>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニのカスタムプログラム「アドペルソナム」について知られていないこと5つ!地域別の嗜好やダイヤモンドダストペイントも可能etc.

投稿日:2021/04/13 更新日:

ランボルギーニのカスタムプログラム「アドペルソナム」について知られていないこと5つ

| アドペルソナムには、まだまだ一般に知られていないことがある |

さて、ランボルギーニはパーソナリゼーション部門「アドペルソナム」を持っており、ここでは通常オプションの幅を超えてクルマをカスタムすることが可能です。

色・素材、加工や仕上げなどまさに無限のカスタムが可能であり、とくに日本ではカスタム志向が強いためか、このアドペルソナムの利用率が他の地域や国に比較し、ずば抜けて高いとも言われます(80%くらいだとされている)。

なお、先日発表された日本限定のアヴェンタドールS、「ジャパン・リミテッド・エディション」もこのアドペルソナムによって特別に仕上げられたものですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールS最終限定モデル、「アヴェンタドール Japan Limited Edition」
ランボルギーニ・アヴェンタドールSが2021年に生産終了!最終限定モデルとして7台のみの「アヴェンタドール Japan Limited Edition」が発売

この記事のもくじ1 | 7台それぞれのアヴェンタドール Japan Limited Editionは固有の仕様を持つ |1.1 スペックは通常のアヴェンタドールS同様1.2 アヴェンタドール Japa ...

続きを見る

アドペルソナムでは348ものカスタムカラーを提供してきた

そして今回、ランボルギーニが「アドペルソナムについて、あまり知られていない5つのこと」を公開しており、まず1つ目は「カラーの多様性」。

現在348ものカラーを作ってきたという記録があるそうですが、もちろん「自分だけ」のカラーを調合してもらうことも可能であり、そうなるとこの「348」が「349」に増えることになるのだと思われます。

過去には「バルーンホワイト」のように、日本人がオーダーカラーとして注文したものがラインアップに加わることもあり、日々この数字は増えているのでしょうね。

ちなみにカスタムカラー比率が最も高いのはアメリカの20%、そして次にアジア太平洋、次いでEMEA(欧州・中東・アフリカ)。

カスタムされたランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ブルーのランボルギーニ・ウラカン
かつて日本人からの注文によってランボルギーニが「正式に」ラインアップに加えたバルーンホワイト!そのカラーを身にまとうウラカンEVO RWD

この記事のもくじ1 | このボディカラーは非常に珍しい |1.1 ランボルギーニのボディカラーの大半はギリシア神話に基づく1.2 バルーン・ホワイトは日本人の考案によるカラーだとされている1.3 合わ ...

続きを見る

そして「カラー」だけではなく、様々なペイント手法にも対応でき、ヨウジヤマモトとのコラボレーションによる「アヴェンタドールS ドレスド バイ ヨウジヤマモト」ももちろんアドペルソナムによる作品です。

ランボルギーニ・アヴェンタドール・ドレスド・バイ・ヨウジヤマモト
ランボルギーニとヨウジヤマモトとのコラボ仕様!「アヴェンタドールS ドレスド バイ ヨウジヤマモト」を見てきた!

この記事のもくじ1 | アヴェンタドール・ヤマモトは想像していたよりもずっと「芸術作品」だった |2 ランボルギーニ・アヴェンタドール・ドレスド・バイ・ヨウジ・ヤマモトはこんなクルマ2.1 思ったより ...

続きを見る

ダイヤモンドダストペイントにも対応

アドペルソナムでは、ダイヤモンドダスト形状を持つパウダーを混ぜた「ダイヤモンドコーティング」が可能とのこと。

これによって「光の当たり具合によって虹色の輝きを放ち、ランボルギーニを真の宝石へと昇華させる」とのことですが、その価格がどれほどのものか気になりますね。

582709

どのような刺繍にも対応

なお、ランボルギーニでは熟練した職人によっていかようにも刺繍が可能だといい、これまでには「木の枝や桃の花、(顧客の)ペットの肖像画、モナリザ、(ランボルギーニのエンブレムである)雄牛を使ったストリートアート風のデザイン、現代アート風のスプラッシュエフェクト、都市のシルエットなど。

