>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >シトロエン/DS(CITROEN/DS) ■自動車各社業績/ランキング等 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >ポルシェ(Porsche) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ランボルギーニ(Lamborghini) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

2021年3月の国内輸入車販売はアメリカ勢躍進!ジープの好調に加えキャデラック、ダッジ、シボレーは前年比約2倍の台数が売れる

投稿日:

ジープ・ラングラー

| 現在の息苦しい世の中にてアメリカの開放感や明るさが支持された?|

さて、日本自動車輸入組合が2021年3月の輸入車登録台数を公開。

まず全体としては前年比103.0%の31,411台。

いずれのブランドもこれまでと比較して大きく伸びたり縮んだりという動きはないものの(おおよそこれまでのトレンドに準じている)、今月はBMWがフォルクスワーゲンを逆転して2位に浮上しています。

1位のメルセデス・ベンツに対してはまだまだ開きがあるものの、時間をかければ追いつけないレベルではなく、ここからの猛追に期待したいところですね。

なぜかアメリカンブランドが伸びる

なお、今月目立ったのはアメリカンブランドの好調さ。

ジープ(前年比136.0%)はこれまで通りですが、キャデラック(183.6%)、ダッジ(194.3%)、フォード(126.7%)、シボレー(200.0%)といったブランドも好調であり、しかもご存知のようにダッジ、フォードはすでに撤退済みという状況です。

この「アメリカンブランドの伸び」について理由は定かではないものの、ドイツをはじめとする欧州車にはないおおらかさ、人生を楽しむといったスタンス、そして開放感が今の世の中において求められたのかもしれません。

2021年3月の輸入車登録状況はこうなっている

順位(累計)ブランド当月販売台数昨年同期比今年の累計昨年同期比
1メルセデス・ベンツ6,35791.8%13,94790.6%
2BMW4,78099.9%9,874107.3%
3フォルクスワーゲン3,57867.4%7,66263.7%
4アウディ2,853123.9%6,262110.8%
5MINI2,527110.1%5,413113.5%
6ボルボ2,039109.4%4,44798.1%
7ジープ1,925136.0%3,970120.4%
8プジョー1,915151.3%3,916147.3%
9ポルシェ795105.3%2,037101.2%
10ルノー1,078115.7%2,207117.7%
11フィアット73991.9%1,580105.8%
12シトロエン954 170.4%1,279151.0%
13ランドローバー688118.6%1,21998.5%
14アバルト344107.8%688107.1%
15アルファロメオ338153.6%634143.8%
16ジャガー15569.2%26661.0%
17フェラーリ10892.3%26887.0%
18マセラティ12594.7%246111.3%
19DS114146.2%232122.8%
20ランボルギーニ63108.6%16275.7%
21キャデラック112183.6%185115.6%
22ベントレー49116.7%123124.2%
23フォード38126.7%104118.2%
24ダッジ68194.3%150166.7%
25ロータス39121.9%75110.3%
26マクラーレン17113.3%4572.6%
27スマート021.8%
28アストンマーティン60250.0%137221.0%
29ロールスロイス33206.3%64128.0%
30シボレー44200.0%102175.9%
31アルピナ38165.2%75110.3%
32ヒュンダイ0685.7%
33ブガッティ02200.0%
累計31,411103.0%68,56399.5%

合わせて読みたい、関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニの1台あたり売上高は平均で2813万円(利益は推測値で1000万円/台)!なお今年9ヶ月分の生産枠がすでに埋まっているそうだ

この記事のもくじ1 | コロナ後の「リベンジ消費」に期待 |2 ランボルギーニの1台あたり平均売上高は2813万円2.1 ランボルギーニは「ウルス」がなければ危なかった2.2 ランボルギーニの地域別販 ...

続きを見る

テスラ・モデル3
テスラが「2021年第1四半期は過去最高だった」と発表。なおモデルSとモデルXは新型へ切り替えのため生産ゼロ、にもかかわらず全世界で18万4000台をデリバリー

さて、国内外の自動車メーカーが続々直近の生産や販売台数を公表していますが、今回テスラが「デリバリーが過去最高になった」と発表。モデルY、モデル3、モデルS、モデルXすべてを合計した全世界での販売台数は ...

続きを見る

シボレー・コルベット
シボレー・コルベットはそのスピードだけではなく在庫の回転も速かった!SUVとトラックしか売れない米にて、2ヶ月連続で「すぐに在庫がなくなるクルマ」トップに君臨

この記事のもくじ1 | 「もっとも在庫回転のいいクルマ」トップ20にて、トラックとSUV以外でランクインしているのはコルベットとレクサスISのみ |1.1 C8コルベットは生産が追いついていないと言わ ...

続きを見る

参照:日本自動車輸入組合

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f