■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDプチカスタム!「金属地金色が気になって仕方がない」マフラーエンド内側をブラックにペイント

投稿日:2021/05/03 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDプチカスタム

| ボクはいつも細かいところが気になって仕方がない |

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのプチカスタム。

今回は「マフラーエンド内側の塗装」です。

ウラカンEVO RWDのマフラーエンド(テールパイプ)はけっこう高い位置にあり、そのために「奥の方まで」見えるという性質を持っています。

そこで気になるのが、「テールパイプ外側はブラックなのに、内側がシルバー(ステンレス地金色)」というところ。

ボクはこういった部分がとても気になる

そしてぼくはこういった部分が「非常に気になる」タイプで、というのも「Lamborghini」エンブレムもブラックに塗装して車体外側からとことんシルバーやクロームを消し去ろうとしているのですが、そこでこういった「シルバー」のパーツが残っていると、そこが気になって仕方がないわけですね。

そこで、今回はこの部分をマットブラックに塗装しようということに。

なお、多くのクルマにおいてこの部分(テールパイプ内側)はステンレス地金色ですが、やはりぼくは今回のウラカンEVO RWD同様、これまでに乗ってきたクルマのパイプについても、その内側をマットブラックにペイントしています。

L1320357

つまりこれは、ぼくがクルマを購入した際の「ルーティーン」とも言えるべき作業でもあり、以前に乗っていたウラカンLP610-4でもテールパイプ内側をマットブラックにペイントしていたわけですね。

マットブラックにペイントする理由としては、「テールパイプを引き締めて見せたい」ということもありますが、(地金色そのままだと)乗っているうちに内部から出てきた汚れなどが焼き付いてしまい、見栄えがイマイチになってしまうこともあり、それを防ぎたいという美観上のものも含まれます。

テールパイプはこうやってペイントする

そこで実際のペイントにつき、まず作業にあたっては1に養生、2に養生。

パイプ周辺を養生し、その後にテールパイプの(もともとの)ブラック部分に塗料がつかないようにパイプ自体も養生します。

L1320361

その後にカッターで「もともとブラックの部分」と地金むき出し部分の境界線をカット。

L1320363

そして切り取った養生テープを剥がして・・・

L1320369

脱脂を行えば塗装の準備が整います。

L1320370

その次は耐熱ペイントを用意し、それを容器に向けてスプレーして必要なだけの塗料を抽出(スプレー式ではない、缶入りの塗料がベターですが、手元になかったのでスプレー式を使用)。

L1320372

その後は筆を使用してパイプ内側をペイント。

一度で塗りきってしまおうとは考えず、薄く2〜3回にわけて塗ってゆくくらいの感覚で良いかと思いますが、マットブラックはムラが目立ちにくいので、筆であってもけっこうきれいに塗ることが可能。

L1320373

参考までに、テールパイプの構造次第では、テールパイプの中に耐熱ペイントをそのままスプレーしてしまうこともありますが、ウラカンEVO RWDの場合、テールパイプの内部構造が「パンチング」であり、スプレーすると塗料が周囲に飛散して大変なことになるので、今回は「筆塗り」を選択しています。

L1320382

あとは自然乾燥もしくはドライヤーにて強制乾燥。

参考までに、ぼくは自分の髪に対してこれまでドライヤーを使用したことはなく、ドライヤーは「自動車の作業専用」として所有しています。

L1320381

その後は養生を剥がして作業終了。

ずいぶん引き締まったと思います。

L1320375

こちらがビーフォーアフター。

c1

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのテールパイプ内側を塗装する動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのプチカスタム

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのタイヤ
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車直後のカスタム"その2"!ステアリングホイール交換、パドルやセキュリティLEDの小技など

この記事のもくじ1 | 納車前から用意していた数々のアイテム、前車であるウラカンLP610-4から移植するパーツを一挙投入 |2 ステアリングホイール張替え2.1 以前のウラカンLP610-4にはこう ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのオプション
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「オプション編(4)」!"スタイルパッケージ"はウラカンのイメージを大きく変更できるオススメの純正カスタム

この記事のもくじ1 | ボクはやっぱりコントラスト強めが好み |2 ウラカンEVO RWD「スタイルパッケージ(ハイグロスブラック)」だとこういった仕様になる2.1 選択内容によってはサイドの雰囲気も ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンのカスタム〜アンビエントライト
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのカスタムさらに進行中!内装に「自前のアンビエントライト」を取り付ける!

この記事のもくじ1 | ボクは暗い車内がちょっと苦手 |1.1 ウラカンEVO RWDにはアンビエントランプのオプションがある2 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはこうやってアンビエントランプ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5