>ジャガー(Jaguar) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

EV専業宣言のジャガー。ただし「自社ではEVを製造せず、他社に製造を委託」。自動車を作らなくなる既存自動車メーカーがついに登場?

投稿日:2021/03/05 更新日:

EV専業宣言のジャガー。ただし「自社ではEVを製造せず、他社に製造を委託」

| 一部の「EV工場」が複数自動車メーカーの電気自動車を作る時代がやってくる |

ジャガー重役、ティエリー・ボロール氏によると、「我々は、社外に電気自動車のサプライヤーを求めている」。

これはちょっとびっくりな発言で、というのも先日ジャガーは「2025年以降、EVのみをラインアップする高級ブランドになる」とアナウンスしたため。

ジャガーはすでにピュアEV「I-PACE」を発売しており、てっきり自社にてEVを開発し、EVスペシャリストになるのだろうと考えていた矢先に今回の発言があり、「自社でEVを開発するつもりじゃなかったんかい」とツッコミたくなったというのが偽らざる心境です。

ジャガー・ヴィジョン・グランツーリスモSV
ジャガーが「2025年以降、高級EVブランドになる」と発表!どうなる既存ラインアップと今後の車種構成

この記事のもくじ1 | おそらくは思い切ったブランドシフトがなされるものと思われる |1.1 現在のジャガーのラインアップはこうなっている1.2 ジャガーはこういったEVも作っている1.3 合わせて読 ...

続きを見る

ジャガーの規模では「EVを自社開発するには負担が大きすぎる」

そして今回、ティエリー・ボロール氏が投資家向けに語った内容だと「年間販売台数10万台程度の我々にとって、新規にEVを開発するには、あまりに負担が大きい」。

すでに持っているI-PACEのプラットフォームを使用すればいいのではと思ったりしますが、おそらくこれは「コストが高く」、よってこのプラットフォームを使用すると車両価格が高くなってしまうのかもしれません。

よってジャガーは、たとえばフォックスコンのように「他社のために生産を(大量に)行うことでコストを下げることができる」EVサプライヤーからの供給を受ける方法を模索しているということになり、つまりジャガーはもう「自社で製造を行う自動車メーカーではなくなる」ということを意味します。

自動車産業は大きな変革を迎えようとしている

そして、自分で自動車を作らない自動車メーカーが(既存・新規に関わらず)登場するのは「今後のトレンド」になる可能性もあり、たとえばアップルもその一つ。

現在「提携(製造)先」を探していると報じられている通り、自社の考えた電気自動車を製造するためのパートナーを探しているということになりますが、多くの「IT関連企業」がここへなだれ込むものと思われ、たとえば最近だと中国の「シャオミ」も同様の動きを見せているということに。

つまり数年先の自動車業界では「企画」と「製造」が分離され、「企画」内容に応じた電気自動車を「工場」が生産することになりそうです。

これが現実になればジャガーとアップル、シャオミの電気自動車の製造元はみな同じで、それらの相違はジャガー、アップル、シャオミの企画=コンセプトの相違だけだということになり、となると「企画に優れる」会社が電気自動車業界の覇権を握ることになるのかも。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのメーター
ボクもそう思う。エヌビディアCEO「EV時代になれば、そのクルマの価値を決めるのはソフトウエアになるだろう」

この記事のもくじ1 | 将来的に、クルマはデジタルツールになってゆくだろう |1.1 エヌビディアは自動車業界と深いかかわりを持つ1.2 AIは人に置き換わるものではない2 将来、クルマの価値はソフト ...

続きを見る

次々と「廃版」となるクルマ、プラットフォームも出てきそうだ

そして今回の報道でもうひとつ思ったのは「ジャガーI-PACEは一代限りで終わりなのか・・・」ということ。

もちろん、工場を変えながら、その名を引き継いで生産を行うこともあるかとは思うものの、現在のプラットフォームを使用したI-PACEは現行モデル限りで終了となるのかもしれません(今後の新型車につき他社への製造委託を考えているのであれば、この1車種のみを自社で作るのは効率が悪い)。

ただ、これはジャガーだけではなくポルシェも同様で、現在「タイカン」に使用されるJ1プラットフォームも現行タイカンのみで終りとなる可能性が高く、その後は「アウディとポルシェとの共同開発」によるプラットフォーム(PPE)へと移行することになりそうです。

もちろんこのPPEにはJ1で得たノウハウが注ぎ込まれることにはなるものの、産業変革期ならではの「短命なモデルやパッケージング」が(世界中の自動車メーカーから)多数登場することになるのかもしれません。

そして現在のEV開発競争のスピードを鑑みるに、「納車された頃には旧世代」となるクルマも多々出てくる可能性もあり、EVの買い時はやはり難しい、とも思います。

big_2039452_201909241902440000001

ポルシェとアウディはEVにてタッグを強化。高級車向けプラットフォームを共同開発

| ポルシェとアウディはより親密な関係に | アウディとポルシェはかねてよりEVにおいて協調体制にありますが、今回新プラットフォームについての情報を公開。これは以前にも話題となった「プレミアム・プラッ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

次期ポルシェ・ボクスター/ケイマンは400馬力のEVへ?さらには次世代アウディTT、ランボルギーニ”ウラッコ”リバイバルモデルと車体共有のウワサ

この記事のもくじ1 | ランボルギーニ・ウラッコ復活のウワサははじめて聞いた |1.1 どんどん色々なウワサが出てくるぞ1.2 なんと話はランボルギーニにまで拡大1.3 こんな記事も読まれています | ...

続きを見る

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップと ...

続きを見る

エレクトリックカー第二章は「4モーター」がトレンドに?ポルシェが「すでに4モーターEVの開発を完了させつつある」とコメント。やっぱりまだまだEVには手を出せない

この記事のもくじ1 | EVはさらに、そして急速に進歩する可能性が高そう。普及初期に手を出すと痛い目にあいそうだ |1.1 4個のモーターは簡単に制御できない1.2 ポルシェのルーツはもともと「4モー ...

続きを見る

参照:Auto News

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5