>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニは「2024年に全車電動化」。つまりガソリンエンジンで走るスーパースポーツはアヴェンタドール、ウラカンが最後。一つの時代が幕を閉じる

投稿日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

| ランボルギーニはここ数年のうちに、ブランニューモデルを3つも用意しなくてはならない |

いまだかつて、ランボルギーニはここまで大きな変化を経験したことはない

さて、ランボルギーニは先日「未来に向けたロードマップ」を公開していますが、大きく分けるとその骨子は「2021年にV12モデルを2つ発表」「2023年に最初の量産ハイブリッドを投入」「2024年に全ラインアップをハイブリッド化」「2025年以降にピュアエレクトリックモデルを発売」。

かなり大きな転換であり、いったいどうなるんだろうなという不安と期待もありますが、それぞれについて、ここで想いを馳せてみたいと思います。

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す | ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的に さて、ランボルギーニが予告通り「将来のヴィジョン」について公開。これはランボルギーニC ...

続きを見る

2021年にV12モデルを2つ発表

まずは「2021年に2モデルを2つ発表」というところですが、このうちのひとつは「カウンタックオマージュ」と思われます。

ちなみに2021-2022年について、ランボルギーニは「ガソリンエンジンとのお別れの時期」だとも語っており、この「2つ」は両方ともなんらかの記念モデルとなる可能性もありそうですね。

ただ、アヴェンタドールSは今年で生産が終了と言われていて、V12+ハイブリッドユニットを搭載する後継モデルにスイッチすると思われますが、今回公開されたロードマップによると、その登場は「早くとも2023年」。

よって、生産が終了してから2023年までに「1年の空白」があり、もしかすると、V12モデルのもう一方は「アヴェンタドールSの改良モデルで、1年のみの短命カタログモデル」となる可能性もありそうです。

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは2024年まで発売延期との報道。エンジンがV8化され、ウラカン後継モデルと車体や足回り、パワートレインまでが共通化されるとのウワサ

| もしそうなるとランボルギーニのアイデンティティが一気に崩れ去ることに | ランボルギーニ・アヴェンタドールの後継モデルの発売が「2024年に延期される」とのウワサ。アヴェンタドールは2011年に発 ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター”THE LOUNGE TOKYO”

なお、ランボルギーニにとって、V12モデルは利益、イメージともに大きな柱であり、現状「3つ」しかないモデルラインアップのひとつ。

そのため、1年といえど、そしてハイブリッドモデルの登場が控えているといえど、「この空白」は大きなダメージとなる可能性があり、「つなぎ」は絶対に必要なのかもしれません(かつて、ランボルギーニはディアブロにおいて、同様の対応を取ったことがある)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールS最終限定モデル、「アヴェンタドール Japan Limited Edition」
ランボルギーニ・アヴェンタドールSが2021年に生産終了!最終限定モデルとして7台のみの「アヴェンタドール Japan Limited Edition」が発売

| 7台それぞれのアヴェンタドール Japan Limited Editionは固有の仕様を持つ | さて、ランボルギーニ・ジャパンがアヴェンタドールSの最終限定モデル、「アヴェンタドール Japan ...

続きを見る

そしてもし「アヴェンタドールSの改良モデル」が投入される場合、商標登録の関係等もあり、「アヴェンタドール」の名をそのまま継続し、そこになんらかの表記がプラスされるものと思われます。

これは一体?謎のランボルギーニ・アヴェンタドールが目撃。フェイスリフトモデル、もしくはカウンタックモチーフの限定モデルかと話題に

| 現段階では、どちらの可能性も捨てきれない | 謎のランボルギーニ・アヴェンタドールが目撃されてちょっとした話題に。ざっと見るとサイドステップ、リアエンジンフード、リアウイング、リアバンパー形状が現 ...

続きを見る

2023年に最初の量産ハイブリッドを投入

そして次は「2023年に最初の量産ハイブリッドを投入」。

このモデルが何になるのかはわかりませんが、アヴェンタドール後継もしくはウルスのPHEVだろうと予測。

ただ、アヴェンタドール後継だと考えるとあと2年しか残されておらず、「ハイブリッドスーパースポーツ」という、ランボルギーニが経験したことがない分野のクルマをリリースするには準備期間が不十分かもしれません(もちろんこれまでにも開発やテストを進めているとは思いますが)。

加えて、ブランド全体のCO2排出量削減効果を考えると、さらにポルシェ・カイエンやベントレー・ベンテイガでも採用済みの技術を応用できるとなると、まずはウルスをPHEV化というのが現実的な選択なのかも。

そしてアヴェンタドールの後継たるハイブリッドスーパースポーツについては、2024年あたりに発表となる可能性もありそうで、アヴェンタドールの改良モデルが”つなぎ”として登場していれば、このタイムテーブルは現実的だとも考えられます。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
ランボルギーニ幹部が明言!「アヴェンタドール後継はV12自然吸気継続、ただしハイブリッド」。なおハイブリッドの内容については詳細が語られず

| これまでにもアヴェンタドール後継については様々なウワサが流れてきたが | さて、ランボルギーニ・アヴェンタドールは登場から9年経ち、先日「1万台の販売を突破した」と報じられたところ。ランボルギーニ ...

