>ランボルギーニ(Lamborghini)

「作りかけ」のランボルギーニ・レヴェントン(レプリカ)が販売中!ベースはクーペフィアット、工作スキルを磨くには良さそうだ

投稿日:2021/03/03 更新日:

「作りかけ」のランボルギーニ・レヴェントン(レプリカ)が販売中

| ランボルギーニ特有の「シザースドア」ではなく「ガルウイング」 |

さて、海外では比較的活発なのがレプリカの製造や販売。

中には本物へのオマージュとも取れるものや、まんまコピー、そして受け狙い、もしくは違法に利益を得るためのものなど多種多様。

「オマージュ」として個人的に楽しむものだとポルシェ550スパイダーやコブラがよく知られるところですが、「販売目的」だとランボルギーニやフェラーリが圧倒的に多いようです。

今回のレプリカはランボルギーニ・レヴェントン

そして今回紹介するのは「ランボルギーニ・レヴェントン」のレプリカ。

レヴェントンは2007年に「20台のみ」という非常に少ない数だけが生産されたスーパーカーで、ステルス戦闘機に用いられるのと同じ塗料を用いたり、戦闘機風のメーターを採用したり、付属品も「ミリタリー風」だったりという特徴を持っています。

ランボルギーニがちょうど現在の「エクストリーム」路線へと転じた頃に発表されたモデルでもあり、エッジを多用したデザインを持っていますが、そのぶん「特徴的」な外観が与えられていて、現在でも多くのファンを持っています。

突然アンチからランボルギーニLOVEに転じたユーチューバーが「レヴェントン」の内外装、走りを動画で紹介

ユーチューバーが自分のレヴェントンを動画で紹介 ユーチューバー、サロモン氏が自身の所有する「ランボルギーニ・レヴェントン」を紹介。 レヴェントンはそれまでの限定スーパーカーの金額を大きく引き上げた車で ...

続きを見る

ベースはクーペフィアット

そして今回のレプリカについて、そのベースは(ヘッドライトからわかるとおり)クーペフィアット。

ボディはおそらくFRPで、成形状態からするに「型」を用いて量産しているものと思われますが、見ての通り「未完成」。

lamborghini-reventon-replica (1)

FRP素材そのままで、エッジ部分の処理が完全にはなされていない状態です。

lamborghini-reventon-replica (2)

もちろん中身はクーペフィアットのままなので、エンジンは「2リッター4気筒」、しかもフロントにマウントしています。

それを考えると、このスタイリングはけっこう頑張ったのかも。

なおランボルギーニV12モデル特有の「シザースドア」は(デロリアンのような)ガルウイングへと置き換えられています。

lamborghini-reventon-replica (4)

リアのエンジンフードは「ルーバー」にて再現されており、リアバンパーとグリル付近は実際のレヴェントンとは異なるオリジナルデザインへ。

テールランプは汎用と思われる製品が埋め込まれています。

lamborghini-reventon-replica (7)

ボディは相当に「ワイド化」されているようですが、それにあわせてタイヤ/ホイールもかなり外に出されている模様。

なお、ノーマルのタイヤサイズだと貧相に見えるのか、タイヤ外径が拡大されているようにも見えますね。

lamborghini-reventon-replica (6)

現在このランボルギーニ・レヴェントンのレプリカはブルガリアにて(Facebookマーケットプレイスを通じて)販売されており、その価格は約130万円ほど。

日本だとこのクルマを合法に登録するのは難しそうですが、ボディサイズの変更等に寛大な国や地域であれば、一旦購入してみて、DIYにて各部を仕上げてゆくのもまた楽しい作業となるのかもしれません。

lamborghini-reventon-replica (3)

あわせて読みたい、レプリカ関連投稿

フェラーリF40のレプリカが250万円で販売中
なんとなく雰囲気が出ているような気がする!フェラーリF40のレプリカが250万円で販売中。なおヘッドライトはフェアレディZから

この記事のもくじ1 | 「それっぽい」ホイールを装着するなどけっこう頑張ったようだ |1.1 フロントの出来はちょっと微妙1.2 インテリアは「フィエロ」のまま2 合わせて読みたい、フェラーリのレプリ ...

続きを見る

【動画】史上最高レベルのランボルギーニ・カウンタック「レプリカ」!車体はヒュンダイ、エンジンはレクサス、足回りはR32スカイラインから

この記事のもくじ1 | 製作したのはタイの俳優、ビーム氏 |1.1 そのスタイルは未来派レンダリングをイメージ?1.2 カウンタック・レプリカのインテリアはこうなっている1.3 ビーム氏はほかにこんな ...

続きを見る

本物にしか見えないフェラーリ458イタリアのレプリカ
【動画】どう見ても本物!フェラーリの実車を3Dスキャンしてレプリカを製作するショップの技術があまりにもスゴすぎる件

この記事のもくじ1 | この技術は絶対なにか他のまっとうなことに活かすべき |2 ちょっと離れて見ると本物のフェラーリと見分けがつかない2.1 今回は細部をディティールアップ2.2 ドアハンドルもフェ ...

続きを見る

参照:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f