ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型シビック・タイプRの予想CG登場!2022年に発売される新型シビック・タイプRは近年のホンダのデザイントレンドを反映し「低刺激性」に?

投稿日:

新型シビック・タイプRの予想CG登場

| 新型ホンダ・シビック・タイプRは「近年のホンダの意向に従い」低刺激性デザインになりそうだ |

スパイフォトによるとリアウイングも「おとなしめ」に

さて、ホンダは新型シビック・ハッチバックの発表を無事に行ったところですが、そうなると期待されるのがシビック・ハッチバックをベースとした「タイプR」。

そして今回、KDesign AGが「新型シビック・タイプR」の予想レンダリングを公開しており、これは新型シビック・ハッチバックが発表されて以来「初」の予想CGになるかと思われます。

なお、ホンダ自身は「2022年に新型シビック・タイプRを発表する」ともコメントしており、ハイブリッド版のシビックとともラインアップに追加されることになるようです。

コンセプトは「爽快シビック」!ぐっとスポーティになった新型ホンダ・シビック「ハッチバック」が発表

| 同じシビックでも、セダンとは大きくその印象が異なるようだ |この記事のもくじ| 同じシビックでも、セダンとは大きくその印象が異なるようだ |とくにリアセクションのスポーティーさはセダンとは別次元コ ...

続きを見る

新型シビック・タイプRは従来型よりも「おとなしく」?

今回公開された予想レンダリングを見るに、新型シビック・ハッチバックに対して従来型のバンパー含むエアロパーツを合成しており、しかしこれがぴったりマッチ。

fd2776122335337.60d787b66dbf6

リアも同様の作業がなされていますが、これまた違和感なく収まっています。

3e6a02122335337.60d787b66cb74

ただ、これまでに公開されたスパイフォトを見るに、新型シビック・タイプRについては従来型シビック・タイプRよりもずいぶんおとなしいルックスとなりそうで、それはベースモデルのシビック・ハッチバックと「同じ」なのかも。

なぜかホンダはここ最近のニューモデルに関し、「押し出しの強さが求められる時代にもかかわらず」低刺激性デザインを採用していますが、それはタイプRといえども代わりはないということになりそうですね。

新型シビック・タイプRは「ハイブリッド、4WD」というウワサもあったが

なお、新型シビック・タイプRについては、これまでの「FF」路線をひっくり返し、「ハイブリッド+4WD」というパッケージングを採用するという話もあり、しかし様々な情報を総合するに、これまでと同じ「FF」に落ち着きそう。

ホンダが次期シビック・タイプRを「ハイブリッド4WD+400馬力」化するというウワサ。ATで重く高くなった新型タイプRは”誰得”な車に

| 技術的には可能だが、ホンダがそれをやる理由は乏しい |この記事のもくじ| 技術的には可能だが、ホンダがそれをやる理由は乏しい |次期型シビック・タイプRはすでにテストを開始こんな記事も読まれていま ...

続きを見る

搭載されるエンジンは従来型から継承される2リッター4気筒ターボ、ただし出力は「ちょっとだけ」向上するとも。

近年においては様々な規制の関係で、モデルチェンジやフェイスリフト(マイナーチェンジ)に際し、出力向上どころかパワーを維持することすらも難しくなっており、そんななかで”わずかと言えど”出力がアップされるのは朗報だとも言えそうです。

そのほか、マニュアル・トランスミッションも継続される見込みですが、各国が「ガソリンエンジン禁止」に動いている中、新型シビック・タイプRは「ガソリンエンジンのみで走る、もしくはガソリンエンジンを積む最後のシビック・タイプR」となるのかもしれませんね。

次期シビック・タイプRの予想レンダリング
参考FMC版新型シビック・タイプRは「"ピュア"ガソリンエンジン最後のタイプR」に?ハイブリッド説が一転し、次期シビック・タイプRは究極のコレクターズアイテムになりそうだ

| そして最後の「マニュアル・トランスミッション搭載の”タイプR”に? |この記事のもくじ| そして最後の「マニュアル・トランスミッション搭載の”タイプR”に? |新型シビック・タイプRは400馬力の ...

続きを見る

参照:KDesign AG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5