ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー!なかなか似合ってると思うのはボクだけじゃないハズだ

投稿日:2021/03/03 更新日:

まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー

| 「ローライダー」は完全に絶命危惧種になってしまったな |

さて、先日は「ローライダー風のフェラーリF40」をCGにて作成・公開したAbimelec Designですが、今回は「ローライダー風のランボルギーニ・ミウラ」が登場。

ランボルギーニ・ミウラは言わずとしれた「スーパーカーのアイコン」の一つであり、あまりの完成度の高さから現実世界ではもちろん、2次元においてもなかなかカスタムしようというツワモノが出てこないというクルマでもあります。

フェラーリF40のローライダー風カスタム
まさかのフェラーリF40を「ローライダー」に!1970年代風カスタムが施された秀逸なレンダリングが公開

| このローライダー風カスタムは今見るとむしろ新鮮だ |この記事のもくじ| このローライダー風カスタムは今見るとむしろ新鮮だ |ローライダー風フェラーリF40はこうなっている「ローライダーマガジン」は ...

続きを見る

ただしAbimelec Designは違った

しかしながら、これまでにも「現実にありそうな気もするが、やっぱり存在しない」という微妙なレンダリングを作成してきたのがAbimelec Desgn。

今回も他のアーティストとは”一味違う”作品となっています。

152324881_276588840487341_2200335428272459426_o

見る限りだと、ボディパネルは「ノーマルのまま」。

ただし「ローライダー」だけあって極端に車高が落とされ、ゴールドのワイヤーホイールにホワイトのライン入りタイヤという「絶対にないだろうな」という仕様。

それでも現実味を感じさせるのはAbimelec Designならではのワザだと言えそうですね。

151969128_276588920487333_4678477139456597503_o

ボディは見てのとおりキャンディペイント。

そこへトーンを変えたブルー、そしてゴールドのストライプが入り、いかにも「70~90年代風」な雰囲気を出しています。

152953538_276588707154021_9042882519091216318_o

なお、ローライダーカスタムのキモは「シンプル」。

ゴテゴテしたエアロパーツが付与されているとまた別のクルマのようになってしまいますが、シンプルな構造に留めるからこそペイントが生きてくるのかもしれません。

152221083_276588753820683_8280739411740871985_o

ただ、こういったローライダーは本家アメリカでも、そして日本においても絶滅危惧種であると見え、ほとんど見かけなくなってしまいましたね(アメ車にやたら小さいタイヤを取り付けたり、ハイドロを仕込んでボヨンボヨン跳ねるクルマもほとんど見なくなった)。

152404024_276588877154004_886040103872988826_o

なお、インテリアにもきっちり手を入れるのがローライダー流。

ダッシュボードにはボディカラー同様のグラフィックが再現され、シートは張り替えられ、ステアリングホイールも交換済み。

152758667_276588730487352_4916279203106214947_o

ほかにはこんな「バーチャル」カスタムも

なお、現在バーチャルカスタムで主流なのが「未来風」「サイバーパンク風」カスタム。

この流れはかれこれ10年近く継続しているように思われ、ひとつのジャンルが確立されたと考えてよさそう。

こちらはKhyzylSaleem氏による911GT2 RSの仮想レンダリングですが、「ダックテール」を通り越して「ホエールテール」と名付けられたリアスポイラーが取り付けられています。

これまでに同氏の作品は、いくつか現実世界のチューナーの手によって再現されており、このホエールテールについても、GT3やGT3 RS、GT2 RSをはじめとする911用アフターパーツとしての開発計画があるようですね。

こちらもKhyzylSaleem氏による「マツダRX-7シューティングブレーク」。

同氏は自身でもRX-7を所有しており、それだけにRX-7には格別の思い入れがあるようです。

こちらは「世紀末系」レンダリングを得意とするYasidDESIGNの「ボリード・トラック」。

ブガッティのサーキット走行専用ハイパーカー、ボリードのタイヤをキャタピラーへと変更したものです。

ブガッティが時速500km/hを達成可能な「ボライド」発表!出力1850馬力、重量1240kg、パワーウエイトレシオは0.67

| これが「もしもブガッティが本気でレーシングカーを作ったら」への回答だ |この記事のもくじ| これが「もしもブガッティが本気でレーシングカーを作ったら」への回答だ |現時点では市販化未定理論上は50 ...

続きを見る

bradbuilds氏によるランボルギーニ・ウラカンの超ワイドボディ。

こちらはポルシェ911のレストモッド。

日産GT-Rのワイドボディ仕様。

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ミウラ関連投稿

ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開

| 実際にミウラが蘇る日は来る? | CGデザイナー、Marco van Overbeeke氏の考えた「ランボルギーニ・ミウラ」後継。 オリジナルのミウラにランボルギーニ最新のデザインを盛り込んでおり ...

続きを見る

ランボルギーニ・ミウラの後継が「FR」だったら?デザイナーが秀逸なレンダリングを作成

| ランボルギーニ・ミウラをFRにするとこうなる | CGデザイナー、Kasim Tlibekov氏が「ランボルギーニ・ミウラFRコンセプト」を公開。 ミウラはカウンタックとともにランボルギーニを代表 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ミウラがまさかの「暴走族風」に!そのほかポルシェやフェラーリの「もしも」系CGを見てみよう

| ホイールはRSワタナベ風 |この記事のもくじ| ホイールはRSワタナベ風 |暴走族風ランボルギーニ・ミウラブガッティEB110「GTR」ポルシェ911を935風にした「逆説的」レンダリング90年代 ...

続きを見る

参照:Abimelec Design, Khyzyl Saleem, YasidDESIGN, bradbuilds

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5