582708

「ザ・ラウンジ東京」にて展示されたアヴェンタドールSロードスターのシート、そしてリアバルクヘッドには「扇子」「ランボルギーニ本社のあるイタリアの町並み」が刺繍されている、とアナウンスされています。

2

地域ごとに人気カラーが異なる

なお、顧客の住む地域ごとに様々な特徴があり、アジア太平洋地域では、圧倒的に人気なのがロッソ・エフェスト、EMEAではヴェルデ・アルセオ、そしてアメリカではブルー・ケフェウス。

なお、以前にはブガッティも「地域によって顧客の嗜好が異なる」とコメントしています。

ブルーのランボルギーニ・ウラカン

ブガッティが顧客によってカスタムされたディーヴォ4台を公開!「仕様を決めるだけで1年」「アジア人は斬新な色を好む」「子供の足跡を入れてほしいという人も」

この記事のもくじ1 | ブガッティはほか自動車メーカーとは全く異なるところにリソースを割いていそうだ |1.1 ブガッティ・ディーヴォのオーナーは「ブガッティ本社にて仕様を決める」1.2 ディーヴォの ...

続きを見る

現在、アドペルソナムには5つの「カラー・ファミリー」がある

そして現在、アドペルソナムには5つの分類があり、これはランボルギーニのデザインセンター、「チェントロ・スティーレ」と心理学の専門家が、研究の結果にに基づいて顧客の嗜好を分類し、さらにアド・ペルソナムチームが科学的アプローチを用いて構築したもの。

これによってそれぞれのカラー・ファミリーには異なる文化的背景、嗜好、個性などが内包されています。

SPORTIVA

まずSPORTIVAでは、大胆な個性と若々しい精神を持ち、時代を超えた伝統の推進者として認められることを好むすべての人向け。

現代のランボルギーニのイメージカラーニ用いられる外板色の多く(Giallo Belenus、Arancio Xanto、Verde Selvans、Viola Pasifaeなど)がここに属するようですね。

CONTEMPORANEA

CONTEMPORANEAは「インフォーマルでミニマルなラグジュアリー」。

Rosso Efesto、Blu Aegir、Balloon Whiteなど8つのカラーで構成され、エレガントで洗練されたスタイルとテクノロジーのが融合が特徴です。

L1270847

ECLETTICA

ECLETTICAが表現するのは「新鮮さ、革新性、そして華やかさ」。

Blu Cepheus、Oro Elios、Viola Bastが含まれます。

CLASSICA

CLASSICAは、その名の通り過去のランボルギーニを象徴するカラーで構成され、「スーパースポーツカーの世界に革命を起こし、その伝統に縛られたイタリアの卓越性の起源に敬意を表した」シリーズ。

Verde Scandal、Amaranto、Arancio、Blu Notteが含まれます。

TECNICA

最後のTECNICAにはBlu Grifo、Nero Nemesis、Giallo Telemacoといったカラーが含まれ、「最先端のテクノロジーと新素材・新色」といった定義となっています。

582711_v2

合わせて読みたい、カスタムされたランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに限定モデル「Xagoエディション」追加!”土星のヘキサゴン”をモチーフにした神秘的なデザイン

この記事のもくじ1 | デザインを行ったのはランボルギーニのパーソナリゼーション部門”アドペルソナム” |1.1 「アドペルソナム」では無限のカスタムが可能1.2 アヴェンタドールSVJロードスター「 ...

続きを見る

カスタムされたランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニも公式カスタムを公開!アドペルソナムにて仕上げられた「ブルー・ウラヌス・マット」のウラカンEVO RWD

この記事のもくじ1 | いくらくらいコストがかかるのか、ちょっと気になる |1.1 それはランボルギーニとて例外ではない1.2 なぜスーパーカーメーカーはカスタムに力を入れるのか1.3 新しく公開され ...

続きを見る

ランボルギーニがワンオフ仕様のアヴェンタドールSVJロードスターを公開
ランボルギーニがワンオフ仕様のアヴェンタドールSVJロードスターを公開!ボディカラーはマットブルー、アクセントはブラックとオレンジ

この記事のもくじ1 | アヴェンタドールSVJロードスターのインテリアも外装とシンクロした仕様へ |1.1 ボディカラーはマット仕上げのBlu Aegeus1.2 アヴェンタドールSVJロードスター「 ...

続きを見る

参照:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f