>アウディ(Audi) >ポルシェ(Porsche)

アウディがル・マン復帰に際し「新型レーシングカー(R18後継)」のイメージスケッチを公開。あわせてダカールラリー初参戦のための車両スケッチも

投稿日:2021/04/30 更新日:

アウディがル・マン復帰に際し「新型レーシングカー(R18後継)」のイメージスケッチを公開

| ポルシェといいアウディといい、ここへきてなぜか急激に「モータースポーツ参戦」の機会が増加 |

さて、すでにアウディはル・マン24時間レースへの復帰を公表していますが、今回はそのル・マン参戦のためのレーシングカーのスケッチを公開。

これはアウディ史上もっとも成功したレーシングカー「R18」シリーズの後継で、縦型ヘッドライトにバブル状のキャビン、シャークフィンそしてLEDランプ内臓のリアウイングを持っていて、デザイン的にはこれまでの同社製ル・マン・レーサーを踏襲することになりそうです。

2011年のル・マン優勝車、アウディR18 TDIが中古市場に登場
まさかこのクルマが売りに出されるとは!2011年のル・マン優勝車、アウディR18 TDIが中古市場に登場!!実際に走行も可能、元アウディエンジニアがサポートしてくれるぞ

この記事のもくじ1 | 市場に出ているアウディR18 TDIのうち、唯一走行可能な個体らしい |1.1 まさかこのクルマが販売されようとは1.2 一時、アウディはディーゼルに集中していたが1.3 こん ...

続きを見る

新型ル・マン・レーサーの多くはポルシェと共同開発

なお、このアウディによるル・マン・レーサーは「LMDhクラス」からのル・マン参戦を予定しており、ということはポルシェがル・マン参戦を目指しているのと同じクラスということに。

そして現在、ポルシェとアウディとは同じフォルクスワーゲン傘下に属するため、レーシングカー開発においてもリソースを共有してゆくことになりますが、実際にアウディも「ポルシェとの密接な協力関係のもと」、このレーシングカーが開発される、と語っています。

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

この記事のもくじ1 | やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ |1.1 フォルクスワーゲングループが目指すは経営の効率化2 ポルシェはハイパーカークラスにも参戦?3 ハイパーカークラスでは宿敵「トヨ ...

続きを見る

LMDhクラスのレギュレーションはこうなっている

このLMDhクラスは2022年から導入される予定で、現在決まっているレギュレーションは下記の通り。

くわえて、LMDhクラスは、2021年から導入されるル・マンのトップカテゴリ、ハイパーカークラス(LMH)への乗り入れも可能だとされているので、実際にはアウディそしてポルシェが、すでにLMHクラスへと参戦を表明しているプジョーやトヨタ、SCG、さらにはフェラーリと戦うということになり、ここ最近はいまひとつ人気の出なかったル・マン24時間レースも”再び”大きく盛り上がることになるのかもしれません。

LDMh規定

  • シャシーコンストラクターはオレカ、リジェ、マルチマチック、ダラーラの4社のみ
  • シャシーのコストは上限345,000ユーロ
  • ボディはマニュファクチャラーによる開発が可能
  • ダウンフォースとドラッグ比が4:1
  • 出力は一律670HP
  • ボッシュから供給される67HPのエレクトリックモーターを使用
  • バッテリーはウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリングから共有
  • ハイブリッドシステムには30万ユーロのコストキャップ
  • ギアボックスはXトラックス製
  • 車体重量は一律1,030kg
  • ホイールベースは一律3,150ッm
  • 全長5,100ミリ、全幅2,000ミリ以下

これを見ると「限りなくイコールコンディション」となることがわかり、ポルシェやアウディが「すべて自社開発」ではなく、他社の製造したシャシーを使用してル・マンを戦うのはちょっと意外でもありますね。

なお、アウディによると「シャシーのパートナーを選定済み」で、エンジンコンセプトも決定したとのべており、ここからはボディ形状のデザインに入り、来年はじめにはプロトタイプが完成する予定だと述べています。

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

この記事のもくじ1 | やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない |1.1 ル・マン・ハイパーカークラスは最高峰カテゴリ1.2 ハイパーカークラスに参戦する方法は2つ1.3 2021年の参加チー ...

続きを見る

アウディはダカールサリーへも参戦

なお、アウディはル・マン24時間レースへの復帰だけではなく、2022年のダカールラリーに対し「初参加を行う」と表明。

現在は2022年1月のダカールラリーへの参戦に向け車両を開発中ですが、これまでには縁がなかったダカールラリーへと参加することとした経緯は不明。

もちろん明確な意図と目的をもって参戦するということになりますが、もしかするとアウディは、今後一部の市販車に対し「オフロード」イメージを反省させたプロモーションを展開したり、ハードなオフローダーを発売する意向を持っているのかもしれません。

Audi-Dakar-2022-1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5