ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イギリス車 >フェラーリ

フェラーリ250GTOの再解釈「スクアーロ」のインテリアスケッチが公開!外装同様にレトロフューチャー、これは期待が持てそうだ

投稿日:2021/06/18 更新日:

フェラーリ250GTOの再解釈「スクアーロ」のインテリアスケッチが公開

| 車体やエンジンは完全自社設計、そのため走行できない国も多そうだ |

企画・製造を行うのはクラシックフェラーリのスペシャリスト

さて、先般よりフェラーリ250GTOにインスパイアされた独自設計のスポーツカー「スクアーロ」の開発を進めている英国GTOエンジニアリング。

これまでにも「フェラーリ250GTOっぽく、しかし随所が最新のディティールにアップデートされた」エクステリアデザインを公開していますが、今回始めてインテリアのスケッチを公開しています(おそらく、”スクアーロ”というネーミングにつき、フェラーリ250GTOに設けられたサメ=スクアーロのエラ風スリットに由来するのだと思う)

フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開
フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開!英GTOエンジニアリング製、重量1,000kg以下、4リッターV12エンジン搭載

| ここまで進めてもフェラーリが何も言ってこないところを見ると、「黙認」状態? |この記事のもくじ| ここまで進めてもフェラーリが何も言ってこないところを見ると、「黙認」状態? |搭載されるエンジンは ...

続きを見る

インテリアも外観同様にレトロフューチャー

そして今回リリースされたスケッチを見るに、その内装は外装同様に”レトロフューチャー”。

クラシカルな3本スポークステアリング、レザーベルトを使用したグローブボックスやシート後方のラゲッジ、ドアオープナーといったあたりがクラシックカーを連想させますが、その他の部分は比較的未来っぽく、ジェット機のタービンを思わせるエアコン吹出口、高級腕時計のようなメーター類、近代建築のようなシフトレバー周辺とセンタートンネル、そしてデザイナーズチェアのようなシートなどは”新しい”という印象です。

GTO-Engineering-4

なお、GTOエンジニアリングでは、各機能の操作に「タッチパネル」ではなくボタンやスイッチを使用したことを強調しており(おそらくは金属削り出しによる、非常に質感と芸術性の高いものになるのだと思う)、しかし日常の使用も考慮してスマートフォンとの連携が可能なインフォテイメントスクリーンも持っている、とのこと(このスケッチでは確認できない)。

加えて、このインフォテイメントスクリーンについては、オーディオシステムとともに「テクノロジーパッケージ」として提供されることも明かされています。

重要なのはドライビングプレジャー

GTOエンジニアリングがインテリアにおいて重視したのは「シンプルさとドライバーのエンゲージメント」。

これはGTOエンジニアリングのマネージング・ディレクターであり創業者のマーク・ライオン氏がずっとスポーツカーを運転してきた経験を反映させた結果だそうですが、ディティールにもかだわりぬいており、「ハンドクラフトのオーダーメイドのクルマとして、すべてのパーツが慎重に検討されている」と語り、クラフトマンシップを重視している、とも。

おそらくシートの素材やカラー含めてそうとうな選択肢が与えられることになるものと思われ、続報を待ちたいところですね。

GTOエンジニアリング「スクアーロ」はこんなクルマ

このGTOエンジニアリング「スクアーロ」について、搭載されるのは4リッター・クワッドカムV12。

近年見かけなくなった排気量とシリンダー数との組み合わせですが、それもそのはず、このエンジンは他者からの供給を受けるのではなく「完全自社設計」。

参考までにシャシーも自社の設計によるもので、スチールチューブにアルミとカーボンを組み合わせたもので、サスペンションは4輪独立懸架、そしてホイールは18インチ。

なお、車体重量は1000kgを切ると言われています。

gto-engineering-squalo-rear-view

現時点でエンジンスペックについては明かされていないものの、この軽量性、マニュアル・トランスミッション採用というところから推測するに「非常に刺激的なクルマ」となるのは間違いなく、いかに高価であっても相当な人気を呼びそう。

ただちょっと心配なのは、どこかの段階でフェラーリから「待った」がかかることで、そうなると市販モデルの外観は「フェラーリ250GTOとは全く別の」デザインへと変更されてしまうのかもしれません。

あわせて読みたい、関連投稿

1963年に4台しか作られなかった「フェラーリ330LMB」を新車として製作しようとした男
【動画】1963年に4台しか作られなかった「フェラーリ330LMB」を新車として製作しようとした男!志半ばで倒れるもレストアショップが意思を引き継ぎ3年をかけて完成させる

| ここまで「完全な」フェラーリのレプリカはそうそうない |この記事のもくじ| ここまで「完全な」フェラーリのレプリカはそうそうない |フェラーリ330LMBはこんなクルマ実際のフェラーリ330LMB ...

続きを見る

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデルナ」を発売予定
フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデナ」を発売予定!フェラーリに怒られないかはちょっと心配

| フェラーリはこういったことにかなり厳しい会社でもある |この記事のもくじ| フェラーリはこういったことにかなり厳しい会社でもある |プロジェクト・モデルナはこんなクルマ「250GTO」の名称は使用 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->その他イギリス車, >フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5