>ミニ(MINI)

ミニが3月17日に重大発表を行うとの報道。「最後のガソリンエンジン搭載ミニは2025年発売、2030年には完全エレクトリックブランドへ移行」か

投稿日:2021/03/16 更新日:

ミニクーパー

| 思ったよりも早くやってきそうなエレクトリック化の波に乗る? |

さて、様々な方向性を検討していると伝えられるミニですが、最新の報道によると、なんと「2030年以降はピュアエレクトリックカーのみを販売するブランドへと移行する」とのこと。

これはジャガーと同じ方針ということになり、欧州においては、ぼくらが思うよりも「エレクトリック化」の速度が速く進行しているのかもしれませんね。※ただしジャガーは一足早く、2025年にはトランスフォームを行う

欧州ではEV販売が増加中

なお、欧州において、2020年のEV販売台数は2019年比でおよそ2倍以上に成長。

この理由としては、これまで「テスラが主な選択肢だった」中にフォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェ、メルセデス・ベンツ等のニューモデルが相次ぎ投入されたためで、つまりは「選択肢が増加した」ためだと分析されています。

EVを購入しようと考えていても、テスラもしくは日産リーフくらいしか選択肢がないんじゃちょっとなあ、と思っているところにドドっと新型EVが投入され、そういったニューカマーに多くの人が飛びついたということになりますが、現時点でもまだまだEVの選択肢が少ないため、「投入すればするだけ売れる」可能性が高いのかもしれません。

テスラ・モデル3
2020年の欧州EV市場において「テスラのシェアが1位から3位に下落、4位に転落寸前」。どうしてこうなったのか、そしてシェア回復策はあるのかを考える

この記事のもくじ1 | 短期的に見るとテスラはシェアを失い続けるだろう |1.1 テスラは欧州市場でシェアを失い続ける?2 今後どうなるテスラの販売?3 世界のEV販売状況はどう動く?3.1 テスラは ...

続きを見る

ただ、よく売れているEVを見ると、ガソリン車同様に「普及価格帯」が多く、メルセデスEQCのようにあまり売れてないEVも存在するようです。

こういった状況を見るにつけ、BMWとしても「いち早くミニをEVブランドへと転化させ、この波に乗り遅れまい」と考えたのだと思われ、早ければ3月17日にもBMWグループのCEO、オリバー・ツィプセ氏からなんらかの発表があるのではと言われている模様。※BMWブランドだと、売れ筋の価格帯に値段を合わせることは難しい

ガソリン世代最後のミニは2025年に登場

なお、報道によると、2030年以降にはエレクトリックブランドへと移行するということに加え、「ガソリン世代最後のミニは2025年に登場」「2027年には販売の半数をエレクトリック化」という情報も。

これはいささかショッキングな話であり、つまり2025年以降、ガソリンエンジンを搭載する新型ミニは登場しないということになって、2025年に登場したガソリエンジン搭載のミニも「2030年には販売が終了される」ということを意味しています。

そして、「5年しかライフがない」クルマをわざわざ新規開発するとも思えず、となると2025年に登場するミニは、現行モデルのいずれかの「バリエーション展開」もしくはフェイスリフトモデルと捉えるのが妥当。

現時点では現行ミニのフルモデルチェンジの噂はなく、となると現行ミニはこのまま2030年まで引っ張られ(そのうちいくつかは途中で消滅すると思われる)、2025年に最後のフェイスリフトを迎えてそのまま終了となるのかもしれません。

ちなみにBMWのガソリン車は、ここ最近のフェイスリフトにおいてもエンジンスペックが向上しておらず、つまりは「もうガソリン車にお金をかけるつもりはない」という姿勢も見ることができます。

ミニは英国のEU離脱と資金節約のため「現行モデルを延命」することに決定。現行ミニはあと数年生きながらえることに

この記事のもくじ1 | さらに「エレクトリックかそうでないか」方向性を決めかねていると思われる |1.1 現行ミニは登場からすでに7年1.2 ミニの今後はまさに不透明 | さらに「エレクトリックかそう ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

ジャガーI-PACE
ジャガー・ランドローバーが大幅方向転換!ジャガーは次期XJ開発を中止し、次期ディスカバリー、レンジローバー・イヴォークは全車電動化。高級ブランド「ロードローバー」もお蔵入り

この記事のもくじ1 | これまでかけたコストを「捨てて」まで方向転換を図るとは、ジャガー・ランドローバーは相当に思い切るようだ |1.1 将来的にプラットフォームは2つのみ1.2 ジャガーはそのライン ...

続きを見る

ミニに新情報。「現行クロスオーバーの上に高級SUV追加」「”トラベラー”復活」「小型エレクトリックSUV発売」「ロケットマン市販」、そして2年以内にハッチバックはハイブリッド化

この記事のもくじ1 | ミニはまだまだ右往左往 |1.1 ミニはなかなか方向性が安定しない1.2 ミニは当面クロスオーバーに集中?1.2.1 小型SUVはロケットマン、次期 BMW i3とプラットフォ ...

続きを見る

ミニ・ジョンクーパーワークス・エレクトリック
ミニが"エレクトリック版JCW"の開発を認め公式動画を公開!「次世代においてもJCWは重要な役割を果たす」

この記事のもくじ1 | はたしてミニはどこまでその楽しさを”エレクトリックJCWにて”実現できるのか |2 ミニはやはり様々な可能性を模索中2.1 EV時代の方が「競争が厳しくなる」3 エレクトリック ...

続きを見る

参照: Automotive News Europe

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f