>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレを見てきた!装備や機能、デザイン等すべてが最高レベルのオープンモデル。あと1〜2年して中古が出てきたらぜひ狙いたい

投稿日:2021/03/15 更新日:

新型メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレを見てきた

| ジャーマンスリーの中古オープンモデルは非常に狙い目 |

さて、メルセデスミー大阪にて、メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ(E200カブリオレスポーツ/871万円)を見てきたので紹介したいと思います。

外装色はパタゴニアレッド、ソフトトップのカラーはブラック、インテリアカラーもブラック。

オプションとしてはレザーパッケージそしてメタリックペイントが付与されているのみという、比較的シンプルな仕様です。

なお、新型Cクラスにはカブリオレが設定されないと言われるので、このEクラス・カブリオレは「メルセデス・ベンツにおけるもっとも安価なオープンモデル」ということになりそうですね。

L1310536

新型メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ発表!快適性と高級さにこだわり、「身長を入力すればシートが自動変形」

この記事のもくじ1 | ラグジュアリーとスポーツとが同居した、類まれなるオープンカー」1.1 その顔はAMG GT 4ドアクーペ風1.2 新型メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレのインテリアはこうな ...

続きを見る

メルセデス・ベンツE200カブリオレスポーツのエクステリアはこうなっている

新型Eクラス・カブリオレには「E200カブリオレスポーツ」「E300カブリオレスポーツ(956万円)」「E450 4MATICカブリオレスポーツ(1226万円)」「E53 4MATIC+カブリオレ(1364万円)」が存在しますが、このE200カブリオレスポーツはもっともベーシックなグレードということに。

L1310529

全長は4,845mm、全幅1,860mm、全高1,430mmというボディサイズを持ち、搭載されるエンジンは1.5リッター直4ターボ(もはやそんなことを言う時代ではないということも理解しているが、Eクラスに1.5リッターというのはやはり驚き)、48Vエレクトリックシステム+BSG、出力は184PSというスペックです。

トランスミッションは9G-TRONIC、駆動輪は後輪のみ。

L1310517

全体的にはメルセデス・ベンツの推し進めるデザイン言語である「官能的純粋」を用いており、段差やプレスライン、継ぎ目を最小限に。

Sクラス、Cクラスに比較すると全体的に丸みを帯び、張りがあるボディ表面を持つように思われます。

L1310528

フロントグリルはおなじみ台形、そしてグリルフレームは「Sports」グレードなのでブラック(カブリオレにはSportsグレードしか設定されていない)。

グリルインナーはダイヤモンドパターンです。

L1310501

ホイールはおなじみエアロ形状。

L1310513

ソフトトップは静粛性に優れる「アコースティックソフトトップ」(トノカバーに隠れていて見えない)。

ブラックの他、ダークレッド、ダークブルー、ブラウンを選択可能。

L1310547

テールランプは最新のメルセデス・ベンツの特徴でもある横長2ピースですが、セダンとは異なり、左右端の天地(上下幅)が同じデザイン。

発光パターンはこれも最新の「ブロック」です。

L1310530

メルセデス・ベンツE200カブリオレスポーツのインテリアはこうなっている

このメルセデス・ベンツE200カブリオレスポーツの内装は「ブラックレザー(ナッパレザー)+グレーステッチ。

非常にシックな印象ですね。

L1310593

ステアリングホイールは最新デザインの「左右4スポーク」で、スポーク部にはハイグロスブラックとシルバーシャドーが用いられ、高級感を漂わせていますね。

L1310577

スポークの表面積が大きくなったことで配置できるスイッチ類が増え、ステアリングホイールから手を離さずに操作できる範囲が拡大しているほか、ステアリングホイールのトップ部にはハンズオンを検知するセンサーが内蔵されています。

L1310579

おなじみMBUXには「ARナビ」が装備され、メーターは12.3インチのフル液晶。

L1310596

シート形状は「スポーツ」。

パッケージオプションにて、内蔵のセラミックヒーターで熱した温風にて首元を暖めてくれる「エアスカーフ」を装着しています(E450、E53に標準装備)。

L1310574

おなじくパッケージオプションにて装着されるエアキャップ(ウインドウフレーム上部がスポイラーのように起き上がる)。

L1310521

フロントウインドウ上部のデフレクターにて風を上に跳ね上げ、さらに後席後方のドラフトストップにて風の巻き込みを防いで快適な空間を演出します。

L1310580

ドライブモードは「ダイナミックセレクト」により、「Comfort」、「ECO」、「Sport」、「Sport+」を選択可能。

エンジン、トランスミッション、ステアリングアシストのパラメーターが変化します。

L1310569

ブルメスターオーディオシステムもパッケージオプション品。

L1310586

標準装備だとアンビエントライト(64色)&イルミネーテッドエアアウトレット、オートマティックベルトフィーダー(イグニッションONにて、シートベルトがせり出してくる)、イージーエントリー(ドアオープンでシートとステアリングホイールが自動にて移動)といったあたりです。

L1310568

このほか、「アクシデント(事故)フリー」を目指した”インテリジェントドライブ”も搭載されており、これはドライブアウェイアシスト(誤発進防止機能)、アクティブブレーキアシスト、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック&アクティブステアリングアシスト、アクティブレーンチェンジングアシスト、アクティブエマージェンシーストップアシスト、緊急回避補助システム、渋滞時緊急ブレーキ機能、PRE-SAFEサウンド、アクティブブラインドスポットアシスト、トラフィックサインアシスト等が含まれるもの。

L1310550

全体的な装備内容、質感やデザイン等非常に高いレベルにあり、あと1〜2年して市場に中古車が出てきたら狙ってみたいと思います。

このほかの画像はFacebookのアルバム「メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ」に保存中。

新型メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレを見てきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、メルセデス・ベンツEクラス関連投稿

メルセデス・ベンツ
新型メルセデス・ベンツ Eクラスを見てきた!新型ステアリングホイールはなかなか良さそうだ

| 相変わらずメルセデス・ベンツは凄まじい人気 | さて、メルセデスミー大阪へ新型Eクラス・ステーションワゴンへ見に行ってきました。展示されているのはメルセデスAMG E53 4MATIC+ステーショ ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツEクラス クーペを見てきた!メルセデスならではの伝統+最新デザインを持つ流麗な一台

この記事のもくじ1 | やはりメルセデス・ベンツはクーペを作らせるとピカイチだ |1.1 新型メルセデス・ベンツEクラスクーペはこんなクルマ1.2 こんな記事も読まれています | やはりメルセデス・ベ ...

続きを見る

【動画】メルセデス・ベンツが新型Eクラスに搭載される”新世代”ステアリングホイールの機能を公開!グリップにもセンサー内蔵、スイッチはすべてセンサー式

この記事のもくじ1 | メーターの次は”ステアリングホイールが進化”する |1.1 ステアリングホイールにはセンサー内蔵1.2 新型ステアリングホイールの構造はこうなっている1.3 車両の操作方法は進 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5