>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがF1セーフティカーと同スペックの最強ヴァンテージ「F1エディション」発表!出力向上にダウンフォースと足回り強化、内装も特別仕様

投稿日:

アストンマーティンがF1セーフティカーと同スペックの最強ヴァンテージ「F1エディション」発表

| ヴァンテージ F1エディションの納車は5月から、とくに限定台数には言及されていないようだ |

さて、アストンマーティンが予告通り「ヴァンテージのハードコアモデル」を発表。

これは事前に予想されたのと同様に、F1セーフティカーの市販モデルという位置づけで、その名もズバリF1復帰を記念する「ヴァンテージ F1エディション」。

そしてセーフティカーと同じくベーングリルとフロントスポイラーとカナード、リアウイングを持ち、さらには25HPアップとなる528HP版の4リッターV8エンジンを搭載しています。

F1セーフティカー仕様のアストンマーティンヴァンテージ、メディカルカー仕様のDBXが公開
24年ぶりにF1ペースカーへメルセデス以外のブランドが採用!アストンマーティンがカスタム仕様のヴァンテージ、メディカルカー仕様のDBXを公開

この記事のもくじ1 | F1ペースカー仕様のヴァンテージは「ダウンフォース+60kg、出力+25kg」 |1.1 ”F1セーフティカー”ヴァンテージは「特別仕様」1.2 F1のペースカーは24年間、メ ...

続きを見る

aston-martin-vantage-f1-edition (9)

アストンマーティン・ヴァンテージ F1エディションには特別装備が満載

このヴァンテージ F1エディションにつき、エアロパーツとエンジンのほかにもいくつかの特別装備が与えられ、まずトランスミッション(8速AT)にも変更が加えられて変速スピードが向上。

aston-martin-vantage-f1-edition (5)

さらにホイールは「ヴァンテージではじめて」21インチを装着しており、シャシーの補強とともにダンパーやスプリングにも専用品が与えられることで「よりシャープなハンドリングを実現」しているとのこと。

aston-martin-vantage-f1-edition (4)

なお、エアロパーツの恩恵にて最高速発生時のダウンフォースは200kgにも達しており、まさに「特別なヴァンテージ」だと言えそうです。

aston-martin-vantage-f1-edition (1)

ボディカラーは3色、仕上げは2パターン

そしてこのアストンマーティン・ヴァンテージ F1エディションのボディカラーはF1マシンやセーフティカーと同じ「アストンマーティン・レーシンググリーン」のほか、ルナホワイトとジェットブラックを選択可能。

aston-martin-vantage-f1-edition (2)

加えて、これら3色ともに「グロス(光沢)」「マット(つや消し)」が選択可能。

なお、いずれの場合もソリッド・マット・ダークグレーのグラフィックが入ります。

aston-martin-vantage-f1-edition (3)

ヴァンテージ F1エディションのインテリアはこうなっている

そしてこちらはヴァンテージ F1エディションのインテリア。

レザーやアルカンターラが用意され、様々なコンビネーションを選べるようですね。

aston-martin-vantage-f1-edition (8)

こちらは「ライム・エッセンス」のアクセント入り。

aston-martin-vantage-f1-edition (7)

ボディ形状は「クーペ」と「ロードスター」

そしてこのヴァンテージ F1エディションは「クーペ」そして「ロードスター」両方が用意され、イギリス本国ではクーペが142,000£、ロードスターは162,000£に設定され、5月から納車が開始される、とのこと。

aston-martin-vantage-f1-edition (6)

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン・ヴァンキッシュ
アストンマーティンが方針転換!「2025年にはすべて電動化」「2030年にはガソリン車廃止」「2030年の販売構成はピュアEVが50%、スポーツHVが45%、サーキット専用モデル5%」

この記事のもくじ1 | アストンマーティンは新体制への移行とともに計画を大きくシフト |1.1 2025年以降、アストンマーティンのクルマはすべてエレクトリック化1.2 セグメントごとの構成はこうなる ...

続きを見る

アストンマーティン・ラゴンダ
アストンマーティンが「ラゴンダ」計画の正式終了を発表!今後アストンはAMGとの協業のもと、「高級かつスポーツ」路線を歩むようだ

この記事のもくじ1 | ラゴンダは将来に向け非常に期待されたブランドだったが |1.1 アストンマーティンは「スポーツカー」に集中?1.2 「ラゴンダ」はこういったブランドになるはずだった1.3 アス ...

続きを見る

世界に1台のみが存在する、「フロントバンパーが全部グリル」なアストンマーティンDBS GTザガート
【動画】はじめて見た!これが世界に1台のみが存在する、「フロントバンパーが全部グリル」なアストンマーティンDBS GTザガートだ

この記事のもくじ1 | まさかこのクルマの売り物が出てくるとは |1.1 このDBS GTザガートは「ワンオフモデル」1.2 「ワンオフ」のアストンマーティンDBS GTザガートを収めた動画はこちら1 ...

続きを見る

参照:AstonMartin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5