>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・アルトゥーラのカーコンフィギュレーター公開!ボディカラーは35色、インテリアの選択肢は2パターンと少なめ

投稿日:

マクラーレン・アルトゥーラのカーコンフィギュレーター公開

| パッケージオプション追加でずいぶんイメージが変わるようだ |

さて、先日発表されたばかりの新生代マクラーレン、「アルトゥーラ」。

パワーユニットにハイブリッドシステムを用いたことが最大の特徴であり、今回はそのカーコンフィギュレーターが公開されています。

ここでざっとその内容を紹介したいと思いますが、「スタンダード」「パフォーマンス」「テックリュクス」「ヴィジョン」という4つの仕様が用意されているようですね。

マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し
マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し、ハイブリッドにしかできないことが満載で2385万円

この記事のもくじ1 | この馬力でこの価格は相当に破壊力がある |2 マクラーレン・アルトゥーラのパワートレーンは新設計2.1 マクラーレンの軽量設計思想は随所に現れる2.2 その設計はハイブリッド専 ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラの4つの仕様はこうなっている

そこでアルトゥーラの4つの仕様について、まずスタンダードはブラックアルカンターラ内装を持つピュアな仕様。

主な特徴は下記のとおりです。

マクラーレン・アルトゥーラ「スタンダード」

  • アルカンターラ内装
  • クラブスポーツシート
  • パワーアジャストステアリングコラム
  • レザーステアリングホイール
  • アルカンターラヘッドライナー
  • ブラックサテンインテリア
  • ブラックスパークルインテリア
  • ブラックサテン・ギアシフトパドル

アルトゥーラ「パフォーマンス」は高級素材を使用した仕様となり、主には下記の特徴を持っています。

マクラーレン・アルトゥーラ「パフォーマンス」

  • ナッパレザーインテリア
  • ダークグレー or ジェットブラックアルカンターラ キャビンサーフェス
  • コントラスト・リフレクティブパイピング
  • アンビエントライト(12色)
  • ダークチタニウムインテリア・コンポーネント
  • ブラッシュドメタル・ギアシフトパドル

アルトゥーラ「テックリュクス(TechLux)」は「パフォーマンス」に比較してさらに高級感を増した仕様を持っており、その内容は下記の通り。

マクラーレン・アルトゥーラ「テックリュクス」

  • ナッパレザーインテリア
  • ナッパレザーキャビンサーフェス
  • コントラスト・リフレクティブパイピング
  • アンビエントライト(12色)
  • ダークチタニウムインテリア・コンポーネント
  • ブラッシュドメタル・ギアシフトパドル

そして「ヴィジョン」だとアヴァンギャルドかつスポーティ。

その内容は下記のとおりですが、4つの仕様については主に内装の基本仕様にかかわるもので、クルマ自体の機能や性能については差が無いようですね。

マクラーレン・アルトゥーラ「ヴィジョン」

  • ナッパレザーインテリア
  • アルカンターラ&ナッパレザー キャビンサーフェス
  • コントラスト・リフレクティブパイピング
  • アンビエントライト(12色)
  • ダークチタニウムインテリア・コンポーネント
  • ブラッシュドメタル・ギアシフトパドル

マクラーレン・アルトゥーラのボディカラーは35色

まず、4つの仕様のうちからもっともカスタムの幅が広そうな「ヴィジョン」を選択。

そこからボディカラーのチョイスへと進むと、「35色」の選択肢が表示されます。

一見した印象では、シルバー、ブルー、オレンジといった選択肢が多く、かつ鮮やかなカラーが多いようですね。

種別としては「スタンダード」「エリート」「MSO」とがあり、価格の表示はないものの、それぞれコストが異なるものと思われます。

9

色々とボディカラーを変更してみると、アルトゥーラはボディ表面上に(720Sや570Sと比較して)ブラックのパーツが少なく、そのためにボディカラー同色面積が多く感じられ、これまでのマクラーレンとはかなり異なる印象があるようですね。

30

そしてアルトゥーラに用意されるホイールは3種類。

7スポーク・スポーツキャストはシルバーのみ、5スポーク・ライトウェイトキャストはシルバーに加えグロスブラックにダークステルス。

10スポーク・スーパーライトウエイト・フォージドはシルバー、ダークステルス、グロスブラック、チタニウムリキッドメタル、グロスブラック(ダイヤモンドカット)が選択可能。

22

ブレーキキャリパーだとブラック、シルバー、オレンジアノダイズド、オレンジ、レッド、イエロー、グリーン。

ちなみにタイヤはピレリPzeroもしくはPZeroコルサを選べます。

20

そのほかボディ系だと「ブラックパック(ルーフやルーバー等がブラックに)」、「MSOカーボンファイバーパック(フロントスプリッター、リアディフューザー、ドミラー等がカーボンに)」、さらにはスポーツエキゾースト、エンジンカバー(サテンチタニウムかブラッシュドアルミニウムか)、熱線吸収ウインドウといった選択肢が用意されています。

下の画像はブラックパックとカーボンファイバーパーツを装着した状態ですが、けっこう雰囲気が変わるものですね。

31

マクラーレン・アルトゥーラのインテリアにはこういった選択肢がある

そしてここからはアルトゥーラのインテリア。

8

基本カラーは「グレー×グリーン」もしくは「ブラック×オレンジ」ですが、ここではブラック×オレンジを選んでみます。

これに「グロスブラック・インテリアフィニッシュパック」「カーボンファイバー・インテリアパック」等が用意され、シートは「クラブスポーツ」、そして「ランバーアジャストつきクラブスポーツ」、さらに「コンフォートシート」も。

7

シートベルトはブラックもしくはオレンジで、ステアリングホイールはレザーもしくはアルカンタラ、サイドシルはブラックもしくはカーボンファイバー。

3

フロアマットはフチがブラックもしくはオレンジ。

2

そのほかハーネスバー、ハーネスといった選択肢もあり、これはさすがマクラーレンといったところですね。

4

その他、マクラーレン・アルトゥーラにはこんなオプションも

これらの他にはテレメトリー、電動格納式ミラーやパーキングセンサー、バックカメラ等が装着される「プラクティカリーパック」、アダプティブLEDヘッドライト、12スピーカーオーディオ、アダプティブクルーズコントロールが含まれる運転支援システム等がセットになった「テクノロジーパック」も用意されています。

あとは消化器やカーカバー、灰皿、カーカバー、面白いところでは紙マニュアルの有無といった選択も。

1

参照:McLaren

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5