続きを見る

2024年に全ラインアップをハイブリッド化

「2024年に全ラインアップをハイブリッド化」という戦略については、現在のランボルギーニの状況からするとかなり「急」。

というのも、これから3年の間に、アヴェンタドール、ウラカン、ウルスという3つのラインアップすべてを、「これまで経験がない」量産ハイブリッドへと切り替えることになるため。

アヴェンタドールについては、もともと2011年に登場しており、順当なところでは2021年に「後継モデル」へと切り替わる予定でしたが、世界が電動化へと急速に動くという予想外の環境に引っ張られ、しかしバッテリー技術が追いついていないという問題もあって、今すぐ後継モデルを発売するのは不可能というのが「現実」。

よってぼくは、「アヴェンタドール後継は2024年発表」「それまでに”つなぎ”のモデルを投入」と推測しているわけですね。

そしてウラカンは2013年のデビューなので、これも予定通り「10年」のライフを全うすると、2023年に生産終了、2024年に後継モデルへと切り替えられることに。

アヴェンタドール後継モデルと同様のハイブリッド技術が用いられるのかどうかはわかりませんが、ランボルギーニは2年ほどの間にて、「スーパースポーツを2モデルもフルモデルチェンジする」という前代未聞の大仕事に追われる状況となります。

これらにともない、アヴェンタドールSもしくはその改良モデル、そしてウラカンEVO系にて「ガソリンエンジンのみで走るランボルギーニのスーパーカーがすべて終了」となり、ひとつの時代が幕を閉じるわけですね。

そしてちょっと気になるのはアヴェンタドール後継、ウラカン後継の「ハイブリッドスーパースポーツの価格」。

アヴェンタドール後継についてはフェラーリSF90ストラダーレくらいの価格となる可能性も考えられ、しかし一方のウラカン後継については、アルトゥーラが「基準」を作ったため、V10エンジンを搭載するにしても、(パフォーマンス的にこれを大きく超えなければ)そう高い値付けを行うことは難しいかもしれません。

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン・アルトゥーラを見てきた!この時点でここまで完成されたハイブリッドスポーツを出されると、他メーカーはさぞやりづらいだろうな・・・。

| スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない | さて、マクラーレンは初の量産(限定ではない)ハイブリッドスポーツ、アルトゥーラを発表していますが、さっそくアルト ...

続きを見る

ランボルギーニは2025年以降にピュアエレクトリックモデルを発売

最後の「2025年以降にピュアエレクトリックモデルを発売」についてはまったく情報がなく、推測すら難しいのが実情ですが、ランボルギーニは急激なエレクトリック化によって多額の資金を要し、そしてそれを回収する必要が生じます。

よって、資金回収を考えると、スーパースポーツではなく、現在のランボルギーニがラインアップしておらず、追加によって顧客を他から呼び込めるモデル、つまり「4シーターGT」もしくは「サルーン」なのではないかというのがぼくの見立てです。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ「数字としてのパワーは重要ではない。V12エンジン存続のためにターボ化するのではなく、NAを貫く」。エレクトリック化について語るも方向性はまだ決まらず?

| ランボルギーニは「自然吸気エンジン」にこだわる数少ないスーパーカーメーカー | ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルにおいてもV12エンジンを存続させることを明言していますが、そのために「ハ ...

続きを見る

ランボルギーニは「エレクトリック」「カーボン」に関して他社と異なる方法を模索。MITとキャパシタに関する特許を完成、そしてロケットにて複合素材を「宇宙(ISS)に送った」と発表

| ランボルギーニの「軽量化」に対する熱意はハンパない | ランボルギーニが、マサチューセッツ工科大学(MIT)と共同で進めている「次世代スーパーキャパシタ」に関する特許申請が最終段階に達した、と発表 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニがその将来のあり方について公式サイト上でアンケート実施中!パワートレインについては「内燃機関」「PHEV」「ピュアエレクトリック」「水素」の選択肢があるぞ

| スーパーカーメーカーはときどき、こういったアンケートを実施する | さて、ランボルギーニが今後の企業のあり方、方向性においてのアンケートを公式ウエブサイト上にて実施中。その項目は多岐に渡りますが、 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5