>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディCEOが「次期R8のピュアEV化」に興味。ただしR8 e-tronの歴史的大失敗がトラウマとなり、二の足を踏んでいるとも

投稿日:2021/02/19 更新日:

アウディR8の限定車

| 実際にはまだまだ「様子見」が続きそう |

さて、アウディが「R8をエレクトリック化して登場させる」とのウワサ。

これはオートカーの問いに対し、アウディのマークス・デュースマンCEOが答えたものだそうですが、オートカーとしては、先日アウディが発表したばかりのスタイリッシュなEV「e-tron GT」とR8とが同じ生産ラインにて作られていることから「じゃあR8も同じラインでエレクトリック化して生産することも可能なのでは?」と考えたようですね。

これに対し、マークス・デュースマンCEOは「考えてもみなかったが、いい案かもしれない。やろうと思えば実現可能だ」とコメントすることに。

アウディRS e-tron GT
アウディが待望のエレクトリックサルーン、E-tron GTを発表!その価格や性能をポルシェ・タイカンやテスラ・モデルSなどライバルと比較してみた

この記事のもくじ1 | 思ったよりもE-tron GTの価格は安く設定されなかったようだ |2 アウディE-tron GTの基本的な構成はポルシェ・タイカンと同様2.1 そのデザインは「細マッチョ」2 ...

続きを見る

次期アウディR8はどうなる?

なお、現時点で次期R8の状況については五里霧中。

今回のコメントについても(おそらくは)リップサービス的な意味合いが強かったのだと思われ、実際のところは現在まだ方向性を模索中なのかもしれません。

アウディR8は、もともとランボルギーニ・ガヤルドの兄弟車として誕生しており、2代目R8はウラカンとの兄弟車。

これは「R8単体で、独自に開発を行うとモトが取れない」という理由があるのだと思われ(ランボルギーニ側からしてもコストを按分できるので助かる)、よって3代目R8が存在するにしても、やはりランボルギーニとの共同開発を行うと考えるのが妥当です。

ただ、現時点ではランボルギーニ側について、ウラカンの後継モデルに関する確たる情報もなく、ただわかっているのは「ハイブリッド化される」ということのみ。

しかしながらスポーツカーやスーパーカーをハイブリッド化することは(バッテリーの性能不足から)現時点では非常に難しく、ランボルギーニも「バッテリー密度が進化するのを待っている」状態なのだと思われます。

そしてこういった状況にある以上、アウディとしても次期R8については計画を「保留」とせざるを得ないのかもしれません。

ピュアEVだと独自設計も可能に?

ここで冒頭の話に戻ると、「R8とe-tron GTとは同じ工場にて生産」。

そしてEVはスケートボード型シャシーを採用するという性質上、モノコックシャシーやセミモノコックシャシーとは異なり「上モノ」を容易に入れ替えることが可能です。

であれば、e-tron GTのシャシーを(スーパーカースペックへと)強化し、そこへR8のボディを載せるという選択も可能となり、この方法であれば比較的コストを低く、そしてランボルギーニとの共同でなくとも(次期R8を)開発することができそうですね。

アウディは過去にエレクトリック版R8を発売している

アウディは2015年にピュアエレクトリック版R8、R8 e-tronを発売したことも。

これは2モーター式EVで、出力は456馬力、しかし重量は1840kgと重く(ガソリンエンジン版のR8に比較して300kgくらい重い)、さらに価格は1億円以上という「買う意味がまったく見いだせないクルマ」。

それでも100台が売れたと言われ(信じられない)、しかしアウディは「もっと売れる」と踏んでいたフシもあり、この歴史的大失敗はアウディにとって大きなトラウマとなったとも。

こういったトラウマがあるせいか、アウディは次期R8につき、「ガソリン車よりも高い性能を、安価にて」提供できるようにになるまではピュアエレクトリック化を避けたいと考えていると報じられていて、これもまた次期R8の姿を見えにくくしている要因のひとつかもしれませんね。

合わせて読みたい、アウディR8関連投稿

アウディ「次期R8はハイブリッド」。後継モデルの存在が認められるも「どういったハイブリッドになるかは決まっていない」その理由

| 現在、多くの自動車メーカーがバッテリーの性能向上を待って「動けない」 | 消滅するのか生き残るのかが全く不明なアウディR8。ただ、今回アウディスポーツのマネージャー、オリバー・ホフマン氏がカーメデ ...

続きを見る

アウディは次期R8をリマックと共同開発?出力950馬力、4モーター、0−100キロ加速2.5秒、価格は2500万円と伝えられる

| いくらなんでもこの価格でこの性能は実現できないだろう | アウディR8の将来はまだまだ不透明ですが、現在のところ継続するしないを含めて様々なウワサが存在。現行限りで終了という話もあれば、ガソリンエ ...

続きを見る

アウディR8は「最も検索された」クルマなのに販売は前年比-38%!一方Q8は前年比603%の14,256台を売り「A3よりも売れたクルマ」に

この記事のもくじ1 | 時代はもう”高級SUV” |1.1 スポーツカーはもうオワコン1.2 アウディ各モデルの販売状況はこうなっている | 時代はもう”高級SUV” | さて、ここ数日各自動車メーカ ...

続きを見る

参照: Top Gear

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f