>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について

関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた!!本気で欲しいがすでに2021年モデルは完売済み

投稿日:

関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた

| ディフェンダーはかなり大きなクルマであるにもかかわらず、多くの注文を獲得しているようだ |

さて、ランドローバー・ディフェンダー90(ナインティ)を見てきたので紹介してみたいと思います。

現在、ディフェンダーのボディ形状には3ドアショートボディの90、そして5ドアの110(ワンテン)とが存在し、後にロングボディも追加されると言われていますね。

このディフェンダー90について、本来の予定であればもうちょっと早く導入される予定だったものの、先に発売されたディフェンダー110の人気があまりに高く、まずはそちらの生産を優先するために90の導入が遅れ、この時期にまでずれこんだとも言われます。

ランドローバー・ディフェンダー90のスペックはこうなっている

ディフェンダー90の全長は4,510ミリ、全幅1,990ミリ、全高1,970(エアサスペンション)〜1,975ミリ(コイルオーバーサスペンション)、車体重量は2,090(コイルオーバーサスペンション)〜2,100kg。

全長が短くなったといえどやはり大きいことにかわりはなく、しかし最小回転半径は5.3メートルなのでまだ許容範囲かもしれません。

L1310734

搭載されるエンジンは2リッターターボ/4気筒、出力は300馬力、トランスミッションはAT,駆動方式はもちろん4WDです。

最低地上高は216ミリ〜225ミリ、アプローチアングルは30.1度〜30.0度、デパーチャーアングルは37.6度〜37.9度、ブレイクオーバーアングルは24.2度〜25.0度(いずれもコイルオーバーサスペンションのほうが、エアサスペンションよりも大きい)、最大渡河水深は900ミリ(コイルオーバーサスペンション)〜850ミリ(エアサスペンション)。

L1310730

ランドローバー・ディフェンダー90はこんなクルマ

そして展示されているランドローバー・ディフェンダー90ですが、画像を見て分かる通り大人気。

まさに老若男女が興味を示しており、「ジープが世界で二番目に売れているのは日本」というだけあってオフローダーに対する関心が非常に高いようですね。

スパイフォトが出回った際には「チョロQのようだ」と言われましたが、まさにチョロQ的なルックスです。

ディフェンダー110とは異なり、フロント〜サイド〜リアウインドウが途切れること無く連続して見えるデザインを採用しており、そのぶんディフェンダー90のほうが未来的にも感じられますね。

L1310743

ジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本
え?そうなの?なんとジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本!ジープの国内販売台数がこの10年で13倍に増加した謎に迫る

この記事のもくじ1 | むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ |1.1 なぜ日本でジープは売れるのか2 なぜ今、アウトドアブームなのか?2.1 かつては大人と子供との間に「境界」 ...

続きを見る

展示にあたってはオフロードケイパビリティを示すためにギャップを設けることに。

L1310745

こちらの展示車には「アーバンパック」が装着され、ブライトリアスカッフプレート、スペアホイールカバー、フロントアンダーシールドが装着済み。

L1310752

「エクスプローラーパック」装着車も展示中

もう一台の展示車には「エクスプローラーパック」が装着され、エクステリアサイドマウントギアキャリア、エクスペディションルーフラック、レイズドエアインテーク、スペアホイールカバー、ブライトリアスカッフプレート、フロント&リアマッドフラップ、ホイールアーチプロテクション、ボンネットデカールが装着済み。

L1310770

レイズドエアインテーク(シュノーケル)はなかなかにワイルド。

ちょっとしたあこがれの装備です。

L1310772

ボンネットには「実際に踏める」プレート。

L1310761

ホイールアーチプロテクションもいい感じにワイルドですね。

L1310728

ディフェンダー90を購入するのであれば、このエクスプローラーパックはぜひ装備したいところだと思います。

L1310760

テールランプが「コンビ」でないのは、いずれか一つが機能しなくなっても、パーツ単位で修理したり交換が可能なようにとの配慮です。

L1310737

なお、実際に乗り込んでみて改めて気づいたのは、やはりシート位置の高さ。

悪路走破性を重視して最低地上高を上げていること、視界を考慮してヒップポジションの位置が高いことに起因し、シートの位置がけっこう高くなっています。

よって、子どもや女性だとちょっと乗り降りが不便だと感じる場面もあるかと思われ、オプションのサイドステップ(ランディングボード)を装着したほうが良さそうですね。

L1310729

インテリアに関してはディフェンダー110とは相違がなく、リベットを強調した無骨な、そして防水性や、グローブし着用時でも問題なく操作できるように配慮された機能的な仕上げを持っています。

L1310759

ディフェンダーの内装については、(ディフェンダー110ですが)Facebookのアルバム「Land Rover Defender」、もしくは下記のリンクを参照していただければと思います。

なお、ディフェンダー90の画像も別途Facebookのアルバム「ディフェンダー90」に保存中。

ランドローバー・ディフェンダー
新型ランドローバー・ディフェンダーの展示会へ!コイツは腕時計に例えるならハイエンドモデルのG-SHOCKだ

この記事のもくじ1 | 正直、ここまでの完成度とこだわりを持っているとは思わなかった |1.1 展示車には141万円相当のオプションが追加1.2 新型ディフェンダーのインテリアはこうなっている | 正 ...

続きを見る

ディフェンダー90の2021年モデルはすでに完売

なお、ディーラーてに話を聞いたところでは、ディフェンダー90の2021年モデルはすでに完売済み。

よって今から注文しても2022年モデルとなり、早くとも納車は年末とのこと。

5ドア版のディフェンダー110のほうも非常によく売れており、あまりの納期の長さのため、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが「納車までに別のクルマに乗れるプラン」を用意しているほどなので、このディフェンダー90もここから納期がさらに伸びてゆくのかもしれません。

L1310732

相当に大きな車であり、保管場所、そして出先での駐車場所にもそれなりに苦労することになるかと思いますが、それをハードルだと感じさせないだけの魅力があり、実際にたくさんの人がオーダーを入れているということになりますね。

L1310727

ランドローバー・ディフェンダー
新型ディフェンダーが日本市場で「売れすぎ」。受注が止まらず納車待ちが長くなり、納車までにもう一台のランドローバーを持ってもらう「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」が登場

この記事のもくじ1 | 新型ディフェンダーはメルセデス・ベンツGクラス同様に「セレブ御用達車」の仲間入りか |2 文字通り、新型ランドローバー・ディフェンダーは「飛ぶように」売れている2.1 もちろん ...

続きを見る

新型ランドローバー・ディフェンダー90を見てきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、ランドローバー・ディフェンダー関連投稿

新型ランドローバー・ディフェンダーの受注が開始!3ドアの「90」は499万円~、5ドアの「110」は589万円~

この記事のもくじ1 | ベースグレードは思ったよりも安かったが、オプションをつけるとあっという間に価格が跳ね上がる |1.1 通常モデルは2つのボディタイプ1.1.1 新型ディフェンダーの価格はこうな ...

続きを見る

新型ランドローバー・ディフェンダーに試乗!オンとオフ、ギア感と高級感、新と旧など「相反する要素」を巧みにブレンドした類稀なるSUVだった!!

この記事のもくじ1 | 正直、ここまでの出来だとは思わなかった |1.1 ランドローバー・ディフェンダーはこんなクルマ1.1.1 そのエクステリアは「まんまディフェンダー」1.1.2 インテリアも「ヘ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f