>ポルシェ(Porsche)

初代カイエンの「トランスシベリア」カスタムが中古市場に登場し話題に!これから「クル」のは初代カイエンのカスタムだ(とボクは思う)

投稿日:2021/05/02 更新日:

ポルシェ・カイエン・トランスシベリア

| 初代ポルシェ・カイエンは中古だと「あまりに安く」購入が可能 |

さて、初代ポルシェ・カイエンの「トランスシベリア」レプリカが中古市場に登場して話題に。

ベースは2005年モデルのカイエン・ターボで、オプションとしてロック式センター/リアディファレンシャル、油圧作動式フロント/リアスタビライザーディスコネクトを含むアドバンスドオフロードテクノロジーパッケージが装着されており、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)、トラクション・マネージメント・システム、サンルーフ、レザー・シート(フロント&リア・シート・ヒーター付き)、4ゾーン・オートエアコンなどが装着されるという「超フル装備」。

さらにそこから「トランスシベリア」へ

この「トランスシベリア」は、モスクワからモンゴルの首都ウランバートルまでを走破する大陸横断ラリーで、ポルシェは2006年から2009年まで3大会連続にて優勝を記録したことも。

Porsche-Cayenne-Turbo-1

実際にポルシェは、この「トランスシベリア」に出場した車両を模した市販モデル「カイエンSトランスシベリア」を2009年に発売したことがあり、ファンの間では非常に名高い仕様でもありますね。

Porsche-Cayenne-Turbo-3

そして今回売りに出されているカイエン・ターボのオーナーはけっこう本格的なレプリカを作ろうと考えたらしく、3インチリフトアップサスペンション、265/65 Kenda Klever E-ratedタイヤに加え、オレンジにペイントされた18インチホイール、アルミ製ロックスライダー、LEDオフロードライト付ルーフクロスバー、デュアル補助燃料缶付きカスタムスペアタイヤキャリア、そして様々なユニークなデカールも。

Porsche-Cayenne-Turbo-4

エンジンはノーマルのままで4.5リッターV8ツインターボ(450馬力)、トランスミッションは6速オートマティック、駆動輪はもちろん4WD。

初代カイエンは非常に高い悪路走破性を持つのに対してその中古価格が非常に安く、よって安価で購入しては思いっきり改造するという傾向が一部で人気化しているようですね。

Porsche-Cayenne-Turbo-9

この手があったか!初代ポルシェ・カイエンをオフローダー風にカスタム。初代カイエンは40万円台から購入できるぞ

この記事のもくじ1 | 初代とは言っても年式は2002年~2010年なのでまだまだ新しい部類 |1.1 この感覚は新しい1.2 初代カイエンは格安で入手可能1.3 こんな記事も読まれています | 初代 ...

続きを見る

ポルシェ・カイエン「トランスシベリア」レプリカを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ポルシェ・カイエンのカスタム関連投稿

ほぼ1000馬力!ポルシェ・カイエン・ターボの出力を倍近くに向上させたチューナー。カイエンのポテンシャルは計り知れない

| しかもチューニングの内容は比較的ライト | さほど一般的ではないポルシェ・カイエンのチューニングですが、今回ネビュラス(Nebulus)がカイエン・ターボ(550PS)をベースになんと962PSに ...

続きを見る

ポルシェ911のレストモッド(カルマー)
ポルシェ911レストモッドの新星誕生!964と993、そしてカイエンをベースにした「カルマー・オートモーティブ」

この記事のもくじ1 | ラリー仕様の911レストモッドは珍しい |2 カルマー・オートモーティブはややレース寄り2.1 ベースには964そして993世代の911を使用3 珍しいカイエンのカスタムカーも ...

続きを見る

参照:Vintage Moto

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5