>ランボルギーニ(Lamborghini)

北米にてランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(クーペ)にリコール届け出。エンジンフードの固定が熱で緩み、フードが外れる可能性。問題発生の可能性は「100%」

投稿日:2021/03/04 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

| 現時点では実際に問題や事故は発生しておらず、しかし内包される可能性は100% |

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National Highway Traffic Safety Administration)がランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに関するリコールを発表。

対象となるのは2018年~2021年モデル(製造は2018年6月4日~2021年1月15日)のアヴェンタドールSVJクーペのみで、該当する台数は221台、そして不良率はなんと「100%」だとされています。

問題の内容は「意図せずリアハッチが外れる」

今回のリコールにつき、問題の内容は「エンジンフードが外れる」とされており、原因はエンジンの発する熱。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのエンジンフードはダンパーによる開閉式ではなく、クイックリリースによる「着脱式」を採用しています。

そしてエンジンからの熱が想定を超えた場合、このクイックリリース周辺パーツが溶けて変形し、それによってエンジンフードの保持ができなくなり、最悪の場合は「エンジンフードが飛んでいってしまう」ことに。

L1090964

幸い、これまで実際にエンジンフードが開いたりエンジンフードが飛んでいったりした例は無いそうですが、ランボルギーニは今年1月にフランスの正規ディーラーよりこの可能性を指摘され、その後に調査を行い、今回のリコールとなったようですね。

対策としてはエンジンフードのクイックリリースに使用されるスクリュー(ねじ)を対策品に交換するということになり、北米では4月9日からユーザーに対する告知を行うとされています。

L1090970

ランボルギーニはもともとリコールの少ないメーカーではあるものの、そのリコールの多くが「熱」に関係しており、ここは「スーパーカーと普通のクルマとは根本的に異なる」と思い知らされる部分ですね。

ちょっと前にはフェラーリ812スーパーファストのリアガラスが「外れて飛んでゆく可能性」ありとしてリコールが行われていますが、これも非常に高い速度にて走行した場合にのみ発生する問題だと思われ、やはり「スーパーカーならでは」の事例なのかもしれません。

フェラーリ812スーパーファストのリアウインドウが飛んでゆくとしてリコール
フェラーリ812スーパーファストの「リアウインドウが外れる」問題にて日本でもリコール実施。ドイツでは実際に2件「リアウインドウが飛んでいった」例も

この記事のもくじ1 | 日本では該当するトラブルはゼロ、リコール対象は438台 |2 リコール対象となるフェラーリ812スーパーファストは438台2.1 意外と「何かが飛んでゆく」ことがある2.2 あ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニのリコール関連投稿

ランボルギーニ・ウルスにリコール
ランボルギーニ・ウルス、アウディA6/A7に「火災の可能性」でリコール!ミニは「エンジン停止」、ハスラーは「シートベルト」、ホンダは「エアバッグ」と一気にリコールが届け出に

この記事のもくじ1 | ランボルギーニはもともとリコールの少ないブランドだが |2 やっぱりまだまだ尾を引く「エアバッグ」問題2.1 ミニクーパー(ディーゼル)はタイミングチェーン破断の可能性2.2 ...

続きを見る

非常に珍しい、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリコール。燃料タンク内の蒸発ガス関連

かなり珍しい、ランボルギーニのリコール。 今回はアヴェンタドール(LP700-4、LP720-4、LP750-4)で、対象台数は569台。 全て形式はABA-47L539となり、シリアルはZHWEC1 ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJにリコール!サスアーム付近に問題がありフレーム要交換。幸い対象車両はすべて納車前

この記事のもくじ1 | 補修はけっこう大掛かりとなりそうだ |1.1 対象期間に製造されたアヴェンタドールSVJは100%対応が必要1.2 他にはこんなリコールも1.3 あわせて読みたい、関連投稿 | ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f