>その他ドイツ車

Oh!ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント

投稿日:2021/06/17 更新日:

ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント

| マニュアル・トランスミッションに対しては、あらゆる面において「締め付けが厳しく」なっているようだ |

もはやマニュアル・トランスミッションは小排気量スポーツカーにしか搭載できなくなりそう

さて、ポルシェは新型911GT3ツーリングを発表したばかり。

そしてこのGT3ツーリングには(羽根つきのGT3同様に)マニュアル・トランスミッション、PDKが用意されていますが、なんと今回、ポルシェが公式に「米国カリフォルニア州では、マニュアル・トランスミッション車を販売することができない」とコメント。

ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」
ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」

| 新型ポルシェ911GT3ツーリングは「よりシックな」装いで登場 | 実質的にはポルシェ911GT3の「無償オプション」扱い  さて、ポルシェが突如として911GT3「ツーリング」を発表。たしかにニ ...

続きを見る

いったいなぜこんなことに?

そこでなぜ「カリフォルニアではマニュアル・トランスミッションのポルシェ911GT3を販売できないのか」ということですが、これは単に騒音に関する規制をクリアできないからだとされています。

そしてポルシェによる声明は下記の通り。

私たちは、お客様の期待に応え、また期待以上のものを提供するために、可能な限り多くの選択肢を提供しようと努力しています。これは、最も注力しているモデルである911 GT3にも当てはまり、これまで以上に幅広いパーソナライズオプションを提供しています。その一方で、米国だけでなく世界中のすべての市場で、国や地域のガイドラインを十分に受け入れ、尊重しなければなりません。

残念ながら、カリフォルニア州では、音に関する規制が更新中であるため、911 GT3にマニュアルギアボックスという選択肢を提供することができません。911GT3の発売時にはその規制が更新されることを期待していましたが、まだこの更新はなされていません。7速PDKオプションは完全な認証を受けており、カリフォルニア州でも選択が可能です。そしてマニュアルギアボックスは、カリフォルニア州以外のすべての州で引き続き提供されます。

なお、この「規制」の詳細は不明であり、ギアボックスそのものの発するノイズなのか、それとも一定速度走行時の回転数が高く排気音が大きくなるのか、それとも別の問題があるのかは現時点では謎のまま。

加えて、隣の州で登録してカリフォルニアに持ち帰って乗ってもいいのかどうか等も不明であり、「5マイルバンパー」同様に奇妙な規則だと言えそうです(ただ、カリフォルニアは以前より、環境に対する規制が世界トップクラスに厳しい地域でもある)。

米国で販売されるブガッティ・シロンに災難。「5マイルバンパー」の装着が義務付けられダサくなる

ブガッティ・シロンがアメリカ市場での販売にあたり、ちょっとした(いや大きな?)受難に直面。 それはアメリカの法規に起因する「5マイルバンパー(ロースピードバンパー)」を取り付けなければならないというも ...

続きを見る

マニュアル・トランスミッションは虫の息

なお、御存知の通りマニュアル・トランスミッションは自動車業界的に「虫の息」。

フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンはもともとマニュアル・トランスミッションを(現行モデルにて)採用しておらず、スーパーカーセグメントにおいてマニュアル・トランスミッションを用意し続けてきたアストンマーティンもMT廃止の意向を示しています。

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが | 実際のところ、誰もマニュアル・トランスミッションは求めていなかった さて、このところチョコチョコと情報が伝えられ ...

続きを見る

ポルシェもかつては「マニュアル・トランスミッションは非効率であり、そもそも5%くらいしか存在しないマニュアル・トランスミッション愛好家のために、MTを存続させることは企業として正しい判断だとは言えない」としてMT廃止に動いたものの、その後に発売した「(MTを搭載したGT3スペックの)911R」の爆発的人気に押される形でマニュアル・トランスミッション継続へと姿勢を転じることに(その後、MT比率はどんどん増えているようだ)。

ただ、マニュアル・トランスミッションは今回のように「騒音規制に対応できない」、そして他メーカーが語るように「CO2排出規制にも対応できない」ということになると、ますますその生息域を狭められることになりそうですね(小排気量スポーツにしか搭載できなくなってしまう)。

マニュアル・トランスミッション
マニュアル・トランスミッションは安全技術の義務化、環境対策によって消滅?衝突被害軽減ブレーキとの相性が悪く、エンジン回転数の制御が難しいMTは社会にとっも「悪」に

| 近代のクルマは「トランスミッション単体」で語ることができず、すべてが統合して制御されている | どう考えても、一部のマニアのためにトランスミッションを生き残らせることは難しい 現在マニュアル・トラ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

ポルシェ911GT3のマニュアル・トランスミッション
ポルシェ「新型911GT3のMT比率は40%に達するだろう」。なおアメリカでは70%がMTを選ぶと予想され、「効率や速さ」よりも「楽しさ」を重視する傾向が拡大?

| 新型911GT3は先代よりも「MT比率が高くなる」と予想されている | ポルシェは現在のところ数少ない「スポーツカーにマニュアル・トランスミッションを設定する」自動車メーカーではありますが、(先代 ...

続きを見る

ポルシェが日本でも新型911GT3を発表
ポルシェが日本でも新型911GT3を発表!ハンドル位置は左右選択可能、価格は6速MT、7速PDKとも2296万円。とりあえずポルシェセンターに行ってくる

| RSのつかない911GT3であればボクでも売ってもらえそうだ | さて、すでに欧州と北米にて発表され、大きな話題を呼んだ新型ポルシェ911GT3。今回、日本市場においても予約販売が開始されることと ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他ドイツ車
-, , , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5