>ベントレー(Bentley)

前所有者はエリザベス女王!英国にて美しいグリーンのベントレー・ミュルザンヌが売りに出される

投稿日:2021/04/29 更新日:

ベントレー・ミュルザンヌ

| 残念ながら価格は非表示、いったいどれくらいの販売価格なのか気になる |

さて、エリザベス女王が所有していたというベントレー・ミュルザンヌが中古市場に登場。

このミュルザンヌは全く同じ仕様が2台オーダーされ、一台はバッキンガム宮殿に、もう一台はウィンザーにある自宅に置かれていたとのこと。

このミュルザンヌが「どちら」のほうなのかはわかりませんが、2013年から2015年の2年にわたってエリザベス女王を安全に運び、4,010kmを走行したと紹介されています。

販売しているのは英国サリー州のベントレー正規ディーラー、Bramery Motor Cars

車両はディーラーからの貸与?

なお、2年が経過した後、ベントレー正規ディーラーに「返却」されたとあるので、もともとがディーラーからの貸与もしくはリースだったのかもしれません。

ボディカラーは英国っぽい深く美しいグリーン、内装はタンレザー。

Bentley-Mulsanne (7)

ミュルザンヌのボンネットに収まるのは6.75リッターV8ターボ、出力は512PS。

トランスミッションは8速オートマティック(ZF製)、駆動輪は後輪のみではありますが、驚くべきことに0-100km/h加速はわずか4.9秒という俊足ぶり(ミュルザンヌに限らず、ベントレーのクルマは恐ろしく速い)。

Bentley-Mulsanne (2)

ボディはしっかり磨き込まれており、周囲を鏡のように映し出していますね。

エリザベス女王が所有していたというベントレー・ミュルザンヌの内装はこうなっている

そしてこちらは「ベス仕様」ミュルザンヌのインテリア。

メインカラーはタンレザー、そしてアッパーやステアリングホイール外周にはブラックのようにも見える「バナートグリーン」。

Bentley-Mulsanne (3)

もちろんエリザベス女王が自分でステアリングホイールを握ることはなかったと思われるので、運転していたのは「専属運転手」だったのでしょうね。

Bentley-Mulsanne (4)

ドアパネル、ピクニックテーブル、ダッシュボード、センターコンソール、シフトレバー等には贅沢にウォールナットが使用されています。

Bentley-Mulsanne (5)

なお、付属品としては「カーカバー」「バッテリーメンテナー(トリクル充電器)」が付属する、とのこと。

Bentley-Mulsanne (6)

エリザベス女王を乗せて走るベントレー・ミュルザンヌの動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

英国ウィリアム王子の乗っていたレンジローバーがオークションに。収益金はもちろん寄付

ウィリアム王子とその妻であるケイトさんの乗っていたレンジローバーがオークションに。 これは王子夫妻が出産そしてその後の通院に3年間使用していたもので、15万ポンドほどの値が付くであろうと予測されていま ...

続きを見る

納屋で朽ちた初代レンジローバー発見→早速レストア→その車がかつて英国王室所有だったことを知った男

自分がレストアし乗っている初代レンジローバーが「実はかつて王室の所有していたものだった」と知った男のストーリー。 これは新車時に英国王室がエリザベス二世専用車としてランドローバーから購入したものだそう ...

続きを見る

高騰必至?エリザベス女王はじめ英国ロイヤルファミリーの乗っていた自動車12台が競売に

かつてダイアナ妃、エリザベス女王ほか英国のロイヤルファミリーが乗っていた車12台がオークションに登場(ダイアナ妃のアウディは以前に紹介済み)。 11/12-13に開催されるオークションに登場するもので ...

続きを見る

参照:Bramery Motor Cars, Daily Mail

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5