょオレがその会社を作ろうじゃないか」ということで一念発起して現在に至る、とのこと。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-10

そこから30年もこのビジネスが継続され、今ではジープ・ラングラー乗りの間だと「その名を知らぬ人はだれもいない」と言われるほどにまで成長しているので、テッド・ウェンツ氏にとってはラングラーが人生を変えるきっかけになったということですね。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-22

イメージは「当時、自分が購入したラングラー」

そしてテッド・ウェンツ氏は自身の会社が30年周年を迎えたのを機に、最新モデルのジープを「自分のルーツでもあるYJ型へ」カスタムしようと決意。

そして目指したのは1989年当時、自分が購入したラングラーだそうですが、これを再現すべくボディカラーはカーキメタリックへ、そしてヘッドライトはJLの特徴でもあった「四角」へ。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-3

なお、カスタムは(カスタムビルダーの)グレッグ・ヘンダーソン氏とのコラボレーションによって行われ、ヘッドライトはもちろんグリル、フェンダー、バンパー、サイドステップ等がオリジナル品へ、そしてロールバーもカスタムメイド品へ。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-7

ジープ・ラングラー「YJL」のディティールはこうなっている

そこでこのジープ・ラングラーYJLのディティールですが、とにかく見どころが満載。

まずフロントフェンダーにはフェラーリ風のウインカーが内蔵。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-8

テールランプはLEDへ。

単にレトロを意識するのではなく、新しい技術を取り入れているところが面白いですね。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-27

そして特徴的なヘッドライト。

よく見ると、なかなかに凝った構造を持つようです。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-16

スチールバンパー上にはLEDライト。

フェンダーにもLEDライトバーが埋め込まれています。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-33

ドアはチューブラー、サイドステップはゴッツいパイプで構成されます。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-32

なお、エンジンは手つかずなるもエキゾーストシステムはマグナフロー製へ、サスペンションだとテラフレックス製ロングアーム/ファルコン・アダプト・ショックアブソーバー、ストリートスマート製ステアリングリンケージ、37インチタイヤ等で武装されることに。

ジープ・ラングラー「YJL」のインテリアはこうなっている

そしてこちらはジープ・ラングラーYJLのインテリア。

エクステリアほど広く変更されてはいないものの、それでも多数のカスタムパーツが装着されています。

なお、インフォテイメントシステムは9インチサイズのタッチ式ディスプレイを持つアルパイン製へ。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-4

シートはコルビュー製。

もちろん表皮はボディカラーに合わせて張り替えられています。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-12

そしてシートバックにはオリジナルのストレージバッグ。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-30

なお、リアシートは除去済みで、そのぶん荷室として活用されています。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-13

ルーフは非常に簡素な「キャンバストップ」。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-20

なお、クアドラテックによると「(このYJLプロジェクトの)旅はまだまだ始まったばかりだ」とのことであり、今後はさらなるカスタムがなされる模様。

続報を待ちたいと思います。

Quadratec-Jeep-Wrangler-YJL-14

ジープ・ラングラー「YJLプロジェクト」を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ジープ・ラングラー関連投稿

アメリカンマッスル市場に異変!カマロ、マスタング、チャージャーを売ってジープ・ラングラーを購入する人が増加中。いったいなぜ?

| ジープもスポーツカーと同じく「フツウに満足できない人」の選択肢だから | 先日、日産GT-Rの顧客がジープ・グランドチェロキー・トラックホークに乗り換えているという話をお届けしましたが、今回はアメ ...

続きを見る

ジープ・ラングラーのバン風カスタム(レンダリング)
この発想もなかった!ジープ・ラングラーを「バン」へとバーチャルカスタムしてオーバーランダーへ

| 実際にどこかのショップがコンバージョンキットを発売することを期待 | さて、少し前に「ランドローバー・ディフェンダー」のバン風カスタム(レンダリング)が登場して話題となりましたが、今回はジープ・ラ ...

続きを見る

まさかのピンク×ジープ・ラングラー!チェルシー・トラック・カンパニーが内外装フルカスタム仕様ラングラーを700万円で販売中

| この価格でもけして高くはない | アストンマーティンなどハイエンドカーのカスタムで知られるカーン・デザイン。そのカーン・デザインのSUV/トラック担当部門が「チェルシー・トラック・カンパニー」です ...

続きを見る

参照:Quadratec

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5